森羅万象

<   2012年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

1885 東京旅(5) 銀座

b0211627_11315397.jpg


東京は日が暮れるのが早い。5時でもう夜です。待ち合わせの時間まで、まだ少しあったので・・・建設中の歌舞伎座です。ビルは29階のオフィスビルになって、歌舞伎座はシルエット辺りに、昔の姿で、来年の春に完成するそうです。もう一度は来たい歌舞伎座です。


b0211627_11404196.jpg

b0211627_115131.jpg


土曜の夜だったので銀座は賑わっていました。和光の横の細長いビルはパンの「木村家」 桜アンパンを夜食に買いました。ミキモトの小さな花壇を見てやろうと思ったら、花壇はクリスマツリ-に変身、みんな立ち止まって眺めていました。 煉瓦亭でご飯を食べて 通りをブラブラしてみました。

b0211627_11555492.jpg


b0211627_11572628.jpg


「わたしはコ-チのバックが好きなんよ」「ハンティング・ワ-ルドのカバンが買いたい~」 我が家には縁がないブランドショップ

b0211627_1285985.jpg


の一角にイッセイ・ミヤケの 「プリーツ・プリーズ」のショ-ル-ムがありました。 あれっ? あれはマネキンそれとも人??? と悩んでいるとお兄ちゃんが現れて やっぱりマネキンだったか~

b0211627_1273961.jpg


プリ-ツってきれいですね。 目の保養をして銀座線に乗ってホテルに帰りました。

が、翌日の夜も銀座で食べました。


b0211627_1217318.jpg


銀座7丁目のビアホ-ルの草分け、サッポロビ-ルの 「銀座ライオン」へ 一階は満席だったので二階へ

b0211627_12194244.jpg


中高年が安心できる「銀座ライオン」。二階も一階も中高年だらけでした。

山口に帰る日もちょっと銀座に寄って、「鳩居堂」や「ジ-ユ」をのぞいてみました。なお、「ジ-ユ」も「ユニクロ」も本社は山口市です。田舎者が上京するとどうしても分かりやすい銀座になってしまいます。




4泊5日の東京旅、やっと一日目が終わりました。このペ-ズで行くと いつになったら終わるのやら (-_-)゜zzz・・・ と社長も心配になってきました。
[PR]
by ab300211 | 2012-11-29 12:30 |

1884 京都 円山公園のネズミ

11月22日、イイモノは落ちてないか~と 目を光らせて歩いているKDNP社(Kyoto Dairy News Press  京都) から我が社よりもグ-ンと面白いニュ-スが入電しました。 

b0211627_21402445.jpg


b0211627_1741857.jpg


昨日の梅小路が綺麗だったので、今日はバスに乗り 思い切って東山へ。やはり紅葉ピークには後10日くらい? それでも、思った程ではなくとも沢山の観光客。前々から行って見たかった高台寺に行きました。庭も建物も綺麗。人の少ない時期にゆっくり行きたいお寺でした。

高台寺の後は 円山公園を経由し、青蓮院門跡に行くつもりでしたが、円山公園→八坂神社→錦市場コースに変更。 秋の円山公園もとても綺麗でした。錦市場も観光客含め人が沢山。今週末から半月くらいは 人が多すぎてウロウロするのは自粛推奨。


b0211627_1745095.jpg


円山公園で遭遇した子ねずみ。5㌢くらいの大きさで 超ラブリー。暖かいからなのか、スゥェードのブーツにしがみついてきました。\(^o^)/



b0211627_1751037.jpg



b0211627_1753782.jpg



カラスにつつかれないか心配だったので、自動販売機の物陰にヨチヨチ歩いて行くまで見送っておきました。

携帯写真も怠りなく さすがKDNP社と感心しました。 日本にはアカネズミ、ヒメネズミ、カヤネズミなど いろんな小さなネズミが生息しています。 このネズミは何ネズミなんでしょうか?本日は丸ごとKDNP社のニュ-スでおおくりしました。 


