森羅万象

2148 花の作られ方

b0211627_15485350.jpg


明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。今年の最初の記事は我が家の庭からの話題。

b0211627_15504693.jpg

b0211627_15511061.jpg


我が家の庭にはヤブツバキと変な椿があります。変な椿は雄しべが、まん中でなく、いろいろな位置の花びらの間から、好き勝手に出てきます。
植物の基本の構造は、根と茎と葉。花は花葉と呼ばれる組織から葉から造られる器官。先ず、葉から花の素の組織が作られ、その数や方向性が決定され、最後にそれが花びらになるか?雄しべや雌しべになるかの組織の性質が決定されます。例えば、エンドウ豆のツルは葉が変化して造られます。
我が家の変な椿は、最終段階が不安定で、花びらになったり、雄しべになったりして、こんな椿になるのでしょう。
ヤブツバキは花の作られ方が安定していて、どの花も、いつもヤブツバキ。

b0211627_164278.jpg

b0211627_1644215.jpg


Home

b0211627_165091.jpg


b0211627_16403620.jpg


花は優しくてきれい。というイメ-ジがありますが、電子顕微鏡で見ると、動物に負けないダイナッミックさに溢れています。↑はオオイヌフグリの花びら。
[PR]
by ab300211 | 2016-01-04 16:07 | 植物