森羅万象

<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

1999 アケビコノハ(蛾)

b0211627_1811679.jpg

b0211627_1813969.jpg

10月が近づいて、そこらの山の上ではシコクママコナ(四国飯子菜)が咲いています。ママコナの飯子(ままこ=ご飯粒)は白いご飯粒ですが、シコクママコナは黄色。このパステル調の色が魅力的なシコクママコナです。

b0211627_1832635.jpg

家から車で40分の徳佐の「友清リンゴ園」に行ってみました。もうリンゴが熟れ始めていました。友清リンゴ園は、徳佐で一番古くて一番大きなリンゴ園です。リンゴと言えば「ふじ」ですが、この季節に行くと、「秋映」、「紅玉」、「ゴ-ルデンデリシャス」、「あかぎ」など・・・、古典的なリンゴも売られています。贈答用は高いので、形や大きさが揃ってないので安い 家庭用のリンゴを各種買って、子供達の家に送っておきました。

の頃になると、バラが似合わない我が家なので、バラの代わりに植えた、「アケビ」と「トキワアケビ(=ムベ)」の下には、黒い糞が点々と落ちています。 


b0211627_1855719.jpg

糞を落とす犯人は、アケビやムベの葉を食べて育つ、アケビコノハ(通草木葉)、蛾の幼虫です。この超芸術的な形と色に呆れて、感動します。自然は偉大なデザイナ-ですっ!

カメラを近づけたので警戒姿勢をとっています。目玉に見えるのはただの模様で、頭は全然別のところにあります。


b0211627_1872893.jpg

b0211627_1881514.jpg

頭は目玉模様の左の方の丸まった先端にあり、頭部は滑らかな薄茶色(オレンジ茶色?)の小さな丸で、そこに本物の小さな目玉と口があります(小さすぎてこの写真では分かりません)。

b0211627_1895364.jpg

b0211627_18102444.jpg

蛹になる時期が近づいた、7cmくらいはある幼虫も居ました。 写真を撮っている間に、左端からポトンと糞が出てきました。糞側が後で目玉側が前部と分かります。 この目玉のような模様は 「俺は強いから 食ったらいかん!」などの役に立っている説などがありますが、ほんとの事は分かりません。

今年も10匹以上のアケビコノハが育っていました。アケビコノハは日本列島のどこにも普通にいる昆虫で、、アジアからヨ-ロッパにも生息しています。我が家では嬉しい昆虫ですが、蛾になると果樹園の害虫になり、評判が悪い昆虫のようです。



[PR]
by ab300211 | 2013-09-30 18:12 | 動物

1998 スズムシバナ(鈴虫花)

b0211627_204481.jpg

b0211627_206171.jpg

b0211627_206349.jpg


スズムシバナ(鈴虫花)が咲いていました。 3cm以上ある花です。
どんな植物か?をネットで検索すると。
① スズムシが鳴く頃に咲くので鈴虫花
②花弁が鈴虫の羽のように波打っているので鈴虫花
③1日花
④ 前中に咲いて、午後には散る。

ネット時代になって コピ-して貼りつけするので どれも同じような内容になり、驚くような特徴があるペ-ジは無し。「午前中に咲く」 は本当なんでしょうか? 

b0211627_2016563.jpg

ごはん粒大の花のキツネノマゴ(狐の孫)。 鈴虫花とは、兄弟くらいの近さのようです。


[PR]
by ab300211 | 2013-09-27 20:24 | 植物

1997 アサギマダラ~ヤマハハコ~キアゲハ

家から車で8分の山道を「何か珍しい物ないか?」と走ってみました。道の両側が完全に草刈されて、道が広くなり快適になっていて、調子にのって運転していたら、いつの間にか終点の地蔵峠(地蔵ダオ、山口では峠をタオと読むことがあります)。地蔵峠は標高が約520m。市民の山の、「東ほうべん山」までの標高差は210mくらい。最近、腰痛首痛が持病化して山登りは無し状態ですが、山頂まで40分もあれば着くはず 自信はゼロですが、ここまで来たから・・・ついでに登ってみました。2年ぶり?

