森羅万象

<   2012年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

1804 ぶらり鹿児島旅(7)アコウの木

大隅半島・薩摩半島を走っているとあちこちに気になる木があり、写真チャンスを窺っていたら・・・

b0211627_1553136.jpg

指宿で泊まった国民休暇村前の公園広場にどっとありました。高さは10~20m足らず、不思議・不気味な幹に、葉は15cmくらいの長楕円形。インド菩提樹の葉の質感で青々と茂っているこの木。黒潮が流れる紀伊半島、四国、九州、沖縄に生えている亜熱帯樹、アコウの木。 

b0211627_15141774.jpg

アコウは赤榕と書きます。榕は 「榕樹」の榕で、ガジュマルの仲間のイチジク科の木。インド菩提樹もお仲間です。 


b0211627_1519380.jpg

どの木にもイチジク(花・実)がいっぱい成っていました。感激するなぁ イチジクは花と実は同じで?(中に花が隠れていますが、いきなり幹に着くという特徴があります。



b0211627_15205915.jpg


幹はぐにゃぐねぐね絡まったように太くなり、「何か棲んでるとじゃない??」 の不思議な生命力を放射しています。 こんな木が普通に見られる指宿はいいとこです。

b0211627_15254732.jpg


b0211627_15261139.jpg






祈りの木


西表島 (沖縄~奄美にも )には 大抵は古い森ですが、御嶽(うたき)と呼ばれる、神聖な祭礼の場所があります。神や霊がやってくる神聖な場所。木を見ようと足を踏み入れ、謝ったことがあります。奈良県の春日山の原生林もそれ自体が神とされる(神がおられる)場所として有名です。

自然は人々に豊かな実りをもたらす有り難いものです。しかし、一方では地震や台風などの災害をもたらす怖いものでもあります。古代の人々は自然に感謝するとともに、罰としての災害を与えるものとして、自然を恐れていました。 → 自然は「畏れ敬う」ものであり、 豊かで安全な暮らしができるよう、祈りをささげていました。 

科学ってありがたいものですね。 台風や地震や火山の噴火は防ぐことはできませんが、「あと3時間で風が治まる」 「雨も峠を越した」 と分かると不安から解放されて 安心できます。 科学が人間の生活に一番貢献してるのは 科学技術ではなく こういう所にあります。 しかし、地震がないように、台風がないようにとの祈りの心は変わることはありません。

自然の象徴として(神 神のようなもの)が宿るところ(依代)として、木(大抵は巨樹)が選ばれたのはよく理解できます。・・・・長くなるので説明は略・・・・ 


山口のロ-カル局で 「巨樹紹介の番組」があってますが、「いやし」「パワ-を貰う」とかのカタログ的な意味不明な説明ばかり。 自然に対して 畏れ敬うの心が欠落しています。 「あれ 自然に対する敬いの心がないね」 「まったくですね~」 と最近 同じ事を考えている人にあって 盛り上がりました。

日本だけでなく、バリ島で、タイで、ラオスで・・・木に祈りを捧げるのは アジア人の心。 
アコウはやっぱり祈りの木だなぁ と 思ったのでした。
 



b0211627_15265679.jpg

[PR]
by ab300211 | 2012-04-30 15:48 |

1803 サツマイナモリ~ノミノフスマ

春咲く花と秋咲く花を比べると、春の方が2~3倍は多く(これほんと)・・・忘れないうちに 旬のうちに 載せておこう。

b0211627_20575755.jpg

b0211627_20591638.jpg


そこらの山の 半日陰の水っぽい場所に行くと大抵あって いくらでも咲いているサツマイナモリ。

b0211627_2124979.jpg


b0211627_214695.jpg


b0211627_2162048.jpg


不気味>きれい のラショウモンカズラ。 羅生門は現在の京都南区西八条付近にあったそうです。 と書いたところ 京都より 『羅生門は京都市南区九条西千本付近。「羅生門町」という町名まで残っていますっ!』 の連絡が。ありがとうございます。