[PR]
by ab300211 | 2012-11-26 17:28 | 動物

1883 東京旅(4)六本木 国立新美術館 

東京に来るちょっと前、テレビ番組の「ぶらぶら美術館」で国立新美術館をやっていました。 まだ お昼過ぎ、滅多にないチャンス! 行ってみよう。

b0211627_1313454.jpg

渋谷から銀座線で赤坂見附、 ホテルに荷物を置いて国立新美術館へ。 赤坂見附から六本木まではすぐそこです。

b0211627_1421891.jpg


国立新美術館は5年前の2007年一月に完成。 東京に 月一で来ていたのは 2004年4月~2007年3月。 もう東京にそう来る事も無いだろうと、記念に 完成直後に来ていたので 今回が二度目。誰の設計なんでしょうか?  最初見たときから (-_-)゜zzz・・・な感じの建物です。


b0211627_14205690.jpg

中に入ると広々廊下、ガラス張りの屋根や壁から刺しこんでくる光が美しく・・・・カフェが3つ、三階には有名なフレンチのレストランが。 窓からはあの六本木ヒルズが迫ってくるように、よく見えます。 

b0211627_14281476.jpg



b0211627_14305514.jpg

二科展もあっていた土曜日の午後、人並みが絶えることなく、リヒテンシュタイン展のお土産ショップも賑わっていました。 
さすがヨ-ロッパのお金持ちの王族、リヒテンシュタイン侯のコレクション、きらきらバロックの名画や調度品が勢揃いでした。 あんまり良い物を見るとすぐ頭がいっぱいになって、疲れてしまうので・・・・レンブラント、ル-ベンス、ラファエッロッ、クラナッハ・・・さらっと一回りました。


3x4mの大作も・・・・絵が目的で絵を描くと思っていましたが、タペストリ-の下絵としての絵も多いらしく・・・利口になりました。

b0211627_14403125.jpg


ということで、簡単デジカメはこういうのは苦手ですが、レンブラント風に撮ってみました。秋の柔らかな光が美しい美術館です。

b0211627_1457150.jpg


六本木の新しい名所はミッドタウンらしく、こちらがミッドタウン・タワ-です。東京に来ていた時、ホテルの窓遠く、このビルがニュキニュキ高くなるのを眺めていましたが、完成ビルを見るのは初めてです。ビルのデザインは流行があって 丸ビルや新丸ビルに似ています。新しいビルは四角、直角、直線的な機能美?でしょうか?

b0211627_1512163.jpg


面白さでは、六本木ヒルズの圧勝です。

美術館のあとは六本木駅で地下鉄大江戸線に乗って表参道駅へ。  「わたしはZARAをちょっと見てみる」  なので銀座で落ち合うことにして、私は青山一丁目で途中下車して、イチョウ並木を探索してみましたが、まだ、イチョウは青々の緑色、残念~

b0211627_15142159.jpg


我が家には縁がない高級ブランドショップが並ぶ銀座中央通り。3丁目辺りで曲がり、銀座とは思えないしみじみ通りへ。 今夜は夏目漱石など 有名人も通った、文明開化の老舗の洋食屋さん、煉瓦亭で。 従業員が感じよく、赤と白のテ-ブルクロスも懐かしく、落ち着く食堂です。 階段を降りていつもの地下一階へ。  ポ-クカツレツとオムライス にしてみました。

b0211627_1524561.jpg



b0211627_15233984.jpg

新旧が同居する銀座は面白い街です。



[PR]
by ab300211 | 2012-11-23 15:26 |

1882 東京旅 (3) 渋谷からもスカイツリ-

b0211627_1754987.jpg


人が造る風景は美しい 我が社の社長の信条は 「ブナ林も、人が造る風景もどちらも素晴らしい」 です。渋谷駅のエクセル東急36階には、お手頃値段の和とフレンチの2つのレストランがあます。 東京人が好きなマグロ丼でもよかったのですが・・・フレンチに行ってみました。 賑わっていましたが、田舎とおんなじ~  \(^o^)/ 中高年のおばちゃんだらけ。 


b0211627_17542774.jpg


窓から新宿のビル街がくっきり見えました。きれいやなぁ 迫力やなぁ 黒く見える森は明治神宮です。 山手線の原宿駅の横断歩道も分かりました。

久しぶりの東京だったので 「るるぶ」 を買ってみました。最近の旅雑誌は食べ物屋さんとお買い物情報だらけ。所詮 宣伝誌とは思っているのですが・・・もうちょっとあれこれ載せて欲しいなぁ


