森羅万象

<   2011年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

1747 ちょっとカンボジアの旅(29)ホ-チミン スケッチブック

b0211627_2032232.jpg



b0211627_20324973.jpg


フランス時代に建てられた中央郵便局  優しい曲線が溢れています。まだ現役の郵便局ですが、今日も観光客で賑わっていました。

b0211627_20363054.jpg




b0211627_20374684.jpg


市場にも行ってみました



b0211627_21125744.jpg



シェムリアップの市民市場で 「ビワに似た果物は何かな?」と悩んだ プラム・マンゴ-もありました。胡椒の実も山盛りで。ベトナムでもヨモギは食べるんですね。根か?茎か? マメ科の不思議植物が並んでいました。 大型のソフトボ-ルくらいあって 表面にはトゲトゲが付いている 真っ赤なのは ナンバンカラスウリでした。 これどうするんでしょうか 食べる?

ベトナム名物の干しエビも山盛りで、カニ(ノコギリカザミ?)も山盛りでした。




b0211627_21144768.jpg


右を見て 左を見て 今だっ!  渡れた~


b0211627_21154277.jpg


サイゴン川には海からやってきた大型クル-ズ船が停泊していました。





b0211627_21192586.jpg


b0211627_21195139.jpg


レストランのテ-ブルはおしゃれで  大抵の料理にはミントやパクチ-がお供してきます。

b0211627_2121220.jpg


晩ご飯を食べたレストランでは生演奏つきでした。小さな琴と、弓に弦が1本だけついた楽器で・・


b0211627_21213461.jpg


ベトナム民謡を聴きながら 生春巻きを食べました。




[PR]
by ab300211 | 2011-11-30 21:22 |

1746 ちょっとカンボジアの旅(28)聖母マリア教会へ

b0211627_20385094.jpg


ホ-チミンの繁華街にあるホテルの玄関を出ると市民ホ-ルが目の前に。おっ 今日もやっとるなぁ

b0211627_2042391.jpg


お幸せに~


b0211627_20542479.jpg
b0211627_2055291.jpg


フランス風とアジアの近代が入り交じった 緑濃い ドンコイ通りは 独特の雰囲気があります。 ホ-チミンには昨日の深夜に到着で もう今夜の深夜便で福岡へ帰りますが せっかくなのでブラブラ歩きをしてみました。

b0211627_210211.jpg

通りを聖母マリア教会へ歩いてみした。右は1880年創業のクラシックなホテル 「コンチネンタル サイゴン」です。ホ-チミンへ寄り道したのは たまにはオシャレな旅行をしてみたい。で、テレビの旅番組で見たこのホテルに泊まるためです。 

b0211627_219397.jpg

b0211627_21104417.jpg

b0211627_21112440.jpg

b0211627_2111468.jpg


b0211627_2113364.jpg


バイクに轢かれないよう注意しながら約5分、聖母マリア教会に到着です。


b0211627_21174537.jpg

b0211627_21185412.jpg


フランス風のほんとにきれいな教会です。


b0211627_21232042.jpg

教会を縦から横から撮り終わり、「ここにも居るかな?」 教会の横を回っていくと やっぱり居ました。 「いいですよ~」視線を貰ったので邪魔をしないように、邪魔してみました。

b0211627_21253527.jpg

b0211627_212678.jpg


お幸せに~


b0211627_21312150.jpg

b0211627_21321324.jpg

背は約170cmのスタイルル良し度136%!カメラマンを連れてポ-ズしてるこのお一人様の女性は???? 女優の卵かな? 

b0211627_21373083.jpg


ホ-チミンは美人が多いじゃろ~! ついでにお土産買っていかん?