b0211627_16432833.jpg

最初の急坂を登りきったところで アサギマダラに遭遇しました(1羽だけ)。今年はアサギマダラの好きな、ヒヨドリバナはよく咲いていますが、アサギマダラの姿をあまり見かけません。そろそろフジバカマが咲き出す頃ですが、ご近所のフジバカマに、アサギマダラは来るでしょうか?

b0211627_1645680.jpg

ツルニンジンもありました。大きな花で 豪華さがあります。

b0211627_16451951.jpg

b0211627_16454063.jpg

二つ目の急坂の途中に ホウキタケ(箒茸)のような、キノコが生えていました。 色が赤色だったら火焔の形。ですが、火焔茸というキノコもあるようです。

b0211627_16462248.jpg

b0211627_16471559.jpg

最後の急坂の、あと頂上まで5mの所に、ホソバノヤマハハコ( 細葉の山母子、たぶん)が咲いていました。小さな蟻が熱心に仕事をしていました。

b0211627_16491246.jpg

30分くらいで734mの頂上に到着 \(^o^)/ 誰も居ませんでしたが、キアゲハとヒョウモンチョウが元気に飛行中でした。

腰を下ろして休んでいると 反対側からのル-トで同年配が到着。挨拶をしている間に、同じコ-スからも同年配が登頂。二人はコンビニの冷麺がお昼でした(今日は30度以上で、冷麺日よりでした)。私は急にその気になって登ってきたので水だけ (-_-)゜zzz・・・

「最近山登りを始めました。一人が気楽なので いつも一人で登山しています」「ダイビングをします フィリピンに行こうと予定中です」 「社長は2回フィリピンに行きました」 「西表島は良いですね~ この夏も行ってきました」 「社長は泳ぎが苦手なので地面歩きだけですが、西表島は素晴らしい島ですね」 などと小一時間、あれこれ無駄話で盛り上がりました。

「じゃ 一緒に地蔵峠まで降りますか?」  登山道には 「ササユリが咲きます。大事にしましょう」風な縄張りや勝手に作った手製の看板があります。 この 「私は良いことをしているのよ」 は感じが悪いですネ。そう風景の邪魔ですネ。自然はほっとくのが一番。 最近のソニ-製品は最悪ですね。ですね。などと話しながら駐車場に到着しました。 では また また どこかでお会いしましょうの 東ほうべん山でした。



b0211627_16472851.jpg



[PR]
by ab300211 | 2013-09-24 16:50 | 動物

1996 ブナの実、ミズナラのドングリ

b0211627_19332321.jpg

今年のブナは豊作か不作か? ブナ林がある鹿野の長野山を探索してみました。長野山は高速経由で、山頂まで車で行ける  家から50分くらいで到着の お楽なブナ林です。

b0211627_19372973.jpg

まだ葉は青々と茂って・・・意外と実が少ない!と思ったら、もうほとんの果実は熟れて、地面に落ちていました。

ここで問題です。
ブナの葉の大きさは南北で違っています。が、日本海側のブナの葉は大きくて薄い。太平洋側のは葉が小さくて厚い(高校の教科書では常識です)。 あまり知られていませんが、1本のブナの葉は、高い所は小さくて厚いが、下の方では大きくて薄い。 この現象を説明して下さい(10点)。  賞品は出ません-森羅万象社広報部


b0211627_1952105.jpg

地面に落ちて居たブナの実。 ブナはいろんな漢字で表記されています・・・山毛欅、橅、水青・・・の中に蕎麦栗もあります。ソバの実に似ている栗。の意味か?確かに蕎麦の実に似ていますが、蕎麦の原型は稜角(そば と読みます)。 角が稜線のように△型に尖っている実→蕎麦

日本では「ブナ!」「ブナ林!」と人気のブナですが、意外とマイナ-な族です。


ブナ科 1 ブナ族
     2 コナラ族  2-1 コナラ亜族
              2-2 アカガシ亜族
     3 マテバシイ族
     4 シイ属
     5 クリ族