ところで 雑誌には 「東京ソラマチ」 ??? それ何? 空弁の親戚か??と思ったら 東京スカイツリ- の話題満載でした。我が家は はやりもの へは行かない主義なので(比較的)東京スカイツリ-にはいかんよ~

「あの東京スカイツリ-はここから見えますか~?」 「ホテル専用のエレベタ-前の窓から見えます」 「ちょっと写真してきていいですか?」



b0211627_17554119.jpg


左の小さい方の黒い森は東宮御所・迎賓館の森。か。  東京スカイツリ-はどこかな?

b0211627_17551427.jpg


手前グリ-ンの看板を上の方へ辿っていくと東京スカイツリ-。634m ちょっした山の高さの東京スカイツリ-は渋谷からもよく見えました \(^o^)/


b0211627_17555084.jpg




[PR]
by ab300211 | 2012-11-21 17:57 |

1881 東京旅 (2)渋谷駅前のゾクゾクッ?

車がやってくる、バイクが走ってくる、自転車、ベチャ、ツクツク、力車、時には荷車もやってくる、その隙間を人が歩いていく。 信号無し、交通ル-ル無視。 どうやったら向こうに渡れるんかなぁ  (-_-)゜zzz・・・ と途方にくれる 命が危ないアジアの大通りです。 

一番危なかったのは アジアの鉄人H先輩と行った インドネシアの大阪、スラバヤです。たった10mの道なのに 右を見て、左を見て 右を見て、左を見て 右を見て、左を見て・・・・「さぁ 行こうか!」 「危ない バイクっが来た!」 最初の一歩がなかなか踏み出せません。 

と困っていたら  アジアのグルメの達人、gulaさんから 「歩き始めたらペ-スを変えてはいけません。車が来てもそのまま歩きましょ!ペ-スを変えると車がビックリして ぶつかります」



b0211627_16582260.jpg


赤坂見附で地下鉄銀座線に乗って渋谷駅で降り、京王井の頭線に乗ってで仕事場まで・・・を月に一度、三泊四日で東京に行って、を3年間やっていたことがあります・・・銀座線の渋谷駅は地上3階です。改札口を出て階段を降りて・・・東京人の歩きの早いこと!! ハイヒ-ルのおねいちやんにも追いつけません (-_-)゜zzz・・・階段を降りて二階につくと、そこが人の流れの本流。 ここをどうやったら向こう岸に渡れるんか~  最初の3ヶ月は相当下流に流されながら やっと向こう岸に到着でした。が、gulaさんの教えを思い出して 向こう岸へ予定通り着くようになりました。人間やればできるもんです。

向こう岸に着くと井の頭線の改札口が正面に見えてホッと一安心。立ち止まって見下ろすと、渋谷駅前の交差点が見えます。  立ち止まって見ずにはいられない交差点です。  これです~




b0211627_16595297.jpg


この日は、土曜日のお昼時だったので・・・普段の日の半分も人がいません。


b0211627_1711480.jpg


このスクランブル交差点 You tube でも紹介され、外国人も見学にやってくる有名な観光スポットらしく。 


b0211627_172521.jpg


ついでに渋谷駅にあるエクセル東急ホテルの35階?から見下ろしてみました。「ル-ルを守って整然と渡っていく 日本人はすごいなぁ」と外国人は感心するそうです。 わたしの場合は 虫が集まってサッと散っていく 背中ソクゾク感が湧いてきます。という、3年間 楽しんだ渋谷交差点の紹介を終わります。




[PR]
by ab300211 | 2012-11-19 18:21 |

1879 東京旅 (1)羽田まで

1月10日から 4泊5日でちょっと東京に行ってきました。 3年ぶりの東京です!!

b0211627_2252577.jpg


まずは山口宇部空港から羽田まで。 最初のお楽しみはこの飛行機 B787です。宇部-羽田はB767でしたが、今年から、航続距離が長く、座席数も多い これからの空の主役 最新鋭機の B787型の就航が始まりました。

丸っこい胴体に大型エンジンが2つ。 おお~っ 中は広々、A330に似た雰囲気ですが、A330より天井が高い感じで、明るく広々感がします。 

座席はソファ感がしませんが、足元は広々。 、背もたれを倒すと、なかなか倒れないぞ? 座席が前にスライドして背もたれが傾く方式になっていました。が、座席が前にスライドすると足元が窮屈に。でも、後を気にしないで背もたれが倒せるのはいいとこです。