[PR]
by ab300211 | 2011-11-28 21:52 |

1744 ちょっとカンボジアの旅(26)続続 市民マ-ケット

b0211627_16524211.jpg

ニンジン、唐辛子、パジャマ服・・・・きれいな赤が揃っていたので  撮ってみました

b0211627_16541313.jpg

カンボジアと言えばカボチャ。 ナス、トマト、トウモロコシ、ジャガイモ、カボチャ 唐辛子..... お馴染みの野菜達は コロンブスの大航海時代に世界に広がった野菜です。 日本には南蛮経由、中国経由で貿易品として入ってきたのでしょう。 薩摩芋は薩摩では唐芋で、中国経由。唐辛子は唐で中国経由。ジャガタラ(インドネシア)から来たから、ジャガイモ。 カンボジャから来たのでカボチャ

太いダイコン! よく見たら 夕顔の実でした。



b0211627_1754490.jpg



b0211627_1771841.jpg



b0211627_1775066.jpg


ウコンに・・・蜜柑の葉のようなのは何? 高菜の漬け物?

b0211627_1792687.jpg

さっぱり分からんなぁと歩いていくと 「おっ この ささがき した白い物は何? 細いけど蓮根の穴が」。

b0211627_1710161.jpg

ラオスやカンボジアはハスの国。蓮根はどうなっているんか?市場巡りを始めて あれから何年 (-_-)゜zzz・・・ ずっと探し続けていた 蓮根にやっと巡り会いました。

b0211627_17124260.jpg

お隣ではスイレン(ヒツジグサ)の茎、ささがき 準備中でした。


b0211627_171483.jpg

ライギョ 美味しいよ~ 


b0211627_17174334.jpg


肉 魚は市場の後側に。 ナマズ、フナほかキリがないほど各種の魚が並んでいました。ついでに、タニシ、カニ 日本では淡水魚はあまり食べませんが、東南アジアでは主役です。
 
b0211627_1720471.jpg

旨そうやね~ 腹へったなぁ 焼きバナナでも買お 


b0211627_17204996.jpg



b0211627_17211349.jpg


市場の向かいで待っていてくれた クロマ-がビシッと決まったツクツク屋さんです。焼きバナナでも食べません? はいありがとう。で、市場はどうでした? 宝の山だったけど、山が大きすぎ、一合目までも登れんかった~。



[PR]
by ab300211 | 2011-11-21 18:10 |

1743 ちょっとカンボジアの旅(25)続市民マ-ケット 

b0211627_124814.jpg

正面右は果物店がならび・・・今度は右に曲がって建物の横に行ってみようとしたら・・バイクは走る、人は多いで 大混雑

b0211627_1147739.jpg

やっと視界が開け。両側には雑貨、食料品、野菜屋さんが並んでいました。

b0211627_11483360.jpg

どこにも居る、シジミの天日干し屋さんですが、右の大柄のおばちゃんのクロマ-の巻き方がすさまじく ,
売り手のおばちゃんは帽子に流行中のマスク  後の若者は いま風で と服装は多彩なとこも面白く


b0211627_11491521.jpg

売り場が広い野菜屋さん。日本でもお馴染みの野菜が並んでいました。

b0211627_11513215.jpg

葉っぱ屋さんが もの凄く多く。ずらっと並んだ香野菜(ハ-ブ類)。なお、手前 白くて丸いのは茄子、左端の茎は、ハスイモの茎のようです。野菜の種類は果てしなく多く
カンボジア人は 「毎日野菜をたっぷり食べないと死んでしまう」 くらい野菜好きなんだそうです


b0211627_1154250.jpg

ええっと 何の料理か忘れましたが、何かの炒め物。黄色はショウガ。そして、どんな料理にも香り葉っぱが散らしてあり。この生の葉っぱも 食べるべきか やめとくか が悩みの種です。もう手遅れですが、今のところ、寄生虫は同居してません。 

b0211627_11543330.jpg

こちらは、イカの野菜炒め。緑の丸い粒は噛むとピリッと辛い コショウ でした。

b0211627_11553036.jpg

料理の酸味づけに使うレモングラスも山盛りで。 日本料理は繊細というのがキャッチフレ-ズですが、それは素材が貧相な言い訳。 多彩な野菜が登場するカンボジア料理は味の交響曲、美味しくてご飯がすすみます。

