森羅万象

<   2014年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2042 東寺の桜

延暦十三年(794年)に、桓武天皇は平安京に都を移しました。その直後の796年から、平安京(国)を守護するために、羅城門(羅生門)の東西に、二つのお寺(東寺と西寺)の造営を始めました。弘仁十四年(823年)には空海(弘法大師)が、東寺を賜りました。空海 弘法大師 が責任者に。それ以来、真言宗の総本山として 今も栄えています。西寺、羅城門(羅生門)は昔に滅びて、消失してしいます。東寺の五重塔は有名ですが、五重塔は新幹線が京都駅に近づくとよく見える、古都、京都を代表する塔です。 東寺では弘法大師のご命日の、21日(毎月)に開かれる「弘法市」が有名で、京都の風物詩となっています。

その東寺は九条通と大宮通が交わる辺りの九条通にあります。KDNP社(=八条通)からはバスで10分足らず、自転車でもすぐ着く、所にあります。この日はバスで行ってみました。

b0211627_16502928.jpg

b0211627_16514170.jpg

南大門から入ると、金堂、講堂、食堂(じきどう)が一直線に並んでいます。金堂には天竺様式を基本にした、薬師如来、日光菩薩、月光菩薩、十二神像が。講堂には、大日如来を中心に-真言宗の本尊の仏様-如来部、菩薩部、明王部の 密教の教え(弘法大師のお考え)を示す、立体曼荼羅(密教浄土))の合計15体の仏像が並んでいます。
十二神像、帝釈天、広目天、梵天などは、非常にダイナミックで、インド神話の面影が濃く、残っていて、仏教がインド神話と深く関係があることが、実感できます。

b0211627_179966.jpg

食堂前からの眺め。桜が意外と咲いていました。左の大木はエドヒガンザクラ(江戸彼岸桜)。五重塔も桜の向こうに見えました。

b0211627_17143480.jpg

b0211627_1715568.jpg

b0211627_1715556.jpg

b0211627_171646100.jpg

円山公園の桜に負けない、大きなエドヒガン+五重塔が印象的でした。

金堂の横の広場では、将来、僧侶になる、生徒達が(洛南高校?)、歩く練習をしておりました。

b0211627_17175518.jpg


b0211627_17304890.jpg





b0211627_17224546.jpg

b0211627_17231418.jpg

4月2日は、お弁当を持って、翔チャンの得意の遊び場の梅小路公園に行ってみました。桜の下で、お弁当を食べて、D51200を並んで眺めて、楽しみました。*遊具広場は子供が多すぎて、翔チャンは順番が来ないので、不完全燃焼だったようです \(^o^)/。
2日の午後は、「のぞみ」に乗って、2時間15分で山口に帰った、京都の春の旅行でした。

[PR]
by ab300211 | 2014-04-30 17:28 |

2041 風神雷神図と○△□乃庭

八坂神社+円山公園の桜の後は、「ハッピ-・セットを食べると、「ドラえもん」のおもちゃが貰える \(^o^)/」という翔チャンのリクウェストに応えて(真帆ちゃん家でもブ-ムのようです\(^o^)/)、マク・ドナルドで昼を食べました。八坂神社に来た時には、翔チャン家では河原町のマク・ドナルドでハッピ-・セットを食べるのが恒例のようでした。
食事の後は、高島屋でお買い物。私は失礼して、建仁寺を見学してみました。


b0211627_18114723.jpg

b0211627_18124158.jpg

河原町からは、鴨川の四条大橋から100m?くらい下流の、橋を渡って、南東の方へ、京都風の狭い路地を歩いて行くと、祇園の町が終わる辺りに、建仁寺がありました(徒歩15分?)。建仁寺は、京都最古の禅寺で、臨済宗建仁寺派の大本山、建仁2年(1202年)の創建。これは西門。

