森羅万象

<   2013年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

1949 久住男池の春

b0211627_2372210.jpg

由布高原から国道210号線をしばらく走り、石畳の坂の両側に木造の旅館が並ぶ湯平温泉を横目に見て・・・左折すると日本で超珍しい炭酸温泉の長湯、右折すると炭酸水が湧く白水鉱泉 の分かれ道で車を停めて、黒岳方面を見上げてみました。

この辺りも今年の春の訪れは早かったようです。24色のパステルカラ-を期待していたのですが、もう12色になっていました。

b0211627_23145350.jpg

九州に来て、いつも思う事は、「杉林の美しさ」です。 戦後の材木不足で、お国の奨めもあって、どこの山も杉林になりました。杉を植えれば儲かるは アベノミックスと同じで、あまりにも単純志向です。 林業は、長大産業です。杉を植えても、50年~100年以上経たないと収穫はできません。その間にもよい杉になるように管理しなければなりません。その費用は莫大。 貯金の利子で言えば林業の利子(儲け)は2,3%です。 一年間の管理費(人件費)が500万とすると 500万円x100年=5億円 となるので 山に植えた杉の本数は→ 5億円以上 ということで、裏の山に杉を植えて・程度では話しになりませんっ! 林業は「自分の山を廻るだけでも1週間はかかる」 くらいの山を持ってないと、成り立たない長大な産業なのです。

成り立たないから、せっかく植えた杉はほったらかしで、日本の山は荒れ放題。なので材木を輸入しなければなりません。しかし、ほったらかしの山の木を切ったら、紙を作るパルプ材にはなるので、パルプ材を輸入する必要なし!ですが、伐採費、運搬費が馬鹿高く、伐採しても儲けにならずで 赤字か?・・・結局、輸入材で紙を作ることになります。 エコだ自然だと言う日本ですが、結局、経済優先の原理が優先しています。日本の山は有史以来、最も緑に覆われているのに惜しい事です。

が、九州の林業はお国の事など、はなから信用していないので、長大産業の原理を貫いて、山を守り続け、良質の杉材を産みだしています。ということで、杉の美林を見るなら、九州ですっ!

b0211627_23545926.jpg

別れ道を右折して、3分だけ白水鉱泉に寄って、炭酸水を飲んで、男池に到着しました。男池=おいけ は黒岳の麓にある湧水の名称です。久住阿蘇は湧水、名水がたくさんあります。
葉の透けた日差しを浴びて森を歩く にはちょっと遅かったようです。が、男池の水を一杯飲んで、川ぞに歩いてみました。

b0211627_032278.jpg

b0211627_033188.jpg

b0211627_04565.jpg

b0211627_0123550.jpg

b0211627_071144.jpg

大きな桂の木の辺りまで歩い、何とかそれらしく見えるように写真してみました。


b0211627_015631.jpg

b0211627_0154129.jpg

b0211627_016662.jpg

b0211627_0164421.jpg

イチリンソウ、フデリンドウなどは咲いていましたが、エイザイスミレやネコノメソウはもう終わり、サバノオには鯖の尾ができていました。ということで男池は春の第四楽章に突入していました。


[PR]
by ab300211 | 2013-04-30 00:07 | 風景

1948 ハルリンドウ

春になると、明るい雑木林の林縁では、フデリンドウがよく咲いています。しかし、山口にはハルリンドウがありません。 4月24日、恒例行事にしている 春の久住遠征をしました。

b0211627_16371117.jpg

一年ぶりの久住です。日当たりさえよければ、こんな道路の傍にもフデリンドウハルリンドウは咲いています。滅多に来ないので、ついでに、牧ノ戸峠で、この山を越えて、向こう側の、ハルリンドウが多い、久住連山の麓~阿蘇の外輪山の台地状の 牧場地帯まで行ってみました。

b0211627_16443976.jpg

期待通り、ハルリンドウは 「これでもかっ!」 と道端に普通に咲いていました。 由布高原のエヒメアヤメやサクラソウも見たし、男池の新緑も見たし、ハルリンドウも見れたので目的達成!・・・瀬の本高原のドライブ・インで休憩しました。 