ブナ族は北半球の ヨ-ッロッパ、中国、日本列島、北米に細々と生きているのみ。日本列島が一番の産地。一番種類が少ない(10種?)マイナ-属です。種類も多く、一番栄えているのはマテバシイ属です。


b0211627_20102684.jpg

b0211627_20104125.jpg

b0211627_20113688.jpg

実の天辺に飛び出している棒のような物は、雌しべの先端(柱頭)のなれの果て。実を包んでいるモジャモジャはガクのなれの果て=殻斗 。 ブナ族、シイ族、クリ族は果実全体が殻斗に覆われていて パチンと弾けて実が飛び出してきます。

ブナ林と言ってもブナだけの林ということはなく、カエデやミズナラが混じって生えています。長野山でもブナの間にはミズナラが普通に生えています。


b0211627_20202887.jpg

b0211627_2021494.jpg

b0211627_20212978.jpg

ミズナラ(水楢)は相当な巨木になり、「日本のオ-ク」として有名で、ヨ-ロッパに輸出され、スウェ-デン家具などとして、里帰りしました。 なお、コナラ族の特徴は、丸い栗=団栗 がお皿(殻斗)に座っていることです。また、天辺の棒は柱頭で、ドングリの表面には産毛が生えています。 社長そろそろ演説はお終いにしてく下さい。と、言うことで 長野山のブナもミズナラも当たり年のようでした。



   
[PR]
by ab300211 | 2013-09-22 20:34 | 植物

1995 彼岸花~高三郎

b0211627_18334110.jpg

お彼岸が近づいてきて、我が町内に少しだけ残っている、田んぼの畦や道端で 彼岸花が一斉に咲き始めました。
彼岸花は、たくさんの名前を持っています。曼珠沙華はサンスクリット語で「天上の赤い花」。 葉がある冬は花が無く、花が咲く秋には葉がないので 「葉見ず花見ず」。
同じ現象を韓国では。葉は花を思い、花は葉を思う。ので、韓国名は「サンチョ(相思華)」と書いたら、

ものすごい物知りの、トイレの100Wの韓国通のMorris.から
「なぜか日本では彼岸花の韓国名を相思花(サンサファ )というのが通説になってまかり通っているようですが、これは事実誤認ではないかと思います。相思花(サンサファ )は夏水仙のことです。まあこちらも彼岸花科ですが。彼岸花は石蒜(ソクサン )です。」

のお便りを頂いた 記事を思い出しました。 森羅万象社のお仕事は今より、昔の方がレベルが高く、内容がある(-_-)゜zzz・・・


b0211627_18345629.jpg

b0211627_1836880.jpg

最近渡ってきた園芸種の白い彼岸花も咲いていました。園芸には流行があります。 

下は、木立朝鮮朝顔やダツラと呼ばれていました。頭が良い人が居たのか これを 「エンゼルズ・トランペット→天使のトランペット」と呼んで、この魅力的な名前に惹かれたのか、大流行したしたことがありました。が、最近は落ち目になって?、園芸店でも苗を見かけなくなったような気がします。

が、町内には義理堅いお家が3軒くらいあって庭で育て続け、9月になると満開状態になっています。 タイやインドネシアで見たダツラは、完全に木のようになって、屋根の高さほどありました。のを思い出します。

b0211627_18373075.jpg

b0211627_1838761.jpg

ツルボの花はまだ頑張っています。ツルボ??の名前の由来は不明。 ツルボと並んで昆虫達に人気の ニラの花も頑張っています。 ○○ハチ、アカアテハ、ツマグロヒョウモンが座り込んで?蜜を吸っていました。

b0211627_18391598.jpg

「高三郎」の地味な花もたくさん咲いていました。 「高三郎}??? 昆虫に「源五郎」が居るので兄貴分の名前ですが、名前の由来は不明。 東南アジアの田んぼで、高三郎にそっくりの花をよく見かけました。おそらく稲作ととも日本に渡ったきた?ようです。