市場に続く路地があったので そっちへ入ってみると・・・・

b0211627_11572088.jpg



b0211627_11582297.jpg


b0211627_11591587.jpg


b0211627_1202664.jpg


道の両側に 限りなく色んな店が並んでいました。市場は勝手に広がって、増殖中でした。なお。男の服装は似たりよったりですが、女性のファッションは各自個性的なところが面白く・・・・路地にかまっているときりが無い!ので いい加減で切り上げて 市場に戻りましたが・・・

b0211627_126283.jpg

その途中で妙におしゃれで 違和感がある一団に遭遇。何しとるんかな?と尋ねてみると

b0211627_1222823.jpg

JICAの日本人と協力して働く地元のカンボジアの人達、カウンタ-・パ-トナ-、達でした。用紙を持って暮らしぶりのアンケ-ト調査中でした。 「おばちゃん幸せ?」 「もうちょっと儲かったら幸せなだけど・・ええイヤリングしとるね~」  長袖の上着も着て相当な おしゃれ隊員でした。

ということで、路地に寄り道していたので 次回も市場の紹介を続けます。


[PR]
by ab300211 | 2011-11-20 12:06 |

1742 ちょっとカンボジアの旅(24)市民マ-ケット

市民マ-ケット(プサ-・ル-)を見学してみました。プサ-はクメ-ル語で市場。中東ではバザ-ル、インドネシアでは パッサ-ル、日本のPTAはバザ-、語源は同じかな

b0211627_1630252.jpg

マ-ケットは市の中心から東へ、約2キロ ツクツクで行ってみました。 風をきって走る展望度100%のツクツクは好きです。

b0211627_1633272.jpg
 
あっという間に到着しました。左が市場、右の道路は国道6号線です。

b0211627_1635932.jpg

道路の向こう側には商店ビルも。10年前は6号線は舗装が終わったところで、走ってるのはトラックに自転車、牛がのんびり歩いていたんですが、同じ場所とは思えないくらい変わっていました。

b0211627_16385560.jpg

マ-ケットは平屋建てで ここが玄関口のようです。10年前はまだ建設中で、やっと念願が叶いました。その国の自然や暮らしがよく分かるので 市場ファンです。

b0211627_16423290.jpg

バイクだらけですが、駐車場には車もいっぱい。これくらいの高級車も普通に見かける今日この頃。この10年のカンボジアの発展は驚きです。


b0211627_1721085.jpg

b0211627_173413.jpg


駐車場あたりは、いろんな店が勝手に店開き。 これがカンボジア名物 シジミの天日干し屋さん。赤がカラシ味、白が塩味です。 カンボジアのシジミは丸々と太っておりますね~

b0211627_1765818.jpg

青空食堂も開業中で・・・これでご飯食べたら美味そう~

b0211627_1793348.jpg

b0211627_1795952.jpg

フランス仕込みのカンボジアのパンは美味い。パンケ-キは?ヤシ味で甘く・・・

b0211627_17111627.jpg

中に入ると大変なことになりそうなので、建物をグルッと 取り囲んで並んでいる生鮮食品を見て回ることにしました。

b0211627_17168100.jpg

パジャマとどう違うのか?に悩んでしまう 最近 流行しして普段着ファッションです・・・  (-.-;)y-~~~

b0211627_17204929.jpg

b0211627_18112718.jpg




右手には果物屋さんが ずら~っ と並んでいました。 ドリアン、サラック、レンブ(ジャワ太桃)、リンゴ(中国製?ニュ-ジラン製?)、ミカン、シャカトウ、リュウガン、マンゴウ・・・・

b0211627_17273861.jpg

サラック椰子の実。旬のようで山盛りで並んでいました。。囓るとカリカリの歯ごたえで、美味しいのか そうでないのかよく分かりません。が、食べ過ぎると便秘になるそうです ほんと~か?

b0211627_17305435.jpg

まん丸でで色が紫色が面白い スイショウガキ gulaさん これどんな味なんですか?

b0211627_17335984.jpg

竜顔の3倍、ライチの2倍は 美味しいランブ-タン 後はミカン、日本のように甘すぎず すっぱいとこが好きです。

b0211627_17364120.jpg

豆科で大木になるタマリンド。この季節は果物扱いで売られていました。 干し柿の甘さと舌触り。タマリンド味の飴もあります。 熟す前の緑のときは 酸っぱくて レモングラスとともに、料理の酸っぱい味の素です。

b0211627_17431570.jpg

b0211627_17434656.jpg

このビワにそっくりなのは何??? アカタネノキ? と しばらく悩んでいたら  おばちゃんが 食べてみ とくれました。 甘い!! 何でしょう?
果物王国東南アジア この調子でやっていたら 果てしなく続き いつまでも終わらず  次回は野菜の部に移ります。


