森羅万象

<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2019 氷見神社:中宮の式年遷宮-2013 (1)

超久しぶりに(4年?)山口県鹿野町の秘境的集落、秘密尾にある氷見神社のカシ類が茂る原生林的、中宮の杜(もり)を探索してみました。-『氷見神社は、鹿野町東部の秘密尾にあり、標高1000m級の中国山地に抱かれている。神社の森(社叢)は、標高515mから山地の斜面に沿って上方に長く伸びていている。・・・これより(=本殿)奥の標高600~700mの地は自然の状態が これほどよく保存されているところはめずらしく、学術的にも非常に貴重である。』と山口県の天然記念物に指定されています。

氷見神社に初めて出動したのは、秘密尾の小学校の分校が廃止され、過疎化が進行中の1992年。目的地の中宮までは本殿(本宮)から20分程度!の筈が、道が分からず失敗。 友人を誘って出動した、二回目も一時間も彷徨っても、道が???で失敗しました。社長の権威は大暴落。\(^o^)/

の時 お助けの本 「やまぐちの山と自然」-山口県高体連登山部編(1991年) を発見。


b0211627_1862734.jpg


氷見神社の神山 宮本公胤(鹿野町二所山田神社宮司 当時は高校教師)
『鹿野町秘密尾に鎮座する「氷見神社」の社叢は、神の杜(もり)であるため、太古の昔より斧をいれることが禁止されていた。そのため県内でも数少ない、鬱蒼たる原生林が今も残されている。中宮から上は禁足地であり、現在でも地元の人は、その掟をかたく守っている。山中は老木が林立し、苔むした倒木があちこちに横たわり、日中なお薄暗く、ひよっとして天狗がこちらの様子をうかがっているのではないかと思わせるほど、異様な霊気が漂っている』 
 ↑写真は1973年の式年遷宮の祭祀にお出かけ中の宮本さん(本から無断借用)

さっそく、宮本さんに、道をお尋ねの手紙を書き送ると、 「禁足地で草刈もされてない筈で、道が分からないのは当たり前\(^o^)/  来年(93年)は式年遷宮で、草刈もされて、道が分かり易くなります」 の道順が詳しく書かれた返事が到着しました。 式年遷宮は伊勢神宮だけか!と思っていたので驚愕。しながらも、三回目の出動で、中宮の杜(もり)に到達できました。

b0211627_1872666.jpg

b0211627_1885341.jpg

氷見神社は、見上げると長野山(1050m?)のブナ林の尾根が見える、秘密尾集落のどんづまりに有ります。

b0211627_1892420.jpg

b0211627_1810659.jpg

本殿(本宮)に丁寧にお参りしてから、中宮に向かいます。 本殿左手にある不思議形のイロハモミジの木。

b0211627_18111517.jpg

アカガシ、シラカシ、ツクバネガシ、コウヤマキなどが茂る本殿裏はお楽な、分かりやすい道。は、すぐ途絶えて迷い道に・・・(-.-;)y-~~~

b0211627_18115985.jpg

一番歩き易い道に突入すると、必ず到着する滝です。氷見神社は9世紀には建立されたらしく、山伏の行場であったらしく。

『明治になって、県内の神主の「みそぎ」の道場としても知られている。筆者は三日間の断食を兼ねた度々参加したが、湧水を集めた御滝水はまさに氷水の冷たさで悪寒が体内をかけめぐり、吐き気をもよおすには閉口した。』 -宮本公胤


b0211627_18131025.jpg

の、「みそぎ」の場に行かず、歩き続けると、丸木橋に到着。1992年は、朽ちかけた杉丸太が二本の危うい丸木橋でした。が、式年遷宮があった1993年は、まっさらな杉4本、の丸木橋に変身していました。が、2013年の丸木橋は細目の3本の杉丸太で補修のみ。でした。