ドラインブインの建物の裏手に、サッカ-ができそうな広場?運動場?がありました。 運動場を見ながら 「山口までは、250キロか (-_-)゜zzz・・・」 とお茶しながら、よく見ると、青い星が、点々と、点々の数は500,1000、∞・・・


b0211627_1742428.jpg

b0211627_174106.jpg

天地明察! 青い星は全部ハルリンドウでした。 牧場地帯の土手・草原で写真したのは、何だったんかなぁ と脱力感が湧いてきました。 が、気を取り直し写真してみました。

b0211627_17125597.jpg

b0211627_17132287.jpg

b0211627_17135110.jpg

b0211627_1716562.jpg

こんな運動場のような場所でも、花をたくさん付けて、元気よく咲いていました。

b0211627_17172950.jpg

b0211627_171838.jpg
 
b0211627_17185572.jpg

b0211627_17185097.jpg

ハルリンドウの青は大好きです。が、星の数ほどあったので、撮っても撮っても撮りきれません。

いい加減にして、車に乗って、牧ノ戸峠を越えて、湯布院まで戻り、高速→国道10号線→高速経由で、夜9時に帰宅しました。往復500キロの春の久住遠征でした。



[PR]
by ab300211 | 2013-04-26 17:22 | 植物

1947 京都の春旅(4)清水寺

最近ちょくちょく京都に来ているんですが・・・・久しく行ってなかった清水寺へ

b0211627_175551100.jpg

b0211627_1756276.jpg

両側にお店が並んだ坂道は、若者、中高年、二人連れ、団体さん、修学旅行、外国人で 押すな押すな状態。さすが京都で一番の観光地です。

b0211627_1815022.jpg

ソメイヨシノは散って、山桜は葉桜に。「もう桜はないだろう」、と思っていたら、階段の右の方に、1本だけ咲いていました。

b0211627_1843591.jpg

b0211627_185747.jpg

b0211627_188140.jpg

b0211627_188029.jpg

これ以上は無いっ!の満開でした。思わず何枚も載せてしまいました。京都は、ほんとに江戸彼岸桜が多い街です。

b0211627_18111994.jpg

b0211627_18114828.jpg

b0211627_18121048.jpg

b0211627_18125514.jpg


家に帰ったら 「幼稚園から帰ったら 一緒に遊ぼ と思っていたのに・・・どこに行ってたの!」と怒られてしましました。


[PR]
by ab300211 | 2013-04-24 18:14 |

1946 京都の春旅(3)仁和寺

b0211627_2110253.jpg

境内に1本だけ江戸彼岸桜が未だ咲いていました。その回りにはハッするようなピンクの ミツバツツジが咲いていました。このきれいな彩りの前で、みんな記念撮影をしていました。

b0211627_2114164.jpg

b0211627_21143815.jpg

ミツバツツジは境内の、あちらにこちらに、いっぱい咲いていました。仁和寺は桜+ミツバツツジの名所です!

b0211627_21193753.jpg

b0211627_21195089.jpg

カメラもいっぱい来ていました。咲き残った山桜を撮るカメラの向こうにも ミツバツツジが咲いていました。

b0211627_2127098.jpg

京都の名所ではよく和服の女性を見かけます。「さすが京都」と感心していると・・・・すれ違った時に、聞こえてくるのは 大抵、中国語か 韓国語です。「日本の着物を着て、京都の街を歩く」は外国人観光客のブ-ムになっているようです。

b0211627_21331896.jpg

仁和寺の本堂(金堂)。 さすが仁和寺、煌びやかな本堂!と感心したら、京都御所の紫宸殿を仁和寺に移築して、本堂にしたそうです。

b0211627_21392695.jpg

金堂の隣の、端正な造りの、経堂です。

b0211627_21421627.jpg

b0211627_21424781.jpg

御室桜は満開で、ミツバツツジも満開だった、御室の仁和寺でした。 

b0211627_21473745.jpg

御室仁和寺駅から嵐電に乗って、北野白梅町からはタクシ-に乗って、家に帰りました。明日(4月10日)は入園式。翔ちゃんも明日から幼稚園ですっ \(^o^)/


[PR]
by ab300211 | 2013-04-22 21:53 |

1945 4月21日の秋吉台

b0211627_22364294.jpg

4月21日 今日は「秋吉台の自然に親しむ会」の総会と観察会がありました。昨日からの雨も朝には何とか止んで、歩きもできました。が、気温が低く、寒かった秋吉台でした。雨に洗われた石灰岩が妙に、きれいでした。

