森羅万象

2120 ウメバチソウ

b0211627_1657278.jpg




b0211627_1657287.jpg


10月18日の日曜日、higeさんとkさんと私の雨男三人組が ガイドを務めて、秋吉台歩きがありました。秋のシ-ズン到来で4組の団体さんに遭遇。当日は好天に恵まれて暑く、汗まみれになって、何とかガイドを務めることができました。ウメバチソウ、センブリ、ヤマジノギク、サイヨウシャジンなどは見頃になっていました。

b0211627_1658164.jpg



b0211627_16582271.jpg

b0211627_16585488.jpg


日本では「ウメ」という字が、西洋ではユリ、バラが いろんな植物に与えられています。相当昔に、家族でイタリアに行った時、簡単な植物図鑑を思わず購入。日本では簡単な図鑑にはヘタくそな絵が使われていますが、西洋では図鑑などの絵は高く評価されるらしく、極めて素晴らしい図で描かれています。その図鑑にはウメバチソウが載っていました。ウメバチソウは世界に広く分布してい植物のようです。


ウメバチソウの学名は、Parnassia palustris
Parnassiaはギリシアにある山 Parnassusは「パルナッソス山の(標高2457m)」。palustrisは「沼地を好む」




b0211627_16593840.jpg

b0211627_16595962.jpg

b0211627_170247.jpg


歩きながらウメバチソウを撮ってみました。草丈の低い、日当たりがよい場所を好むウメバチソウ。しばらく秋吉台ではウメバチソウが楽しめそうです。

Home
[PR]
by ab300211 | 2015-10-21 17:01 | 植物