その後「東南アジア市場図鑑」という本を見ていたら、このビワが載っていました。 プラム・マンゴ-と呼ばれている、小さなマンゴ-と分かりました。


[PR]
by ab300211 | 2011-11-17 17:50 |

1741 秋吉台 センブリ ウメバチソウ

b0211627_1825872.jpg

なんだかんだと言ってる間にもう11月も半ば。秋の終わりですが、秋吉台ではニいつもの花がいつものように咲きました。


b0211627_1835958.jpg

今年のムラサキセンブリは やや背丈が低くく、広がり具合にやや難ありですが、豊作です。


b0211627_185377.jpg

何事もほどほどが一番ですが、ムラサキセンブリは程度ということを知らず・・・・

b0211627_1854114.jpg

控え目でもきれい。 昭和30年代?までは近くの学校の生徒は、学校の資金作りのため、年に一度だけ秋吉台でセンブリを採りしていました。(=学校の行事)。 往年の小学生に会ったら「これはオニセンブリと呼んでいたよ」 と言ってました。が、見る分にはいい鬼です。

b0211627_1871227.jpg

こちらが お役立ちの鬼でないセンブリです。花は一回は小さく、背丈も低く


b0211627_1881477.jpg


b0211627_1895425.jpg


昔は日本のどこにもあったセンブリですが最近は生える場所も減って・・・草刈りと山焼きが続く秋吉台では健在です。

b0211627_1812231.jpg


b0211627_18125591.jpg


b0211627_18135545.jpg


秋吉台のウメバチソウは花1個が多く、花いっぱいの大株が少ないのが残念ですが、草丈の低い場所を探すと星のようにあり・・・・どう撮っても、誰が撮っても 絵になるウメバチソウです。



香川県は四国の玄関口、交通の要所、どこに行くのも便利な場所です。先週その玄関口の真ん中の丸亀在住で かねてよりネット交流中の まっ黒さんから 「秋吉台と角島に行きます・・・」 との連絡があり 朝5時半に出発、高速道路経由で テキパキと ご一行様4名がやって来て、秋吉と角島などを見物し 無事帰国しました。

四国では 讃岐の人は機敏と言われています。 幕末にアメリカに行った咸臨丸の乗組員は香川の塩飽衆。讃岐は決断力と行動力の冒険野郎の国なんでしょうか。 ついでに、讃岐の隣の阿波の国は謎です。いごっそうの土佐は我が道を行く独立国・・・私の故郷の 海山のよろしき国 の伊予人は?????? 坂の上の雲人です!

[PR]
by ab300211 | 2011-11-14 18:14 | 植物

1740 ギンカ(銀貨)クラゲ

ダルマギクが咲く益田市の浜辺で、最初に気がついたのは、波で打ち寄せられて、砂浜に線のように並んでいた、丸い物体です。 

b0211627_1719895.jpg


b0211627_17205484.jpg


やった~!!青に囲まれた牛乳のフタのような生き物が打ち上がっていました。大きいのは5cm以上、数ミリの小さいなのもありました。

b0211627_17211895.jpg


b0211627_17223644.jpg


触るとちょっと柔らかな クチクラでできた殻  その下に本体があり  ブル-は触手。触手には毒がありますから、触らないように致しましょう。

b0211627_20312567.jpg


この殻を銀貨に見立て ギンカクラゲ と呼ばれているクラゲです。暖かな海流に乗って、プカプカと漂って暮らしています。普通は黒潮に居て、太平洋に面した、浜辺に打ち上がってきます。が、たまたま黒潮の支流、対馬海流に紛れ込んで、日本海へ入り、強い風で浜辺に漂着することがあり・・・・ギンカクラゲを見たのはこれで2度目。冬の日本海の浜辺は、タカラガイやカイダコやこのギンカクラゲのような南の国からやってくる生き物が漂着し、それを発見する楽しみがあります。


