森羅万象

2102 ウラギンシジミ(7)羽化して旅立つ

b0211627_2171676.jpg

b0211627_2175331.jpg

b0211627_2182725.jpg

b0211627_2185033.jpg

b0211627_21953.jpg

b0211627_2192720.jpg


7月28日に偶然捕まえたウラギンシシジミの3齢幼虫を葛の花をやって飼育していたら、 8月4日に蛹になって、何時羽化して蝶になるか楽しみに待っていたら意外に早く羽化して蝶になりました。今朝10時に見たら、蛹の色が焦げ茶色になっていました。12時に見たら、既に羽化して翅も伸びて蝶になっていました。羽化の様子を見逃してしまいましたが、無事に成虫になったので安心しました。蝶はオスのウラギンシシジミでした。

b0211627_2194884.jpg

b0211627_2110399.jpg

b0211627_21103777.jpg

b0211627_21115834.jpg

b0211627_21121534.jpg

b0211627_21123228.jpg

b0211627_21125082.jpg

b0211627_2113531.jpg

b0211627_2113211.jpg



飼育の為に餌の葛の花を採りに行って見つけた、No. 2のウラギンシシジミの幼虫は4日の間に二回、脱皮して、5ミリほど体長が2センチを超え、もうすぐ蛹になりそうな感じ。餌の葛の花を見たら幼虫だらけ、卵もかなりあって、見る度に幼虫の数が増えています。と、言うことでウラギンシシジミの紹介を終わります。

Home
[PR]
by ab300211 | 2015-08-09 21:14 | 動物