森羅万象

<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2077 恐怖の穴

先週、higeさんの所にたちよったら、ウワサに聞いていた恐怖の穴がhigeさん家の田んぼに開いていました。

b0211627_17203811.jpg

これが恐怖の穴。直径が2mちょっと、深さは不明ですが、相当深いようです。ひよっとしたら10m近くあるかも?の恐怖の穴です。後方に写っている淡い黄色は麦畑です。

b0211627_17235315.jpg

その日の午前中、後に写っている青色のユンボに乗って、田植えの準備のため、土を耕していて、「あれっ 何か変だな!」と振り返ったら、水が噴き上げて、この穴が開いていたそうです。もしこの穴の上を走っていたらhigeさんは穴に転落したかもしれません。 higeさんによると、higeさんが住んでいる集落の田んぼでは、毎年、3~4個 こんな穴が開くのが常識だそうです。

b0211627_17314362.jpg

どうしてこんな穴が開くのか推理してみました。higeさんが住んでいる集落は秋吉台草原の麓。「秋吉台」と言うと、山焼きを行う台上の草原を思い浮かべますが、地質学的な秋吉台は、旧美祢市、秋芳町、太田町にまたがって広がる面積約130平方キロの日本で一番広い、石灰岩台地。山焼きを行う「秋吉台草原」は約1500ヘクタ-ルの広さで、地質学的な「秋吉台」のほんの一部。higeさんの集落も秋吉台で、石灰岩地帯。おそらく地下には石灰岩が。 石灰岩は水に溶けやすく、水に溶かされて、鍾乳洞のような空洞がたくさん作られます。 higeさんの田んぼの地下の石灰岩には空洞ができて、雨が降るたびに、田んぼの土が雨水と一緒に穴に流れ込んで、田んぼの空洞がだんだん大きくなって、地表に届いたら穴が開く 仕組みでは? この日は重量があるユンボの圧力がかかって、穴に貯まっていた水が上に噴き上げたのでしょうか?

このまま穴を避けて稲を植えて、夏がきたらこの穴に大きな石を投げ込んで、セメント入れて、固めれば安全になるそうです。

b0211627_1747415.jpg

こんな穴が家の下に開いたら恐怖ですが、実際にそんな危険な事態の家もあるそうです。


[PR]
by ab300211 | 2015-05-22 17:19 | 風景

2076 ヒノキバヤドリギ

万葉集には『あしひきの 山の木末の 寄生(ほよ)取りて 挿頭(かざ)しつらくは 千年(ちとせ)寿(ほぐ)とそ』 が。これは大友家持が正月二日に詠んだの祝い歌。山の梢のホヨ取って髪に飾るのは 千年の命をお祝いしてのことだよ」と唄に詠まれたホヨはヤドリギで、お目出度い植物とされていたようです。
ヤドリギは常緑の半寄生植物で日本にはヤドリギなど10種(亜種)くらいの種類があるようです。ヤドリギはどこにも有りますが、友人・知人はみんな見ているヒノキバナヤドリギに会ったことなしのところ、初遭遇しました。


b0211627_1856142.jpg

b0211627_1856298.jpg

b0211627_18564884.jpg


ヒノキバヤドリギは遠くから見るとヒノキ(檜)の葉に似ているので ヒノキバヤドリギと名付けられた、関東以西からオ-ストラリまで分布している半寄生の常緑樹。偶然 割と町中の植え込みで遭遇しました。

b0211627_1915062.jpg

b0211627_1935653.jpg

b0211627_1941765.jpg

b0211627_1943595.jpg

b0211627_1944967.jpg


縦に並んでいる扁平状のものが枝の連なり。節の所にある丸い粒々が葉。の不思議な形態をしているヒノキバヤドリギ。 友人・知人が見たのは数cmのミニサイズらしく、やっと見たヒノキバヤドリギですが、これは30cm近くあり、これで知人・友人にもで、自慢できる?巨大なヒノキバヤドリギでした。


[PR]
by ab300211 | 2015-05-16 19:19 | 植物

2075 ムサシアブミなど咲く

b0211627_2045145.jpg


連休の頃は可憐で美しい花の季節です。が、わたしは妖しい(怪しい)花に惹かれます。

b0211627_2047148.jpg

連休の頃はそこらでマムシグサの花が咲いています。花びらのように見えるのは花びらではなく、苞(仏炎苞)で、この中に見える棒状の物が花(小さな花の集合体(花序)。花が苞の中に隠されるように咲くのがサトイモ科。マムシグサはサトイモ科で、その怪しい花に惹かれます。
b0211627_2102925.jpg

b0211627_2105110.jpg

b0211627_211189.jpg

b0211627_2115291.jpg

b0211627_2121053.jpg



こちらは仏炎苞が武蔵野の国の 鐙(アブミ=馬具)に似ているのでムサシブミと呼ばれているマムシグサの仲間。


↓は山口市民の山、兄弟山にいくらでも生えている、ナンゴクウラシマソウ(南国浦島草)。仏炎苞の先が釣り竿状に伸びて、浦島太郎の釣り竿になぞらえた名前のようです?マムシグサの仲間の造形力、畏るべし。
b0211627_21517.jpg




口直しに優しい風に揺れる、カノコソウの花を載せてサトイモ科の花の報告を終わります。
b0211627_1264846.jpg

[PR]
by ab300211 | 2015-05-08 21:13 | 植物