b0211627_18202231.jpg

b0211627_18204877.jpg

方丈に入ると、風神雷神図屏風がいきなりお出迎えしてくれました。俵屋宗達筆、国宝。「えっ こんな間近で風神雷神図が見られる!」「写真撮りは良いのでしょうか?」と 見学者一同ビックリしました。が、高精査デジタル複製屏風でした。

b0211627_1827811.jpg

一番奥の部屋に、本物が空調されたガラス張りの部屋に?展示されていました。  一度、ボッティチェッリが1482年頃に描いた「春」「ビーナスの誕生」を、フィレンツェ(イタリア)のウフィツィ美術館で見たことがあります。日本画とは思えない、伸びやかで、活き活きした、風神雷神図を見て、思い出しました。

b0211627_18362994.jpg

「雲竜図襖」北方松筆 安土桃山時代 (高精査デジタル複製)

b0211627_1839818.jpg

b0211627_18391579.jpg

○△□乃庭
単純な三つの図形は宇宙の根元的形態を示しています。密教の六大思想は「地水火風空識」です。単純な図形は地水火風空識を象徴したものと言われています。

b0211627_18423271.jpg

○=水 △=火 □=地 

b0211627_18515715.jpg

b0211627_18533514.jpg


b0211627_18533294.jpg

建仁寺は○△□乃庭の他にも、潮音庭(ちょうおんてい)-三連庭-など、美しい庭を持ったお寺です。
一番大きな庭から、法堂(ねん華堂)が見えました。


b0211627_18561910.jpg

b0211627_18564436.jpg

b0211627_18583935.jpg

法堂(ねん華堂)は仏堂兼用で、釈迦如来がお座りになっていました。法堂の天井には創建800年を記念して(2002年)、小泉淳画伯作の、双龍が描かれていました。迫力満点で圧倒されました~



b0211627_1933836.jpg

得した気分になれた建仁寺でした \(^o^)/ ご朱印 左:建仁寺(ねん華堂)  右:祇園社(八坂神社)

[PR]
by ab300211 | 2014-04-26 19:04 | 風景

2040 ハンカチノキ(ハンカチの木)

「中国南西部原産。自生地は標高2000mの林内」という、ハンカチノキ(ハンカチの木)を山口市内の仁保の緑化園に見に行ってみました。花期は「5月~6月」とされていますが、仁保の木は、わたしの誕生日(4月○○日)が近づく頃に、毎年咲いています。

b0211627_182818.jpg

b0211627_1825169.jpg

b0211627_1825549.jpg

ハンカチノキは、東京大学付属・小石川植物園に大木があって、有名になりました。が、今では全国各地に、植えられています。

b0211627_1874152.jpg

b0211627_1874547.jpg

b0211627_1884132.jpg

b0211627_1915111.jpg


花「雌雄同株。5~6月、直径約2cmの球形の花序が垂れ下がる。花序の基部には白いハンカチのような総苞片が2個つく。総苞片は長さ6~15cm」 花序=小さな花の集団?塊 。総苞=苞の集まり。 苞は花全体を包む、 葉が変形した器官です。それぞれの苞が、総苞片。ということで、ハンカチは花では無く、2枚の総苞片性(葉の変形-木綿や絹ではありません (-.-;)y-~~~)の小型の?ハンカチです。
花に見えれば問題なしっ! ドクダミ、コンロンカ、ブ-ゲンビリア、サトイモ・・・・・・・ハンカチノキ。騙しの花です。