b0211627_22394455.jpg

秋吉台で自慢できる、日本では超レアな植物になってしまった 「ムラサキ」は15cmくらいに伸びていました。

b0211627_22433492.jpg

土に栄養がない秋吉台のフデリンドウは小指よりも遙かに短く・・・。右下には伸び始めた超小さなフデリンドウも写っています。

b0211627_2247163.jpg

ヒロハハナヤスリ(広葉 花 ヤスリ)は3cmくらいに。葉と胞子を付ける茎しかない 「シンプル イズ ベスト」の、私が好きな植物です。

b0211627_2391986.jpg

ホタルカズラも咲iいていました。連休の頃に花の数も増えて、豪華な青になりそうでした。

b0211627_22551386.jpg

日本のスミレで唯一香りがする、「ニオイタチツボスミレ」は一杯 咲いていました。こちらは数が少ない、アカネスミレです。

b0211627_22581014.jpg

b0211627_2258389.jpg

こちらが 今日も見た中で一番豪華だった、オキナグサです。もう髭になりはじめて、風にそよいでいました。

b0211627_230547.jpg

淡い緑がきれいな秋吉台をみんなでフラフラと歩きました。今日のお土産は ワラビ、フキ、野生のアスパラガス(キジカクシ)でした。


[PR]
by ab300211 | 2013-04-21 23:06 | 風景

1944 芽生えの頃の雑木林

b0211627_1023437.jpg

芽生えの頃は見通しもよく、森の中まで光りが差し込んで、快適に散歩ができる時期です。久しぶりに、そこらの山の麓の雑木林を歩いてみました。

b0211627_1075114.jpg

フウロケマンが賑やかに咲いていました。



b0211627_1015942.jpg

フデリンドウはそろそろ終わりです


b0211627_1017422.jpg

エンレイソウはもう種になっていました


b0211627_10194692.jpg

分かり易い名前のイカリソウ。花もきれいですが、葉の緑もきれいです


b0211627_10215796.jpg

b0211627_10222569.jpg

ロマンチックな名前で人気があるヒトリシズカ。よく小さな群れを作って咲いています。

b0211627_1025588.jpg

「うるさい ヒトリシズカはあっちへ行けっ!」のヤマルリソウも咲いていました。日差しが強すぎて瑠璃色に写りませんでした。

b0211627_10284881.jpg

サトイモ科はいろんな名前を貰っています。ザゼンソウやウラシマソウ、ユキモチソウは花(仏炎泡+花)の形から。コンニャクは地下茎の芋を食べます。ミズバショウは葉が芭蕉に似ているから。このマムシグサは根本の方の茎(ほとんとは葉の柄)のまだら模様がマムシに似ているから。 の、分かりにくい名前です。 名前を付けた人が蛇に詳しかったら、マムシではなく 「キング・コブラ草」 です


[PR]
by ab300211 | 2013-04-19 10:45 | 風景

1943 京都の春旅(2)御室桜

京都も今年は桜が早く咲き、ソメイヨシノも山桜もとっくに終わっていました。が、仁和寺の境内にある遅咲きの桜の「御室桜(おむろ桜)は満開でした。 

b0211627_21124024.jpg

b0211627_21134627.jpg

辰殿の前に植えてある御室桜です。老木ですが、ちょっと背丈が低い御室の桜です。


b0211627_21264631.jpg

桜の林は中門を入って、西側ににあります(門を入って、振り返って撮っています)。この日は桜見物のが人はわさわさと多く、「花見る人多くして日々群衆せり」 状態でした。 