の直後 左2mくらいの稲の隙間から、キジの雄が出てきて、思わず2秒くらい見つめ合いました? 
カメラのチャンス!と思った瞬間に逃げられてしまいました。
 


[PR]
by ab300211 | 2013-09-18 18:39 | 風景

1994 タマゴタケ~トチの実

b0211627_20485399.jpg

きれいな色合いで、その上食べられるキノコとして有名なタマゴタケ(卵茸)を探しに行ってみました。幼菌~成菌を発見しました。夏~秋に生えるキノコですが、シ-ズン・オフが近づいたせいか、乾燥気味のせいか 艶が減って、きれい度がやや低めでした。

b0211627_20574153.jpg

地面に落ちた枯れ枝とキノコの戦い。タマゴタケもなかなか頑固のようです。

b0211627_20592370.jpg

b0211627_2103888.jpg

b0211627_2113124.jpg


キノコ1、キノコ2(その後、タマアセタケ(玉汗茸)と判明),キノコ3。キノコ3は重そうな石ころを持ち上げていました。キノコは力持ちのようです。

b0211627_214865.jpg

道にカブトムシの雌が転がっていました。カブトムシの季節はそろそろ終わり。ちゃんと卵を産んだかな?

b0211627_2165361.jpg

夕べは風が強かったせいか、トチ(橡)の実が落ちていました。艶々した実の大きさはクリくらいあって、美味そうですが、アクが多くて、そうとう頑張らないと「橡の実餅」にはなりません。 殻はいっぱい落ちていましたが、中味が空っぽがほとんどで、どんな動物が運んで行ったのでしょうか?


[PR]
by ab300211 | 2013-09-16 21:22

1993 秋吉台で自然観察会(2)

 友人のhigeさんから「13日の金曜日に、また、小学生の自然観察会があるので 手伝ってくれん」 「お土産にゴボウあげるから」 に惹かれて秋吉台に出動しました。higeさんは畑作りの名人で、前回はスイカを11個貰いました。集合場所の駐車場に行くと、見たことがあるような、歩きを終えたおばちゃんが2人居ました。「9月1日の観察会を楽しみしていたのに 雨で中止になって残念 また、やってください」  する?する?

b0211627_2202799.jpg

9月になって涼しい日が続いていましたが、前日の12日から真夏の暑さが復活しました。前回と同じ子供達tと2時間の歩きを開始

b0211627_2281083.jpg

「この クズの葉が丸まったのはクモが作った家 卵を産む家」 ススキやササの葉を三角形に折りたたんだクモの家もよく見かけます。が、私はクモが苦手 (-_-)゜zzz・・・ higeさん次に行こう! 

b0211627_22125022.jpg

スズサイコの果実(袋果)発見。 「鈴サイコ- スズサイコ の花は前見たね?」 「???????」  観察会をするとひたすら名前を覚えさせる人が居ます。が、記憶会ではありません。 「自然は楽しい」が分かってもらうのが一番大事。 
「ママコノシリヌグイ」 「?????」 継子?? ウォシュレット時代になったので 「尻ぬぐい」も???
図鑑+国語辞典 が必要な名前が増えてきました。 


スズサイコは適度に草刈を「した場所でよく見られます。果実は子供の小指の大きさでした。やがて、大人の小指の太さになって、ふかふかの綿毛が付いた種子が完成します。

b0211627_2223426.jpg

b0211627_2225189.jpg

割と限られた場所にだけある 「イヌハギ」 と 「タヌキマメ」 。今回はこのイヌとタヌキが人気商品でした。

b0211627_22374352.jpg

b0211627_2238484.jpg

トノサマバッタ?( ♂♀) ウドの花

b0211627_2239858.jpg

b0211627_22395237.jpg

シラヤマギク。割と背が高くなりますが、花弁がどこか抜けている 控え目な感じが好きです。 観察会は3時半過ぎに終了しました。 子供達のお陰で久しぶりに秋吉台歩きができました。 



b0211627_22483131.jpg

[PR]
by ab300211 | 2013-09-13 22:48 | 風景

1992 センニンソウ、ボタンヅル

b0211627_1732642.jpg

b0211627_1742466.jpg

b0211627_1745856.jpg

9月になって急に、秋めいてきました。散歩コ-スの田んぼでは、早稲の稲刈りが始まりました。稲刈りをすると、飛び出してくるイナゴやバッタを狙って、鷺が待機しています。