b0211627_1836035.jpg

「バナナアケビ」  雌花に緑色のバナナが付いていました。



b0211627_18414117.jpg

b0211627_18415181.jpg

我が家のアケビ。紫色のバナナ? トキワアケビ(ムベ)にはバナナ無しです \(^o^)/

[PR]
by ab300211 | 2014-04-22 18:43 | 植物

2039 円山公園と高瀬川の桜

b0211627_20423425.jpg

b0211627_20434415.jpg

b0211627_21124675.jpg

京都でも有名な円山公園のエドヒガンザクラ(江戸彼岸桜、枝垂れ)を見に行ってみました。円山公園は八坂神社の門をくぐって、境内を通り過ぎるとすぐ隣です。

b0211627_20454573.jpg

b0211627_20461279.jpg

円山公園のエドヒガンは予想より背丈が低く、かなりの老木でした。

b0211627_20481169.jpg

b0211627_2047454.jpg

天気も良かったし、有名な桜なのでたくさん人が見物に来ていました。桜の近くに池があったので、覗いてみると、メダカやタニシが居ました。翔チャンは初めて見たので驚いて居ました?。

b0211627_20503813.jpg

b0211627_2050049.jpg

円山公園の後は、四条通を通って、河原町に向かいました。

b0211627_2115229.jpg

いつもの団子屋で、いつもの和菓子を買いました。四条通りは伝統の和菓子屋が多い通りです。私はアベカワ餅が気に入りました。翔チャンは家に帰ってから、柏餅に取り組んでいました。とても美味かったそうで、完食しました。

b0211627_20555483.jpg

四条通りには歌舞伎を上演する南座があります。私の義母や祖母はよく通っていたそうです。義父母は京都に住んでいたことがあります。義父は「島津製作所」の技術者であったそうです。飛行機のエンジンなどを設計していたそうです。ということで、私の連れ合いは、嵐山が近い、嵯峨野生まれです。

b0211627_20572264.jpg

b0211627_20582589.jpg

b0211627_20583218.jpg

四条大橋を渡ると、街の中を きれいな流れの、高瀬川が流れています。高瀬川は、琵琶湖疎水の水が流れている、人工の川です。もともと湿地地帯だった京都は昔から土木工事が盛んで、鴨川(賀茂川)も流れが付け代えられた、人工の川の筈です?
京都は元々湿地が多い場所だったそうです。有名な「御池」や「堀川」は通りの名前だと、思っていました。が、昔は大きな池=「御池」や「堀川」という名の川があったそうです(タクシ-の運転手に教えて貰いました)。


b0211627_2124435.jpg

b0211627_2121544.jpg

その高瀬川沿いに小さな桜並木がありました。街の中の桜ですが、とても綺麗な桜でした。



b0211627_2142083.jpg

b0211627_214467.jpg

[PR]
by ab300211 | 2014-04-19 21:08 | 風景

2038 王様と踊子

b0211627_16264042.jpg

いつもの散歩道でクサノオウが咲いていました。クサノオウは「草」の王ではありません。クサ=瘡 は皮膚にできる できもの、や、赤ちゃんの頭などにできる湿疹などの総称。だそうです。
Morris.日乘のMorris.さんに依ると、韓国ではどこにも普通に生えていて、空き地全体が黄色で埋め尽くされたように、クサノオウが茂った場所もあるそうです。また、薬草としても使われている。そうです。韓国名は一度、教えて貰ったのに 忘れてしまいました(-.-;)y-~~~ Morris.さん申し訳ありません。


と書いたところ Morris.さんの書き込みがありました ↓
韓国語では「애기똥풀 エギトンプル=赤ん坊の糞の草」というかなりひどい名前でした(^_^;) 忘れたいのに忘れられない名前ですね。


おそらく、クサノオウの茎を折った時に出る 黄色い粘りけがある粘液が、赤ちゃんのウンチに似ているためでしょうか? ← あべ

b0211627_16384572.jpg

いつもの散歩道でオドリコソウも咲いていました。踊り子は花笠音頭の花笠を被っているようです。
タイ王国を舞台にした映画「王様と私」を見たことがあります。「王様と私」は元々、ミュ-ジカルだったので、、踊りのシ-ンはありましたが、「私」(デボラ・カ-)は踊子でなく、家庭教師でした。\(^o^)/。主役の王様はユル・ブリンナ-。スタイルは良く、声もよく、踊りも上手い王様でした。ユル・ブリンナ-は実力がある、個性的な俳優でしたが、個性が強すぎて、作品に恵まれませんでした。惜しい~っ 私の好きな俳優でした。「王様と私」でアカデミ-主演男優賞を獲得していました。