さっき拝観料を払ったのに 桜を見るのにまた拝観料が要るのっ! これが京都です。

の、ところ 入場券を買いに行ってたKDNP社の社長が走って戻ってきました。仁和寺に近い太秦にお住まいの熟年夫妻が 「6人まで入れる券を持っています。我が家は二人だけ。勿体ないから、一緒に如何ですか」と誘ってくれたそうです。京都はよい所です。

b0211627_21591969.jpg

桜の園は小さな小学校の運動場くらい。画像をクリックすると大きくなります


b0211627_22412543.jpg

b0211627_2242611.jpg

枝は根元付近で広がって伸びて、背丈は低く。花は根元に近い 低い所でも咲いています。

b0211627_22112481.jpg

b0211627_2211533.jpg

b0211627_2213257.jpg

花びらは非常に大きく。御室有明という山桜系の桜のようです?

b0211627_2216248.jpg

カメラがいっぱい居た、小さな土手の上からの、五重の塔と桜の お約束画像です。

御室桜の花は低い所で咲いている。  『わたしゃお多福 御室の桜 鼻が低くても 人が好く 』 と昔から謡われていた、京都名物の御室の桜。 そんな桜とは全く知りませんでした。やはり旅は大切です。 


[PR]
by ab300211 | 2013-04-16 22:36 | 植物

1942 京都の春旅(1)御室 仁和寺

4月9日、京都へ向かう新幹線 「のぞみ」に乗っていると 「仁和寺の御室桜は丁度満開、見頃らしいよ」とメ-ルが着信しました。 

b0211627_20174197.jpg


仁和寺と言えば高校時代に習った 『徒然草』 です。
「仁和寺に、ある法師、年寄るまで、石清水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、ただひとり、徒歩よりまうでけり。」
「これも仁和寺の法師、童の法師にならんとする名残とて、おのおのあそぶ事ありけるに、酔ひて興に入る余り」
「御室(おむろ)にいみじき児のありけるを、いかで誘ひ出して遊ばんと企む法師どもありて、能あるあそび法師どもなどかたらひて、」


などと昔から話題のお寺ですが、恥ずかしながら、未だ、行ったことありません。「よし行ってみるか」!と思う間もなく「のぞみ」は京都駅へ到着。 京都KDNP社から、一同うち揃って御室の仁和寺へ出動しました。八条から北上すると 割と簡単に、御室の仁和寺です。

b0211627_20195849.jpg

b0211627_20204391.jpg

立派な仁王門に圧倒されました。仁和寺は皇室が住職(門跡)を勤めきた京都で一番の門跡寺院。真言宗御室派の本山です。御室(おむろ)は仁和寺に住んでいた問跡などの住坊、御殿風の建物のことです。が、仁和寺の雅称。地名にもなっています。

仁和寺の境内には 遅咲きの桜 京都の名物桜 「御室桜」 があって。見物人がわらわらと押しかけていました。

b0211627_2047118.jpg

仁王門を入ると いきなりの、御室桜です(見本)。 思わず写真してしまいましが、桜の園は奥の方にあります。この桜の前を左折、まずは御所風の御室を見学です。

b0211627_20515773.jpg

雅の 広々 玄関を入ると 御室流華道の、簡素にして豪華な雅の生け花がお出迎えです。

b0211627_20555948.jpg
 
b0211627_2056371.jpg

b0211627_20565938.jpg


辰殿のつくりは、超大きな建物をまん中。にではなく・・・・広々雅スイ-トが廊下で繋がっている 南の海の リゾ-ト風仕様で、好感度100%です。

b0211627_2151713.jpg

b0211627_2154047.jpg


b0211627_2165586.jpg

b0211627_2129378.jpg

b0211627_21303169.jpg


京都だったら、こういう家に住みたいなぁ   次回は御室桜を紹介する予定です。


[PR]
by ab300211 | 2013-04-15 21:16 |

1941 桜 吹雪

b0211627_21152189.jpg


今年は、春1番、春2番、春3番・・・・春の先駆けの春の嵐も無く、三寒四温も無く、お彼岸すぎから咲き始め、三月末には桜が満開になりました。 

b0211627_21201172.jpg

維新公園の 桜の花びらの絨毯です。 時々 サッと風も吹いていたので、桜吹雪のチャンス

b0211627_21235466.jpg

b0211627_21275825.jpg

b0211627_2234485.jpg


青空を背景に、ハラハラと落ちてくる花びらをキャッチ・・・でしたが、明るい曇り空だったので、作戦を変えて・・・・ 良い場所はないかな?と彷徨っていると、やっぱり風を待っている人に会いました。
50歳くらい。 最初はマミヤで、それからキャノンF1でした。私はニコンF2でした。しばしの、楽しいカメラ談義を。が、写真は失敗でした (-_-)゜zzz・・・