b0211627_1791067.jpg

b0211627_1710015.jpg

b0211627_17102694.jpg

お盆すぎからセンニンソウ(仙人草)の花が咲いていました。8月は36度~38度コ-スの猛暑でしたが、その暑さを ものともしない、頑丈なセンニンソウ。9月になって急加速で花の数が増えてきました。蔓で木によじ登って、木を覆うように咲いています。
花の大きさは3cmくらいで、4枚の花びらのように見えるのはガクです。雄しべがいっぱいで、まん中に雌しべがあって、種子に髭のような毛が生えて=仙人の髭 で仙人草です。

b0211627_17183437.jpg

センニンソウより少し遅れてボタンヅル(牡丹蔓)が満開になってきました。遠くから見るとよく似ていますが・・・・ボタンヅルの方が、ごちゃごちゃと密集して咲いているので、何となく区別できます。

b0211627_17223285.jpg

b0211627_1723086.jpg

葉が牡丹の葉に似ているので 牡丹+蔓 ですが、4枚の花びら(ガク)がセンニンソウより短いので、花が小さ目。 学名では両方とも クレマチス。 日本語の名前は仙人草と牡丹蔓。 
「大仙人草」「小仙人草」という名前にしてくれたら ボタンヅル???? それ何?と悩まずにすんだと思うのですが・・・




b0211627_17324199.jpg

[PR]
by ab300211 | 2013-09-09 17:32 | 植物

1991 スズサイコ、ガガイモ

b0211627_1840235.jpg

b0211627_18404860.jpg

b0211627_18412344.jpg

b0211627_1842722.jpg

森羅万象社の商品棚にスズサイコ(鈴柴胡)が載っていました。ネタ不足なので、季節ネタで写真してみました。不思議系の星形の花は魅力があります。 こんだけ花が咲いても指形の(実)果実は、ほんとんど成りません。の、ところ、ネット交流中の流れ星さん邸で、

b0211627_1842829.jpg

ビックリするほど実(袋果)がついたイケマが \(^o^)/  イケマもスズサイコもキョウチクトウ(夾竹桃)一族のガガイモ科植物で、たいていこんな形の実がなります。 
流れ星さん、社長命令で、勝手に写真をお借りしました。 許可よろしくお願いします-社員一同

で、ついでにガガイモの花です ↓

b0211627_18442868.jpg

b0211627_18451992.jpg

b0211627_18462793.jpg

b0211627_18472627.jpg

b0211627_18475645.jpg

ガガイモ??? 芋。ガガって何?  ガガイモは生命力が旺盛で、蔓で他の植物に巻き付きながら這い登って茂っています。 日当たりの良い道端や川の土手にあったりします。が、やっぱり果実はこんなに花が咲くのに、意外と付きません。 秋には、袋果がはじけて、フワフワの綿毛がついた種子が飛んでいきます。 


Home

、 
[PR]
by ab300211 | 2013-09-04 18:47 | 植物

1990 ミズトンボ(水トンボ)

b0211627_1972640.jpg

b0211627_1972597.jpg

サギソウ(鷺草)が咲くような、日当たりの良い、湿地に生える、ランの仲間の ミズトンボです。 高さは50cmにはなり、花も数センチはありますが、花の色が淡い緑色で 意外と目立ちません。

b0211627_19345115.jpg

b0211627_19362499.jpg



水辺(湿地)に生えて、花が昆虫のトンボに見えるので 水トンボの名前に? ランの花は5つの主要部品から作られています。 その形や色が千変万化(ランは約1万種類)するのがランの特徴で、サギ、コオロギ、ジガバチ・・・など、そんな名前のランが色々あります。

ミズトンボの場合は 部品の一つの唇弁の先が十字状の棒のようになって、、垂れ下がっていて、その形がトンボ。 しかし、トンボと言うよりは 漫画のキャラが万歳しているように見えます。

b0211627_1927565.jpg

b0211627_19272786.jpg

b0211627_19283573.jpg

オオシオカラトンボ(♂)、シオカラトンボ♂? ハバハラビロトンボ(♀)

b0211627_19292071.jpg

稲穂が色づきはじめて、トンボ、イナゴ、バッタ、・・・田んぼ辺りも 賑やかになってきました。


[PR]
by ab300211 | 2013-09-01 19:32 | 植物