と言うことで、3枚の画像だけで(画像はいっぱいあります。手抜きで \(^o^)/) 「王様と踊子」を終わります。




b0211627_16504974.jpg

ベニシジミ ♂と♀

[PR]
by ab300211 | 2014-04-17 16:51 | 植物

2037 醍醐の桜

当時、京都の伏見に住んでいた?、豊臣秀吉が、1598年3月15日に開いた、『醍醐の花見』で有名になった醍醐(醍醐寺)の桜を見に行ってみました。 田舎に住んでいると、醍醐は遠い所と思っておりましたが(去年も行きましたが桜は終わった、4月10日すぎでした (-.-;)y-~~~)、京都市役所前から、地下鉄に乗ると、山科をすぎるとアッ言う間に醍醐に到着しました。醍醐も、京都市伏見区でした。
醍醐の駅前からは、コミュニティバスが醍醐寺までピストン輸送をしていました。どのバスも満員状態でしたが、アッ言う間に醍醐寺に到着しました(往復300円)。外国人の観光客も多く、醍醐の桜は相当有名です。
 

b0211627_1031503.jpg

b0211627_1033967.jpg

三宝院辺りのソメイヨシノは未だ花がチラホラ状態でした。三宝院は花見の宴のために、秀吉が建てた迎賓館のような建物? 秀吉好みの、桃山時代の土派手な門です(国宝)。三宝院は庭でも有名ですが、撮影禁止です。庭の写真を撮らないように、イスに座ったおばちゃん達が縁側で見張っています (-.-;)y-~~~

b0211627_1039372.jpg

b0211627_10393394.jpg

b0211627_1040280.jpg

b0211627_10403450.jpg

b0211627_10411160.jpg

醍醐寺の山門(三門)が見えてくると、エドヒガンザクラ(江戸彼岸桜)が満開状態で、豪華な色合いです。

b0211627_10514648.jpg

b0211627_10521987.jpg

b0211627_10525786.jpg

b0211627_1054638.jpg

b0211627_10542631.jpg

観光客(1/3は外国人観光客か?)は花盛り状態でしが、境内は広々で、エドヒガンを堪能できました。
醍醐の花見の頃は、まだ、ソメイヨシノのは無かったので(ソメイヨシノは幕末頃に、江戸の染井で、山桜とオオシマザクラ(大島)を交雑して、作出された園芸品種です)。当時の桜の花見は、エドヒガン+山桜+オオシマザクラ+八重系の里ザクラのはずです。醍醐寺はエドヒガンだらけでした。


b0211627_1135140.jpg

b0211627_1145320.jpg

b0211627_1155137.jpg

b0211627_117892.jpg


今日(3月29日)は午前中は六角堂、午後からは醍醐で花見。歩数は軽く1万5000歩を越えていました。文句も言わずに頑張った翔チャンは偉いっ! 花見団子の部でも頑張って、完食していました(お昼を食べた 大鶴←蕎麦屋 の蕎麦が美味しかった~と、只今、蕎麦ブ-ムだそうです)。と、言うことで、醍醐の桜見物の後は、また、地下鉄に乗って、六地蔵まで。六地蔵でJRに乗り換えて、京都駅まで。後はタクシ-に乗って帰宅しました。