b0211627_18145338.jpg

丸木橋を渡ると、50mで中宮の鳥居。深々と頭を下げて、中宮の御社地の原生林的、杜に入ります。

b0211627_18165879.jpg


b0211627_18153396.jpg


入り口の渓流沿いに、超印象的な倒木(ウラジロガシ?)があります。40年前の写真と、同じ位置から撮影してみました。


[PR]
by ab300211 | 2013-12-24 18:17 | 風景

2018 ムクロジの黄葉

山口県の西地方、岩国地方にはムクロジの大木がよくあります。葉が黄色になった秋は目立ってきれいな木です。(山口県には「むくろじ 杢路子」という地名もあります。)
元々は中国から日本に導入か? 神社によく植られています。が、普通に山野に自生化しています。探すと意外と多いムクロジです。が、山口市民の川「ふしの川」沿いで、小さなムクロジ林を発見しました。超久しぶりの本日の更新は、ムクロジの黄葉の紹介です。


b0211627_17352978.jpg

b0211627_1736873.jpg

紅葉・黄葉の仕組み(落葉樹)
①葉は太陽の光線(=光エネルギ-)を光合成色素で吸収し、連続した化学反応でブドウ糖など(=化学エネルギ-物質)を生産する工場です。
光合成色素:緑系(クロロフィル)、黄色系(カロチノイド)・・・・
②晩秋になって気温が低下→葉の柄の根本辺りに離層(コルク質)が形成 → 葉の柄中の2種のパイプ:(水・無機物用管+ 糖用管)が閉鎖  ◎葉は離層で切断=落葉 *離層は傷口を塞ぐ組織です。

b0211627_17383635.jpg

A紅葉:光合成で葉の中に作られていた糖分が、導管(閉鎖中)で枝の方に運ばれずに、葉の中に留まる。すると、葉の中の糖の濃度が上昇します。新たな代謝経路の起動→糖→アントシアニン系の赤色の色素に変化。このアントシアニンによって、鮮やかな紅色に。

B黄葉:緑系の色素が崩壊→黄色系色素だけが残る。ので、葉は黄葉。

b0211627_17405520.jpg

b0211627_1751184.jpg

真っ黒な硬い種子は、羽子板の羽の先に。(ムクロジの仲間は中に黒い硬い種が入っていますね)。ムクロジの漢名は無患子。「子が患わ無い」という意味で、昔は、羽子板は 無病息災のお守りになったそうです。

b0211627_17422793.jpg

英語では、soapberry =石鹸の実 果肉を水でゴシゴシすると高級石鹸のような柔らかい細かな泡が立ちます。日本でも江戸時代までは石鹸として使っていたようで、庭に植えたそうです。

美味しい熱帯亜熱帯の果物、ランブ-タン、レイシ、竜眼もムクロジの仲間ですが(フウセンカズラも)、この実は食べられません。


b0211627_17522919.jpg

b0211627_17524770.jpg

資料画像 「ランブ-タン」と「竜眼」 東南アジアの旅の、お土産入れの箱の中に、ムクロジそっくりのランブ-タンの実が入っていました。が、恥ずかしすぎる森羅万象社のお土産箱です。


[PR]
by ab300211 | 2013-12-17 17:54 | 植物

2017 シロバナタンポポ

12月の、散歩コ-スの空き地にシロバナタンポポが咲いていました。 図鑑的には、花期は4~5月。

b0211627_17115563.jpg

自然愛好家のHPやグログを見ていると 「季節外れに花が咲いていました。異常です。日本はどうなってるんでしょうか・・・・」 式の記事がよくあります。 異常じゃ無い! 普通だ! 図鑑はあくまで目安。 春の花は特にひどく、例えば、オオイヌノフグリやホトケノザなどは、暖かな晩秋頃には、町内のどこかで咲いています。 ダラダラ咲く花は意外と多いものです。自然はいろいろあって、毎年違うから面白いのです。

b0211627_1717661.jpg

b0211627_1718835.jpg

山口田舎都市では、黄色のタンポポはセイヨウタンポポで決まりで、大繁盛していましたが、自然環境が安定中で、セイヨウタンポポは消滅中。シロバナタンポポが復活中です。が、最近、白いタンポポ、キビ(吉備)シロタンポポが発見され中です。このシロバナはキビか?と迷い中10% 