[PR]
by ab300211 | 2011-11-12 17:23 | 動物

1739 ダルマギク 北へ

長崎県の平戸から、玄界灘、山口県の海辺の岩場で晩秋に咲くダルマギク。山口では西端の角島から、島根県との県境まではありますが、それから北の島根県はどう? ネットでみると隠岐島にはあり。ですが松江への方への海岸は不明。目立つ花だし あれば誰かのブログにでも載ってるはずですが・・・島根県の西の端、益田市辺りを探索してみました。

b0211627_1742163.jpg


益田市は、津和野経由で家から1時間20分。益田から浜田市の方へ約15キロ、 唐音の岩場に行ってみました。

b0211627_1751873.jpg


ダルマギク好みの場所なので、あるならある はず。ですが姿なし。ホソバワダンは花盛でした。「浜田では見ず」の便りもあったので、北上は止め、益田市に引き返し 山口県の方へ、走ってみました。

b0211627_1758474.jpg

益田の市街地からすぐに 浜辺への道があったので、降りてみると、可愛らしい小岩が並んでいました。

b0211627_188265.jpg

打ち寄せる波が素晴らしく、浜の砂も美しく・・・波打ち際を小岩の方へ歩いて行くと  ありゃ!

b0211627_18111280.jpg

大きな波がくると洗われる 小岩の上に青と黄色  ホソバワダンとダルマギクが咲いていました。

b0211627_18144538.jpg


b0211627_18154831.jpg


b0211627_18162097.jpg


b0211627_18164753.jpg


土もない崩れかかった花崗岩に しがみつくように生えているダルマギクは満開でした。

b0211627_18175741.jpg


堤防のすぐ側にも小岩があり ホソバワダンの黄色のパッチワ-ク

b0211627_181838100.jpg


b0211627_18191440.jpg


パッチワ-クの間には ダルマギクがしっかり根を張っていました。白花もあるか。・・・・地元の人は知っているかな?と気になりましたが、平戸からここいら辺りまではダルマギクが頑張っているのが分かりました。

b0211627_1820044.jpg


撮っても撮っても撮り足りない 風景の力に圧倒される浜辺でした。


[PR]
by ab300211 | 2011-11-11 18:20 | 植物

1738 ちょっとカンボジアの旅(23)オ-ルド・マ-ケット辺り

b0211627_1691869.jpg

外国人旅行者も集まる街の繁華街、のランド・マ-クになっている オ-ルド・マ-ケット。かつては市民のマ-ケットで、魚、肉、野菜、洋服、日用品店などがすし詰め状態で入っていて 人いきれ度125%、あまりの蒸し暑さで、倒れそうになりました。が、現在は郊外に大きなマ-ケットができ、そちらが市民のマ-ケットに。で、こちらはオ-ルドマ-ケットと呼ばれています。が、魚、肉、野菜、洋服、乾物など日用品も売られ、それに混じってお土産店がいっぱい並んでいます。


b0211627_1621913.jpg

b0211627_16215045.jpg


米屋さんの手前 椰子の葉で作ったカラフルな容器は、アモックや胡椒など、香辛料。「このクロマ-きれいね~」 そこの日本のおねいちゃん達 3枚10ドルは高過ぎだよ~    (-.-;)y-~~~ もっと頑張らなぁ

