森羅万象

2074 オオカナメモチ咲く

家から自転車で10分の市民の公園、維新公園に行ってみると、全身が真っ白な木がありました。近づいて見ると、オオカナメモチでした。こんなに豪華な花が咲くのを知らず、不覚と反省しました。
オオカナメモチは生け垣になってよく見かける、カナメモチの仲間。図鑑を見るとカナメモチは東海地方から以西~東南アジアに分布。オオカナメモチは日本では「山地に希に生える、常緑樹」で東南アジアに多いらしく?、より暖かい地が好きなようです。

b0211627_17105880.jpg

b0211627_17111522.jpg


木全体が直径10cm以上のアジサイ状の花(花序=小さな花の集合)に覆われてていました。微かに刺激的な香りもしてハチやアゲハチョウに人気があるようで、写真を撮っているとたくさんの虫たちが飛び回っていました。

b0211627_17191231.jpg

b0211627_17195991.jpg

b0211627_17215448.jpg

b0211627_17224154.jpg

簡単デジカメだったのでこれで精一杯の写真です。が、ハチは? 下から二枚目はアオスジアゲハ、一番下はアゲハチョウです(後が雄、前は雌)。

公園の一角にはナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)の木も植えられていて、今年は意外なほど早く咲き始めていました。


b0211627_17335747.jpg

b0211627_1734958.jpg


が、「行革」「経営合理化」式の維持管理がされているようで、年々、ナンジャモンジャの木は、情けない姿になってきたようで、心配です。


[PR]
by ab300211 | 2015-04-26 17:34 | 植物