なお座席にはディスプレイが付いており、 テ-ブルも大きく、乗った機種は国際線仕様かな? 帰りのB787は座席数も違っていて、テ-ブルは小さく、ディスプレイは付いていませんでした。


意外と高音のエンジン音で 9時25分 定刻通り 楽々と離陸しました。 



b0211627_2255043.jpg


座席は28Eで外が見えません。 滅多に乗らない飛行機で 天候は晴れ。  せっかくなので
名古屋を過ぎた辺りで席を立って 最後尾のお茶用意室前まで遠征、 お茶準備コ-ナというより ずっと広々していて部屋、 乗務員さん達は働き易そうです。 


「この窓から写真していいですか?」 「そうぞ~ 今日はいい天気ですね \(^o^)/」

駿河湾になると真っ白な富士山が見え 伊豆半島からも 千葉からも 羽田空港上からもよく見えました~ 

車輪が地面につくと 「ブレ-キがよく効くな!」 あっという間にタクシング速度になって、 10時43分 羽田空港に無事到着しました。 

このペ-スで東京旅を紹介していたらいつ終わるか分かりませんが、富士山がよく見えたので本日はこれで終わります。



[PR]
by ab300211 | 2012-11-15 22:52 |

1878 角島のダルマギク-2012

b0211627_2012118.jpg



b0211627_20125044.jpg

11月になると北風が吹き始め のところ、今年は木枯らしもなく 意外と穏やかな秋で、日本海も波静か のとこを やっぱり角島に行ってみました。 

最近、角島のダルマギクはちょっとしたブ-ム、風の岬の遊歩道はエグれるほど人がやってきています。が、角島なら灯台下でも、どこでも・・・岩がある海辺なら ダルマギクが生えております。 なお、今年はホソバワダンは外れ、ヤクシソウは当たりで威張っていました。


b0211627_2013353.jpg

こんな風景なら広角レンズで撮りたいとこですが、今使ってる簡単デジカはちょっと広角不足・・・・故障して引退の一眼レフ・カメラのボディ・・・まだ 買うかどうかうか迷い中です。決めきれない性格です。が、財政問題もあり (-_-)゜zzz・・・


b0211627_20134435.jpg

フィルム時代は 36枚撮り、3本でもシャッタ-・チャンスは たったの108回(+3回)。ああでもない、これでどう?と 緊張しながら真面目に撮っていましたが・・・ちょっと試しに撮った最初の一枚や 「まだ一枚残っていたか」 で何気なく撮った最後の一枚が ナイス・ショット、今日の一枚であったりして・・・higeさん写真は難しいですね。


b0211627_2014423.jpg

デジカメならほとんど∞枚は撮れるので わたしの場合 早撮りの上に 数撮りで、ダラダラと撮り続けて あっという間にデジタルの山 富士山級

家に帰って見ると、、写真が多すぎて どれがいいか?サッパリ分からず、どれを載せるかサッパリ決まらず・・・・優柔不断な性格です。  で、取りあえずダラダラとおおくりしています。在庫量なら自信があります。


b0211627_20151213.jpg

ということで、まだ写真がいっぱい残っています。どうしましょう? ということで本日はこれで終わります。


b0211627_20152282.jpg



[PR]
by ab300211 | 2012-11-08 20:17 | 植物

1877 秋吉台のセンブリ

b0211627_17494478.jpg

11月の文化の日頃は、秋吉台もだんだん秋色になって、センブリの花も満開に。


b0211627_175014.jpg

センブリにも色黒と色白?があります。日がよく当たる場所のセンブリは茎や葉が紫褐色に、日陰で育ったのは葉が緑々しています。
 リンドウも同じく色黒と色白があります・・・センブリとリンドウは、リンドウ科、仲間ですから、。
ついでに、あのアケボノソウもリンドウの仲間、よく見ると何となく似ています