b0211627_21111282.jpg

誰でも褒める 分かりやすい名前の ヤマルリソウ。

b0211627_21143776.jpg

あるところにはある イカリソウ 

b0211627_21182683.jpg

久しぶりに見たウグイスカグラ。 日当たりがよい場所にある低木です。 これ何の木?は難しいですね。花や実がついていたら何となく見当がつきますが、普通はどれも同じに見えます。 この木も花が咲いてないと通りすぎる木。 初めて見たのは江戸の駒場の小さな公園です。 「ありゃ この花は!何の木? 」で知りました。 なお、「鶯神楽」という名は謎です。

b0211627_21284070.jpg

分かるような分からないような名前をつけてもらっている ノミノフスマ 。蚤の布団? どこらがそうなんでしょうか? ノミノフスマは田んぼやあぜ道に群生しています。 白くっきりの良い花と思うのですが、小さすぎて、あまりいっぱい有りすぎて、人気が無さそうな春の脇役です。



昨日は嬉しい事がありました


我が社は、げいじゅつ風写真は拒否し 「素直に撮って、伝わるものがある写真」 を目指して営業しております。が、たま~に、『写真貸してくれませんか?』 と出版社やTV局や農協や造園業や学校や旅行社(中国の旅行社から連絡があった時はビックリしました)、その他から連絡があります。

が、昨日は「津和野流鏑馬の写真、貰っていいですか?」とメ-ルがありました。 身内の方が「平射者」として流鏑馬で走り、その写真が載っていたそうです。 さっそく載せてない写真も合わせてお送りしました。 ということで 何も考えずに作った流鏑馬の記事が 役に立って嬉しい限りです。 


嬉しさのあまり 調子にのって


かねてよりネット交流中の 青森県は十和田におすまいの銀の小鈴さんのグログに 「こりゃまた素晴らしい」写真が載っていました。青森にはこんないいとこがあるのか 羨ましいなぁ   と 勝手にその一枚を載せてみます。ぜひ、本物の銀の小鈴さんのブログを見て下さい。  私は 「写真を貸してもらって載せていいですか? もう載せてしまったんですけど 」と今からお願いの連絡に行きます。 ↓の写真ですっ! キバナノアマナ(山口では超稀少種です)とカタクリが一緒に咲く 何と素晴らしい春なんでしょう!

b0211627_2285081.jpg





 
[PR]
by ab300211 | 2012-04-26 22:14 | 植物

1802 エイザンスミレ

四国発のブログを見ていると エイザンスミレがこれでもか!と登場  「何とかならないものかなぁ」と寂しい春の今日この頃のところ 「A地点にあるよ」 との吉報が届き さっそくでかけてみました。

b0211627_22222427.jpg


b0211627_2223855.jpg


A地点と言ってもどの辺りのA地点?と探し歩くと ありました~! が、株は小さく花が無いっ まあ100株くらいあったし証拠写真も撮ったらからもうええかぁ のところ

b0211627_2227314.jpg

b0211627_22282189.jpg

b0211627_22284033.jpg

やっと花がありました! エイザイスミレは花茎が葉より高く伸び 丸顔の花が 景気よく咲くのが普通ですが・・・花は地面すれすれで 細面 で景気悪し。 (-_-)゜zzz・・・

b0211627_22341248.jpg

これがやっとでした。 が、「山口市にもエイザンスミレがありますっ!」   めでたしめでたし ♪~♪

b0211627_22372792.jpg



[PR]
by ab300211 | 2012-04-24 22:39 | 植物

1801ぶらり鹿児島旅(6)開聞岳

b0211627_17334117.jpg


薩摩半島の指宿で砂風呂にも入って一泊。翌日は開聞岳が見える辺りをブラブラしてみました。開聞岳は922mくらいですが、富士山型でほんとにきれい。 奄美から帰りの船から水平線上に開聞岳がだんだん見えてきて 「ああ~帰ってきたなぁ」と 感激した開聞岳でです。


b0211627_1740363.jpg

今の開聞岳のホット・スポットはJR指宿枕崎線の西大山駅のようで、幸せの黄色いポストもあり、観光バスが次から次へと到着していました。


b0211627_17463091.jpg

この海辺一面に「ルリハコベが咲いて 後には開聞岳」 を期待して来てみたら、ルリハコベが咲いていた場所は護岸工事がすすみ、コンクリ-ト浜になっていました。 ルリハコベを初めて見た思い出の場所が・・・・ざんね~ん  