b0211627_1629853.jpg

おっとバイクか~  カンボジアは貧しいと言えば貧しいんですが、お金さえあれば何でも手に入り 困る事なし。若者のこれくらいの服装は普通です。

b0211627_1644963.jpg

b0211627_16462258.jpg

よっしゃ~ 今日はこの辺りで昼飯でも食べてみようか  それにしてもツクツクは暇そうやね~

b0211627_1648944.jpg

焼きめしできあがりです  完全に観光客喜ばせスタイルやね  レストランより食堂が好きです。

b0211627_16512416.jpg

外国人観光客が集まる オ-ルド・マ-ケットの辺りは こじゃれた店も多いのですが、あまりウロウロした事なし

b0211627_16533834.jpg

ちょっと裏通りに入ってみると なかなかええ感じやね~  アクセサリ小物店やおしゃれ洋服店が並んでいて

b0211627_1657163.jpg

そんな事も知らんかった~ 遅れとるニャ


b0211627_1722280.jpg

こういう店ではワインでも飲みながらゆるゆるとディナ-なんかな。と、歩いていくと

b0211627_175331.jpg

熱いカンボジアの昼下がりは絶好の昼寝タイムなんですが、その水槽の 「ノ- ピラニア」 は何やねん

b0211627_1775883.jpg

お~ これかぁ ピラニアじゃないね。 足の皮膚 掃除屋さんでした。 夜は結構人が来て繁盛なんですが・・・ みんな足に防虫クリ-ムなんか塗ってるから 魚がドンドン死ぬんです~   特にヨ-ロッパ女性がいかんのです (-.-;)y-~~~  そうくるか! どんな商売も大変やねぇ 


[PR]
by ab300211 | 2011-11-09 17:19 |

1737 ちょっとカンボジアの旅(22)シェムリアップ川

街の真ん中を流れる ちょっといい感じの シェムリアップ川を探索してみました。

b0211627_16555921.jpg


こちら側が右岸。2001年に来た時は、川岸を歩く朱色の僧の列、夜が来ると岸辺には屋台が並び、その灯りを見て はるばる来たなぁカンボジアと思ったものでしたが、 そんな雰囲気は消滅。岸辺も道も整備され 公園のようになっていました。

b0211627_1721752.jpg

2001年には赤土の泥道だったのもきれいな舗装道路に その両岸の並木の道の雰囲気も棄てがたく・・

b0211627_174675.jpg

b0211627_1746425.jpg


ゆるやかに流れる水 岸辺の木陰は心地よく 巾30mくらいの川ですが 雨期になると川から水があふれ出し街が浸水・・・最近(2011年11月)タイの首都バンコクの洪水が話題になっていますが、10月にはシェムリアップも洪水になったそうです。 東南アジアの洪水は 堤防決壊で濁流が ではなく 高低差がない街に水があふれ出しタイプなんです。しかし、水の国ですからのその量は半端でなく 結果的に大洪水に

『翌朝は目を疑うような大洪水となっていました。特にワット・ボー地域は氾濫した川の水をまともに受け,最後まで水が引きませんでした。我が家は2階部分にあるので沈没はしていませんが,一歩外に出たら私でも胸までの水。』 ・・・・ワット・ボ-田中千草さんのメ-ルより

b0211627_1855296.jpg

b0211627_1862719.jpg

b0211627_1875320.jpg


緑濃い左岸も美しく・・・ 緑の中に埋もれるように こじゃれたカフェやレストランがあり。 梢は空にの大木はフタバガキやマメ科の木が多く・・・道にジャスミンのような花が落ちていたので見上げると

b0211627_1814129.jpg


頭上はるかな梢に 花が咲いていました。名前は?・・・名前は・?・・ラオスの旅のどこかに載せた木。

b0211627_18174548.jpg


20082009年のラオスの旅 1573、ルアンプラバンのプ-シ-ホテルのところに載せたんと違う! ありがとう そうです。

この美しき河畔から 国道六号線をこえ 上流へ1キロ辺りのホテルに泊まっていましたが、ホテルから100mの裏通り沿いに シェムリアップ川があるのに気づき 行ってみました。

b0211627_18265462.jpg

b0211627_18285214.jpg

裏通りだから何もない。と、思っていたら 日常雑貨から生鮮食品、用品店から携帯屋さんまでのたいそうな商店街があり 賑わっていました。 下の写真はお供え用の花ですね。

b0211627_18331879.jpg


ゴミだらけの岸を降りると・・・・ これがカンボジアの普通ですが・・・ ちょっと前の日本もゴミだらけだったので余り 驚かず

b0211627_18361042.jpg

b0211627_1839132.jpg


1キロ下流とは様相がだいぶん違っていました

b0211627_1840306.jpg

b0211627_1841112.jpg


魚釣りはええけど・・・この水で 水浴びはちょっとなぁ~  

b0211627_18512950.jpg

そんな事にはお構いなく ヒツジグサの花が咲いていました  人間も生き物も みんなタフやね~

b0211627_18551942.jpg

b0211627_18555296.jpg

この日も暑く 街角の砂糖キビ・ジュ-ス屋さんが繁盛していました。



[PR]
by ab300211 | 2011-11-05 19:09 |