森羅万象

<   2015年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2087 散歩道の虫 ムシヒキアブなど

相変わらず梅雨空が続く山口。そこらの散歩道で虫を探してみました。

b0211627_15565699.jpg


b0211627_15572621.jpg

b0211627_15574610.jpg

b0211627_155869.jpg

b0211627_15582572.jpg

b0211627_1559166.jpg

b0211627_15592562.jpg

b0211627_1603355.jpg


木の幹でゾウムシを発見、名前は?でしたが体長は1cm近くあるゾウムシでした。豆や米など穀物を餌にしているゾウムシは農業の害虫になっています。豆コガネはどこにも居る虫。体色が濃い褐色のキリギリスの幼虫発見、ヒメギス?アブ(虻)の仲間のムシヒキアブを発見。意外にみじかに見られる、肉食のアブで、体力があるアブで、よく自分の身体より大きな獲物を捕まえて、餌にしている、強いアブのようです。キチョウとアオスジアゲハも発見。蝶は吸水のため、ナトリウムや鉄の補給のために、他の生き物の糞などに止まっています。キマダラヒカゲなど平気で汗が出た腕などにも止まります(^_^)v

Home
[PR]
by ab300211 | 2015-07-16 16:00 | 動物

2086 兄弟山あたりの虫 ジンガサハムシなど

b0211627_1935675.jpg


b0211627_19354830.jpg


久し振りに市民の憩い散歩コース、木戸神社裏の兄弟山辺りに行ってみました。兄弟山の麓辺りまでは道路は問題なしでしたが、それから先は道の両端に草木が生い茂って、車がやっと通れる状態になっておりました。トラックが楽々通れる道だったのに、恐るべき荒れ方で、鍬先山の登山口までしか行けませんでした。写真を撮っていると山から下ってきた80歳代の3人連れに出会いました。「登山道は草木が生い茂り大変」だったそうです。数年前はいくらでも生えていた采配蘭は「ええ!そんなのが有ったんですか!」…それにしても最近の山口は手入れがされて無い道が増えてきました。地方の過疎化度は急速に進行中。

b0211627_19362796.jpg


b0211627_193854.jpg

b0211627_19382812.jpg

道端の草の上を探しているとジンガサハムシー陣笠葉虫ーを発見。この虫は物凄い驚きの形をしています。昆虫は頭部、胸部、腹部。胸部に二対の翅。ジンガサハムシは胸部の一部と前翅が身体を覆うドームのようなー陣笠のような形をしています。この陣笠はガラスのような透明感がある筈ですが、かなり色がついておりました。ジンガサハムシではないかもしれませんが、とりあえずジンガサハムシと言うことに。


b0211627_19424871.jpg

マメコガネはいっぱいいました。マメコガネはアメリカに渡って、評判の悪い農業の害虫なっています。


b0211627_19435497.jpg

b0211627_19441671.jpg

b0211627_19445115.jpg

b0211627_1946378.jpg

b0211627_19473242.jpg

b0211627_19474999.jpg


イシガケチョウ、バッタ(名前は?)、テントウ虫(たぶん)の脱け殻。苦手の蜘蛛の写真も撮っておきました。



Home

b0211627_1948550.jpg

[PR]
by ab300211 | 2015-07-12 17:33 | 動物

2085 小さな生き物達

今日もはっきりしない空模様でしたが、気温は昨日から30度を越えて夏が近づいてきました。自転車散歩で行った維新公園と、我が家の庭の小さな生き物を紹介してみます。

b0211627_1729595.jpg

b0211627_17301654.jpg

b0211627_17313337.jpg


我が家の庭ではツマグロヒョウモンの♂(上)と雌が飛んでいました。

b0211627_17333654.jpg

b0211627_17335418.jpg

b0211627_17341347.jpg

ユウスゲのすぐ近くではキキョウが毎日咲いています。植物の50%近くは雄しべと雌しべがあっても他の株と受粉する戦略をとっています。キキョウは雄しべが成熟して花粉を出し終わったら、雌しべの先が開いて、他の株の花粉で受粉します。