b0211627_21472120.jpg

b0211627_21481174.jpg

我が家の庭のヤマボウシには蕾ができていました。サクランボも頑張っています。

b0211627_227298.jpg

b0211627_228657.jpg

利休梅は白い輝きで。トキワイカリソウも、咲きました。


[PR]
by ab300211 | 2013-04-07 22:19 | 風景

1940 横河原と道後温泉

まだ、帰りのフェリ-まで、時間があったので、「懐かしい、石鎚山」を見てみよう」 石手寺を出て、松山の隣の横河原に行ってみました。

b0211627_21584821.jpg

重信川に架かる新横河原橋です。

後の平らな山は 頂上付近が湿原で、ブナ林もあり、動植物も多い、松山では人気の皿ケ峰(1278m)です。中学の頃からよく登っていました。 

小学校4年生から、チョウ採集で、山にも登ってましたが、小学生の時は1000m以下。中学生になって、もっと高い山に行くようになりました。 今思えば危ない事もありました。 渓谷の上の古びた木の橋の渡り板が折れて、5m近く下の河原に転落しました。幸運にも岩の隙間の砂地だったので・・・家に帰って、親には黙っていました。

皿ケ峰はいつも一人で登っていた。と、思っていたら。去年中学の同窓会があって 「あべ君が案内してくれて皿ケ峰や高縄山にも一緒に登ったね」 と、K君はじめ、何人かにそう言われました。 いっぱしの山男だったようです・・・・

友達と皿ケ峰に登る時は、久万行きのバスに乗って、国道33号線を走って、三坂峠を越えて、六部堂で下車。その登山口からは、標高差も少ない平らな道で、皿ケ峰は楽勝でした。 こちらがメインの登山道でした。が、一人の時は、こちら側の 長い登りが続く上林ル-トで、登っていました。が、現在は頂上直下まで自動車道が整備され、あっという間に皿ケ峰だそうです (-_-)゜zzz・・・

b0211627_22254963.jpg

b0211627_22261940.jpg

b0211627_2228933.jpg


重信川の河原は公園のように変身。桜がきれいに咲いていました。対岸の鮮やかな桜を、よく見たら、ケヤキにものすごい数のヤドリ木が付いていました。 さ~て 石鎚山は見えるかな?

b0211627_22311314.jpg


左奥の方に石鎚山群が見えるはずでしたが、雲に覆われ、霞んでいました。 石鎚山に初めて登ったのは中学1年生の時でした。 中学になって山登りも趣味になってきました。

当時は第一次登山ブ-ム。キャラバンシュ-ズとナップザックが発明された(発売?された)頃でした。 日曜日には、キャラバンシュ-ズを履いて、ナップザックを背負って、カメラと網を持って、本を読んで調べ、知らない山も駆けるように?登っていました。

一番好きだったのは、明神ケ森(1216m)です。小学校の時は、チョウが多い福見山 (1053m)に通っていました。 福見山から先へ行ってませんでした。が、ある日、頂上から北の方を見ると・・・痩せ尾根道があってその先に明神ケ森(1216)が。  ほとんど人が来ない山でしたが、その尾根道からの石鎚山系の展望が素晴らしく・・・よく通った山です。 

明神ケ森の山頂にはシャクナゲの群落があり、尾根道にはシコクカッコウソウがいっぱい咲いていたのですが、当時はそんな物に全く興味が無く、・・・尾根道から石鎚山を眺めながら、「大人になったら、登山家になってカメラマンになるぞ」 でした (-_-)゜zzz・・・)

明神ケ森から降りて、重信川ぞいにこの河原までやってきて、ここからの風景を眺めながら、休憩していました。

b0211627_2251972.jpg

霞んでいましたが、何とく見えました。雲の上にある 中央の山が堂ケ森(1689m)のはず、左手の壁のようなのが石鎚山(1982m) のはずです。 冬になると雪を被ってキラキラと輝く四国で一番高い山々です。