b0211627_11143881.jpg

醍醐寺のご朱印。 男らしい、力強い墨書が印象的でした。

[PR]
by ab300211 | 2014-04-13 11:17 | 風景

2036 アオキ、カノコソウ(ツル)、サツマ・・・・

b0211627_18175897.jpg

超久しぶりに、市民の憩いの山、兄弟山に行ってみました。

b0211627_18202521.jpg

b0211627_18205481.jpg

b0211627_18215938.jpg

b0211627_18225938.jpg

ツルカノコソウ(蔓 鹿の子草)、ヒメウズ、ヤマアイ(山藍)、ムサラキケマン、アオキ(青木 花)、サツマイナモリ(薩摩)、ヤマネコノメソウ(山 猫の目)。

b0211627_18273298.jpg

b0211627_18322657.jpg

b0211627_18334124.jpg

b0211627_1834387.jpg

b0211627_18362151.jpg

b0211627_18373491.jpg

b0211627_183878.jpg

b0211627_206326.jpg

ヒメハギ(姫萩)、スミレ(シハイスミレ?)、マムシグサ(蝮)、ナンゴクウラシマソウ(南国 浦島)、スズシロソウ、ミツバツツジ(西国?)、スミレ(タチツボスミレ?)、フデリンドウ。 と言うことで、春は一気に押し寄せていました o(^-^)o




b0211627_18453641.jpg

[PR]
by ab300211 | 2014-04-07 18:46 | 動物

2035 鳩居堂から六角堂へ

3月28日から、京都に行ってきました。KDNP社(kyoto Daily News Press 社)は「御朱印」集めがブ-ムになっていました。

御朱印(ご朱印、朱印)
朱印(しゅいん)は、神社や寺院において、主に参拝者向けに押印される印章、およびその印影である。敬称として御朱印(ごしゅいん)とも呼ばれる。
複数の朱印の印影を集めることを集印(しゅういん)といい、朱印を押印し集印するための専用の帳面を朱印帳(しゅいんちょう)、御朱印帳(ごしゅいんちょう)、納経帳(のうきょうちょう)、集印帳(しゅういんちょう)と呼ぶ。屏風折(折り本)にして両側に固い表紙をつけた形式のものと、和綴じ(和装本)のものが多く、寺社、仏具店、神具店や文房具店、書店などで販売されている。
起源には諸説あるが、元々は寺社に写経を納めた際の受付印であったとする説が有力である。そのため、朱印を「納経印」と呼ぶこともある。 -Wikipediaより


「御朱印」集めのブログや「御朱印帳の通販のペ-ジも。御朱印集めは流行中か o(^-^)o 「納経しなくても参拝のあかしとして頂けるようになりました。」という事なので、KDNP社の社員とともに、御朱印帳を買い求めに、寺町姉小路の『鳩居堂』に出動しました。


b0211627_145524.jpg

b0211627_13412880.jpg

b0211627_13424770.jpg


鳩居堂から六角堂を目指します(徒歩 15分?) 鳩居堂を出て、寺町通りを歩いていくと、秋には「松茸」屋だった店が、「筍 タケノコ」屋に変身していました。不思議な八百屋さんです (-_-)゜zzz・・・

b0211627_13555449.jpg


寺町通りを曲がり→三条通→六角通へと進みます。 古い京都の家と近世の建物が・・・

b0211627_1415984.jpg

b0211627_1415626.jpg

b0211627_142498.jpg

b0211627_1423688.jpg

b0211627_144138.jpg


やがて六角堂(頂法寺)に到着しました。華道の「池坊」の家元です。社長の祖父、周五郎とはご縁があったお寺です。
b0211627_1474764.jpg

b0211627_1413631.jpg

b0211627_14141040.jpg

b0211627_14141230.jpg


お参りの後は、御朱印を頂きます。朱印を押して、墨書して頂きます(300円 (-_-)゜zzz・・・)
b0211627_1416591.jpg

b0211627_14172313.jpg

第1号の御朱印です-
奉拝(慎んで拝む) 平成二十六 三 二十九  
六角堂
頂法寺




b0211627_14321674.jpg

「大鶴」でお昼を食べて(美味い蕎麦)、早咲きとウワサの高い、醍醐の桜(醍醐寺)へと向かいました。
[PR]
by ab300211 | 2014-04-04 14:33 |