森羅万象

2135 お宮のドングリ

b0211627_16425625.jpg


そこらの自然はどこにもある。遠くの自然より近くの自然を大切にすることが自然や人の暮らしを守る。を、信条にして、そこらの探検家と名乗って、すすんできた森羅万象。今日は家から150歩の、八幡宮にドングリを観にいってみました。


b0211627_16431355.jpg

b0211627_16434342.jpg


ツクバネガシは今年は不作。

b0211627_16441014.jpg


ツブラジイは例年通り、実が落ちていました。

b0211627_1648325.jpg

b0211627_1645825.jpg


アラカシは今年も豊作。クヌギやコナラは終わっていました。

b0211627_16453821.jpg





b0211627_1645585.jpg


家にはドングリのコレクションがあります。これは札幌で拾った外国産種の「アカナラ」。帽子(殻斗)は可愛いベレ-帽。


b0211627_16462041.jpg


日本のドングリで一番大きいのは、クヌギを一回りくらい大きくした 「オキナワ(沖縄)ウラジロガシ」。 1997年に石垣島の隣の西表島で拾いましたが、まだ、ビクともしない頑丈なドングリです。

Home
[PR]
by ab300211 | 2015-11-22 16:48 | 植物