b0211627_1882768.jpg


b0211627_189073.jpg


かつては宮崎の青島とともに新婚旅行のメッカだった開聞岳公園に寄ってみました。 往時の賑わいは何処へ状態でしたが (-_-)゜zzz・・・ まだ 健在でした。 真正面に佐多岬が見え 写真をチェックしたら展望台と灯台が写っていました。 フィルムカメラ時代には1000mmのレンズでも???? が デジカメの性能はたいしたもんです。


b0211627_18152753.jpg


西へ走って枕崎側からの開聞岳です。 が、どこから見ても開聞岳は開聞岳 海から聳え立つ富士山型は独の美しさがあります。  日本と同じようにプレ-トが衝突するフィリンピンやインドネシアは日本以上の火山王国で火山をあれこれみましたが、フィリピンのルソン島、はるばる行ったぞ南端のレガシピ、にあるマヨン山の美しさは3x開聞岳でした。 が、今回の旅は 「佐多岬灯台と開聞岳を見て 指宿で砂風呂に入る」 だったので 目標達成で めでたしめでたし。



食べたぞの部


b0211627_1832121.jpg

b0211627_18325694.jpg


薩摩に行ったら薩摩揚げ。 薩摩揚げがすんだら黒豚。 九州人なら春が来たら 「キビナゴの刺身」を食べんといかんでしょう。 えっと  高知だったら 「のれそれ」に「ドロメ」 のところ指宿では △□貝?太平洋の味は違うなぁ

おばちゃんこれ何? 「けせん餅!」 「けせん 何?」 「うんだもこら いけなもんやあたいげどん ちゃわんなんだ  ひにひにさんども あるもんせば  きれいなもんごわんさ  ちゃわんについた むしじゃろかい  めごなどけあるく むしじゃろかい」  なるほど~ けせん は ニッケ ニッケの葉で包んだ蒸し餅でした。 で、もうひとつは 「ゲタンハ 」  謎が多い鹿児島です。

友情出演


b0211627_2018174.jpg

指宿から山口まで一気に帰るのは勿体ないので阿蘇に一泊しました。阿蘇牛のあとは馬刺し。 馬刺しは今はスペジャツルな食べ物のようですが、福岡で学生していた時 学生街の食堂では 「野菜炒め定食」 「ゴマ鯖定食」 「塩鯖定食」 「おばちゃん今日は馬刺し定食にしとく」 でした。 
「いきなり団子」はサツマ芋を餡にせず 薄切りをいきなり包んで+小豆餡を乗せ 蒸す で完成です。 
[PR]
by ab300211 | 2012-04-23 19:03 |

1800 金松の山桜

数年前から 「金松に大きな山桜がある」 のウワサを聞いていたので、10日前に偵察したら まだ蕾も色づいてなく。 そろそろ咲いたかな?で今日4月21日に行ってみました。

b0211627_21513631.jpg



b0211627_21523666.jpg


金松(きんしょう)は家から高速で20分の山間の町、鹿野の町はずれの集落ですが、10日前の偵察で、「写真を撮るなら遠くからだな」 が分かっていたので、まずは1キロ離れた国道から見ると。咲いていました~

b0211627_2156192.jpg


もうちょっと左から。 人が二人写っていますが、なかなか背が高い山桜でしょう! もうちょっと寄ってみよう。


b0211627_2159289.jpg


500m地点から画像。 肉眼で見るとこんな感じです。

b0211627_2214991.jpg


この山桜は檜に囲まれて立っていて、花が咲く 上の方だけが見えていたそうです。が、それでは勿体ない?ということで2年前に手前の木を伐採し、木全体が見えるように。

b0211627_2263353.jpg
 

b0211627_2265797.jpg


では木の前から。直径は90cm足らずで巨木という感じはしませんが、相当年代があると思われる木。 檜に囲まれていたので日当たりが悪く 下の方には枝が無く、上半分で花が咲く、不思議な形で、上へ上とすくすく伸びたようです。 檜の伐採で遠くからも見えるようになって 今日も「テレビで見て来ました」 の見物人にに出会いました。 
急に日当たりがよくなって、ビックリしなければよいけどなぁ の鹿野金松の山桜でした。