b0211627_1734577.jpg

「分類はhigeさんに任したら」 のネコ日よりの散歩道でした。




[PR]
by ab300211 | 2013-12-09 17:39 | 植物

2016 維新公園の秋、京都の紅葉

市民の公園 「維新公園」に 森羅万象社の社長が秋撮りに、単独取材で出動しました。

b0211627_2025127.jpg

維新公園は、建設省が全国で10箇所を指定した、陸上競技場、ラグビ-競技場、テニスコ-トなどの、 競技場や多目的体育館、野外音楽堂などを備えた 「明治百年記念森林公園」です。県庁所在地では日本一人口が少ない山口市。
安らぎの、憩いの 広大すぎる公園です。が、家から自転車で10分で到着しました。


b0211627_201107.jpg

楓の仲間の「ハナノキ」の紅葉です。維新公園の最大の欠点は?「掃除のしすぎ」です。 落ち葉拾いも ドングリ拾いも、ヤマモモ拾いも・・・あっと言う間に掃除終了で、拾いは (-.-;)y-~~~

b0211627_2020278.jpg

メタセイコイアの黄葉。 『メタセコイアの化石は日本各地の新生代第三紀層の化石として見られる。当初、「化石」として発見されたために絶滅した種とされていたが、1945年に中国四川省磨刀渓村(現在は湖北省利川市)の「水杉(スイサ)」が同種とされ、現存することが確認されたことから「生きている化石」と呼ばれることも多い。その後、1949年に国と皇室がそれぞれメタセコイアの挿し木と種子を譲り受け、全国各地の公園、並木道、校庭などに植えられている。』 -Wikipediaからパクリ



b0211627_20431386.jpg

b0211627_20425963.jpg

テニスコ-ト近くの池には、エサやりの人を当てにして、お楽生活のヒドリガモの集団。

b0211627_2046134.jpg

b0211627_20465888.jpg

小さな葦の近くには、自分でエサ採りをして、自活生活のオオバン(クイナ科)が定住暮らし。

b0211627_20511274.jpg

単独取材で、紅葉撮りは失敗しました。が、紅い タンキリマメ(痰きり豆)

京都の紅葉 - KDNP社(京都)


b0211627_215358.jpg

KDNP社(京都)から、社員総力をあげての(契約社員のママ友を含む)京都の紅葉写真が到着しました。
「紅葉の名所は、拝観料(入場料)が普段より高めですが、案内人なども居て、お得感で、紅葉が堪能できます」だそうです。


b0211627_2113752.jpg

量・壮観さはピカイチの 永観堂

b0211627_2116974.jpg

雰囲気・貫禄部門では大健闘の 大徳寺


b0211627_21192850.jpg

南禅寺


b0211627_2121345.jpg

清水寺


b0211627_21215567.jpg

最年少社員の翔チャンは「紅葉よりメロンパン」(於 梅小路公園)ということで、京都の紅葉ニュ-スを終わります。


[PR]
by ab300211 | 2013-12-06 21:24 | 風景

2015 ゴイサギ(五位鷺)

b0211627_20183340.jpg

家から50歩の通りには、巾2.5mの小さな川が流れています。引っ越してきた頃には、草が生えた土手で、町内の小さな子供達が、1日中、魚採りや水遊び。6月には、ゲンジボタルが発生し、我が家の庭にもホタルが飛んできていました。\(^o^)/
しかし、道路改修時に、コンクリ-ト製の川に (-.-;)y-~~~ 。自然の遊び場が消滅。
が、小さなエビは健在で?、時々、アオサギやコサギが歩いています。 

b0211627_2030248.jpg

初めてゴイサギ発見!ゴイサギは「グェ-」「グェ-」の怪獣のような鳴き声で 夜空を飛んで、エサ採りに出動する、夜行性のサギです。

b0211627_20415114.jpg

b0211627_20421531.jpg

冬羽のゴイサギ? カメの正夫さんに判定を依頼 『冬羽ではなく幼鳥ですね。羽に白斑が有るのが特徴で、ホシゴイとよんでいる人もいますが・・・。』


b0211627_20465894.jpg

b0211627_2047175.jpg

ジャンプっ! 上流の橋の下に逃走し、隠れてしまいました。


[PR]
by ab300211 | 2013-12-02 20:48 | 動物