b0211627_17512023.jpg

それから 丸顔 尖り顔・細顔 と、いろいろあるので・・・なかなか前に進めません。 
苦い植物の代表選手ですが・・・蜜がでるのでアリがやってきます。

b0211627_1854162.jpg

秋吉台にはセンブリとムラサキセンブリが生えています。背が高くなって花が大きいムラサキセンブリは珍しいそうですが、秋吉台ではどこにもあります。  

秋の花も満開の頃が見頃です・・・が、木枯らしが吹いて 枯れ秋色になった草原に咲き残った花も趣があっていい感じです。



b0211627_1814105.jpg

[PR]
by ab300211 | 2012-11-06 18:25 | 植物

1876 川尻岬のダルマギク

b0211627_2012334.jpg


まだ北風も吹かず 穏やかな秋が続いているので 日本海に突き出した、向津具半島の川尻岬に行ってみました。 向津具は「むかつく」と読みます。 どういう意味なんでしょうか? 海の向こうはアジア大陸で、古代には 中国や韓半島からの文化の通り道、謎が多いこの辺りです。 なお 中国を追われた楊貴妃が半島に辿りつき一生を終えたの観光地 楊貴妃の里 というのものあります。これは ジョ-クとしてはよく出来ています。

人口は少ない過疎の半島ですが、完全舗装の二車線道路が半島を貫いていて、さすが、大物政治家の地盤! と感心しながら走っていくと 川尻岬に到着です。


b0211627_20124945.jpg

川尻岬は駐車場・炊事場・東屋・トイレ完備、食堂もあった、ちょっと昔は流行した観光地だったのですが 今は寂しい川尻岬です・・・が、それでも芝生はきれいに手入れされていました。

しかし、荒波が打ち寄せる岩場が続く、遠くからも釣り人が来る  有名な釣りスポットです。この日も釣りの車が10台くらい停まっていました。

岬の先端は小山のようになっており その頂上には小さな灯台が・・・馬の背のような尾根を伝って先へすすみます。尾根の両側は切り立った崖で 落ちると危ない道です。(写真ではそう見えませんが 実際はそうなんです) 本日の目的地は右側の岩場です。


b0211627_20133396.jpg


尾根道を乗り切って右を見ると 玄武岩でできた岩崖が続き。本土の方を振り返ると 小さな俵島の向こうにお皿を二個の角島と角島大橋が はるか彼方に見えます。


b0211627_20135518.jpg


転がると命が危ない磯の岩場には ダルマギクが生えています。


b0211627_20143346.jpg



b0211627_20145135.jpg


「こんな所に生えなくてもいいだろっ」  ダルマギクは岩好きの頑固な奴です。 



[PR]
by ab300211 | 2012-11-04 21:04 | 風景

1875 青海島 静ケ浦のオケラ

b0211627_1850257.jpg

長門市仙崎 金子みすず が眺めていた海です。


b0211627_1850513.jpg

「いい天気だなニャ どこに行くニャン?」 「青海見島までワン」  仙崎の海は本土の長門市と青海島の間にある波静かな湾です。 この辺りは小島も多く どこが本土でどこが島か? 瀬戸内海のように複雑な地形です。 遠くに見える左の凸凹が 青海島の先端です。

b0211627_18502228.jpg

仙崎から短い橋を渡ると青海島 まん中辺りの静ケ浦に車を停めて 海沿いの遊歩道へ

b0211627_1851537.jpg

遊歩道は断崖絶壁の海岸線を、縫うようにあり、木々の間に、波が打ち寄せる日本海の絶景が拡がっています。 ちょっと三陸海岸に似た風景で 切り立った海岸巡りの遊覧船が走る、人気の観光地になっています。  なお一番上の写真の 遠くの平らな島は 萩の笠山沖の相島です。

b0211627_1852358.jpg

片側は海、もう一方は山の カラカラに乾燥した痩せ地で なんにも無いように見える遊歩道ですが 意外な事に道沿いにはあれこれの植物が生えています。断崖すぎる岩壁にはダルマギクはほんのちょっとだけで、遊歩道の上に遠慮して生えていました。

b0211627_18542157.jpg

たった1本ですが 高さ5cmのセンブリが咲いていました。 センブリはどこにもあるんですね~

b0211627_1853539.jpg

今日のタ-ゲットはオケラ 遊歩道の山側に点々と咲いていました。 


b0211627_18552275.jpg

しかし、静ケ浦はやっぱり海です。 強い北風が吹く冬の日本海の眺めは推薦度100の絶景です。 



[PR]
by ab300211 | 2012-11-01 18:56 | 風景