[PR]
by ab300211 | 2012-04-21 22:22 | 植物

1799 庭のアケビ

b0211627_1811575.jpg



b0211627_1812553.jpg



b0211627_18123040.jpg


バラが似合わない我が家では バラの代わりにアケビ。 アケビの花はいい香りがしますね~。 ミツバアケビはいつの間にか消え、アケビとトキワアケビが咲きました。と、喜んでいたら、スズランも咲いていました。



b0211627_1818827.jpg


b0211627_18183211.jpg


昨日(4月18日)は義父の命日だったので福岡へ行ってきました。 街の春もなかなかいい感じです。時間があったのでキャナルシティに寄って・・・都会の空気吸った効果で 思わず肩掛けカバンを買ってしまいました。 

b0211627_1821356.jpg

[PR]
by ab300211 | 2012-04-19 18:22 | 植物

1799 フデリンドウなど

b0211627_17365614.jpg


フデリンドウが咲きました。が、こちら地方には フデリドウより鮮やかなハルリンドウがありません。残念~

b0211627_17393363.jpg



b0211627_17404130.jpg



b0211627_17412489.jpg



b0211627_1741446.jpg


ツルカノコソウやフウロケマンも大急ぎで咲き始め、ヤマアイはそろそり終わりがけ、「草の王」なのに誰も庭に植えないクサノオウも咲き。春は一年で一番 花が多い季節です。


[PR]
by ab300211 | 2012-04-19 17:50 | 植物

1797 マムシグサ

b0211627_2195749.jpg

桜はいろいろあるけれど 「ヤマザクラが一番ええなぁ」 の山桜も散り始め いよいよ春本番です。 天気がよいのでいつもの散歩Bコ-スの木戸公園の上の方にある 鋤尖山(すきさきやま 437m?)に行ってみました。山と言っても、頂上まで20分のとこまで車で行ける 市民の憩いの山。


b0211627_21105083.jpg

いらっしゃいませ~



b0211627_2112239.jpg

フデリンドウやシュンランでも見たろ!と思って来たのですが・・・森の下の小さな木や下草が きれいさっぱり刈り払われ・・・・登山道の整備はいいのですが、安全のために?見通しをよくする作戦なんでしょうか。 自然は庭とは違うよ~ 森林公園の名が泣くぞ! で、その跡がマムシグサの楽園に。 わたし的にはマムシグサ大好きなので ま いいかぁ




b0211627_2115213.jpg

「社長っ! 今月の給料払って下さいっ! 「(-.-;)y-~~~」




b0211627_21174142.jpg


マムシグサの仲間は ムサシアブミ、ユキモチソウ、ウラシマソウ、テンナンショウ・・など、いろいろの名があり、むか~しから 「おっ! こりゃなんじゃ!」 と それぞれ名前を考えたんでしょうね。

マムシグサはサトイモ科、怪しく妖しいサトイモ科の花 だ~い好きです。 こんな怪しく妖しい、変な花を追求すると 「花ってな~に」 が分かるんです。( 変の追求は真実を導くの法則-生物学の常識)

花のように見えるのは葉(苞葉)で、全体は仏炎苞と呼ばれ、本物の花は、この中の棒で、棒の下の方に隠れています。  植物の部品は、根、茎、葉しかありません。 花は葉(花葉)が変身してできるのです。 なお、ドクダミの白い花びらも苞葉です。 マムシグサの場合は本物の花を第二の花で包む と 手がこんでます。 ブ-ゲンビリアやアジサイもそうですね。

自然の神様はダル~い性格で、植物を作成する時に 根 茎 葉 しか設計しなかったんです。 その後 「あの花も作って欲しいんですが~」 言われた時 「新しく設計するのイヤだなぁ 葉から作ろ」  ということで、植物は 柔軟度125% 手段は問わない 結果よければ全て良しです。

自然観察会なんかに行くと 「これはあれ」 「それはそれ」 式の名前を覚えることに終止してることがほとんどですね~が、それは本物の分類学でもなく、単なる記憶力テストであって 駅名を100言えると同じ。 