維新公園ではセミの季節になっていました。途中で見た、ハムシ(たぶん)の交尾シ-ン。オンブバッタ(たぶん)もかなり大きなっていました。


b0211627_17424499.jpg

b0211627_1743236.jpg

b0211627_1743237.jpg


Home

b0211627_17571157.jpg

[PR]
by ab300211 | 2015-07-10 17:43 | 動物

2084 我が家の庭の虫

最近、山口は小雨模様の日が続いています。今日も朝から小雨模様。最近、TDNP社の(富山)翔チャンがカブト虫を飼ったり、オタマジャクシなどの動物飼ったり、虫に関心をもっていて図鑑などを読んでいるようです。先日も家の近くでホタル見物を楽しんだようです。

今日は小雨模様だったので?庭にはチョウなど飛んできませんでしたが、何とか更新しようと夕方に庭に何かないか?と探してみました。

3本のトマトは雨に負けず育っています。

b0211627_18223161.jpg


トマトにはテントウムシなどの虫がよくいます。??テントウムシとコガネムシの仲間。

b0211627_1818552.jpg

b0211627_18183274.jpg

b0211627_18191856.jpg

b0211627_18193418.jpg


「どういう訳か、我が家のシデコブシの木には、毎年サシガメが発生します。サシガメは基本的には肉食性のカメムシで、仲間のカメムシなどや動物に寄生して、エサにしています。刺されると痛いそうです。 南京虫(床シラミ)はサシガメの仲間でが噛まれると、シャガス病や風土病の原因になる怖い仲間もいます。」 この虫の形が、桜の幹などでよく見かけるヨコズナサシガメに似ていたので、うろ覚えでサシガメと書いてしまいましたが、南の国からやってきた外来種のキマダラカメムシと分かりました。案内人のDさんご指導ありがとうございました。いい加減な事を書いたと反省中、申し訳ありません。日本では1770年代に長崎県の出島で最初に発見され、1783年に記載された南方系の外来種である。だが近年急速に分布を北上中。2006年には岡山県で確認された。 その後も急速に分布を拡大し、2010年には東京、2011年には愛知県で生息が確認されているそうです。
b0211627_1831507.jpg

b0211627_14502692.jpg


未だユウスゲは咲き続けいます。そのユウスゲに付いたセミの仲間のアブラムシの成虫。ハゴロモ(アブラシの仲間)のようにフワフワの糸状の物を体にまとっています。

b0211627_18381679.jpg

b0211627_18383435.jpg

b0211627_1839367.jpg


今年第一号のアブラゼミの抜け殻もありました。もうすぐオニユリも咲きそうな、7月6日の夕方の我が家の庭でした。

Home

b0211627_22442457.jpg

[PR]
by ab300211 | 2015-07-06 18:12 | 動物

2083 庭の花

最近ネタ不足で、我が家の庭で咲いた花などを並べてみました。
今年はフタバアオイ(京都の加茂神社の葵祭で有名な植物の双葉葵)、スズラン、水仙、シラン、フクロナデシコなど、春の花がよく咲きました。
 
b0211627_15511912.jpg

b0211627_1552882.jpg

b0211627_15523716.jpg

b0211627_15552570.jpg


20年前に一度植えたルナリアは毎年勝手に芽生えて、今年も花が春先に咲いて果実が完成しました。果実の形が月=ルナ似ているのでルナリア。西洋では銀のコイン、日本では銀銭草などと呼ばれています。果実の皮は飾りになります。
b0211627_161376.jpg

b0211627_1624093.jpg

b0211627_163461.jpg

b0211627_1653176.jpg


庭にある3株のユウスゲは6月中旬から咲き始め、毎日夕方が来ると咲いています。が、どこから かぎつけて来るのか、ユウゲイにはこのアブラムシがいっぱい付いています。

b0211627_1685438.jpg

b0211627_1691328.jpg

b0211627_1692926.jpg


b0211627_1610346.jpg

b0211627_16105532.jpg

b0211627_16121156.jpg

b0211627_16175964.jpg


雨に負けずトマトの実が少しづつ大きくなってきました。残していたパンジ-(三色スミレ)ではツマグロヒョウモンが育っています。この前の土曜日に山道を走って、家に帰って車の後を見たら ナナフシが付いていました。
b0211627_16152932.jpg

b0211627_16154662.jpg




Home

[PR]
by ab300211 | 2015-07-01 16:04 | 植物