弟は中学の頃は登山や自然にあまり興味が無かったようですが、高校生になった頃から、本気で登山を始めたようです。同じ高校を卒業しました。私は陸上部、弟はラグビ-部。私もお手伝いで、1シ-ズンだけ、ラグビ-をしましたが決勝で負けて花園に行けませんした。が、弟は花園に行きました。

休みに帰って話していたら。土曜日のクラブの練習が終わると 夕方のバスに乗って、夜の山道を堂ケ森まで、下駄で登って(下駄好き人です) 避難小屋泊まりを毎週のようにしていたそうです。 「将来は登山家になる」ために、冬も半袖、窓を開けて寝て、寒さに強くなるように鍛えていたそうです。軟弱な兄とは大違いですっ! 

その成果もあって、ヒマラヤ、南極、北極にも行った、探検家 兼 カメラマン・ジャ-ナリストになりました。偉いっ! 私は性格的に登山家に向いてないので、登山家にならなくて良かったです。

じゃ、一度、一緒に登ろうか! 高校生だった弟のガイドで 堂ケ森へ登って避難難小屋泊まり。「夜はネズミが出てくるよ」 確かに夜中は床の上をネズミが走り、顔を覗きこまれました。

夜明前に起床。テントを張っていたどこかの大学の山岳部の 「あんまり装備をしてないようですが大丈夫ですか?・・・お気を付けて」 の声に送られて、夜明けの堂ケ森を出発。シコクシラベやモミが美しく茂った尾根道を、ニノ森(1929m)、西ノ冠岳(1896m)を経て、石鎚山 (1982m)へ。石鎚山でちょっと休憩して、飛ぶように堂ヶ森に帰ったら、山岳部は未だ朝ご飯を食べていました。あのこ頃の元気は何処へ行ったのでしょうか?

何となく石鎚も見えたので未だ時間があるから道後へ寄ってみよう。


b0211627_23221774.jpg

道後の電車の駅を降り、L字型の短い温泉街を行くと、本湯(温泉本館)の正面に出ます (現在、温泉は椿湯と本湯。子供の頃は新湯と牛馬用の温泉もありました)
b0211627_23225849.jpg

本湯は木造三階建です。



b0211627_23251090.jpg

反対側から。屋根の上に小さな櫓があります。 櫓の太鼓のドンの合図で(朝6時?)本湯が開館です。私は、月に1回くらい、適当な時間に行っていました。

b0211627_23254762.jpg

屋根の端っこには白鷺の像。道後温泉は「傷ついた白鷺が湯浴みをしていた」 のが始まりの温泉です。サギ、サル、キツネが、温泉発見の殊勲者が普通です。

道後温泉は湯量も少なく、別府のように湯煙の温泉でないのが残念です。斉明皇后、額田王、聖徳太子など天皇家の人達もやってきた古い、庶民の温泉です。

b0211627_23262335.jpg


b0211627_23264778.jpg

本湯には「神の湯」 「霊の湯」 「又新殿」 の三つの浴室(浴場)があります。が、「又新殿」 は皇室専用で入れません。お金を払うと、二階三階の広間にあがれます。そこで、着替えて、「神の湯」か 「霊の湯」に入ります。浴衣も貸してくれて、お茶とお菓子も出ます。

が、普通は一階の浴室に直行です。 御影石でできた深目の浴槽、床、の浴室は趣があります。 湯口の上に、「ここでおよがれん」?の注意書きがしてあります(今もあるでしょうか?)。が、子供は泳ぐのが普通です。我が母校の英語語教師をしていた夏目漱石も泳いだようです。 夏目漱石の 「坊っちゃん」 には 漱石が泳いだことが目撃されて 「泳いだらいかんぞ なもし」? 坊ちゃんは団子も食べたようで 「三皿は多いぞ、なもし」 

b0211627_2327847.jpg

滅多に食べたことは無い「坊ちゃん団子」 と よく食べていた「タルト」をお土産に買って帰りました。「タルト」は絶対 「六時屋」 のタルトですっ!


[PR]
by ab300211 | 2013-04-05 23:28 | 風景