あるものを見て-生きてるって何かな?-の「生命の仕組みを知る」 のが「自然を楽しむ」 ことなんです。「木を見て森を知る」が自然観察です。 





b0211627_211975.jpg

「はい 一列に並んでぇ~」





b0211627_21251796.jpg

「あんた雄?」 「今年はどうしようかなぁ 悩み中~」 



花にも雌雄があり。 ①雄しべと雌しべの両性花  ②雄花と雌花  ③雄株と雌株  どれが一番高級か知りませんが・・・・マムシグサは③ですが 、 それは年ごとに変わり 「雄株になったり 雌株になったり」の究極のいいかげんです。  妖しくも妖しいマムシグサはあまり人気は無いようですが ほんとに面白い奴です。


b0211627_21254586.jpg

「もう帰る? また 来てね」 





b0211627_21264153.jpg

[PR]
by ab300211 | 2012-04-16 21:27 | 植物

1796 今日のスミレ

b0211627_2252168.jpg


今日(4月15日)は朝から上天気。家から1分のス-パ-の横のスミレは今年は、ずら~っと50m一直線で領土拡大に成功。から、1分のアリアケスミレもきれいに咲いて。今日は散歩Bコ-ス、自転車で15分の木戸公園の兄弟山に行ってみよ。

b0211627_22105544.jpg

b0211627_22113541.jpg

痩せた危ない崖でも平気な シハイスイレ (にしとこ)

b0211627_22142954.jpg

日当たり良し、乾いたとこ好き こんな場所も平気の ノジスミレ (にしとこ)

b0211627_22164478.jpg

b0211627_22171081.jpg


一番多いタチツボスミレ 小さいのもあり ドッと大きいのもあり お住まいの条件に合わせて育つ利口なスミレ。

b0211627_22213598.jpg

やや湿ぽいっ土が好きと思っていたら、道路でも平気なツボスミレ。と、あれこれ見て昼になったので家に帰りました。

b0211627_22242742.jpg

我が家の庭にはタチツボスミレ。数年ごとに あっちこっちへ 引越しながら咲いています。ついでに他のメンバ-も紹介しとこ。 アケビの花は満開に、スズランは伸び始め、知らない間にフタバアオイがこっそり咲いていました。

b0211627_22424189.jpg




b0211627_22515170.jpg

「何しとんにゃん?」 「アリ見とるんにゃん!」

[PR]
by ab300211 | 2012-04-15 22:30 | 植物

1795 ぶらり鹿児島旅(5)ガジュマルの木

b0211627_18421220.jpg



b0211627_18424373.jpg


佐多岬への元有料観光道路を走って行くと、あと3キロ辺りで、ガジュマルの木発見。この道ができたのは1963年頃。 ガジュマルが自生してるのは屋久島、種子島まで。なので、その頃に並木のようにと、植えたのでしょうか? 50年でこれだけになる! ガジュマルはタフな木です。


b0211627_18432654.jpg

滑っとした、複雑に曲がる幹 でも梢は空にまっしぐら。輝く葉は美しく。ガジュマルはエネルギ-に満ちた木だなぁ。私はガジュマルやアコウ、インド菩提樹のような熱帯・亜熱帯にある、イチジク科の木が大好きです。



b0211627_1846868.jpg


で、近くにあった このムラサキシキブのような木は何でしょう????




b0211627_1847242.jpg


b0211627_18473711.jpg


佐多岬灯台へ向かう 駐車場にはもっと大きな、どちらかというと巨大な? ガジュマルがありました。複雑な形でしたがやっぱり1本、下の写真で大きさが分かりますか?

太陽(=気温)と雨に恵まれた、カンボゾアのアンコ-ル遺跡では 巨大なガジュマル(の仲間の木)が遺跡を飲み込むようにの茂っていました。が、オ-ストラリアのケアンズから少し内陸に入った、アサ-トン高原で見た木を思い出し、ファイルを引っ張り出して載せてみました。



b0211627_18505751.jpg



b0211627_1849111.jpg


アサ-トンは亜熱帯林~熱帯雨林の高原です。上の木は 「Cathedral Fig Tree 」=「城のようなガジュマル」 です。 高さ35m、梢は50mx100mに拡がっている とてつもなく巨大なガジュマルです。下はそれよりも更に大きな 「 Curtain Fig Tree 」 です。 ガジュマルはほんとにパワフルな木。 自生ではないけれど、ガジュマルが見られる佐多岬はいいとこです。


 
[PR]
by ab300211 | 2012-04-13 18:51 |