森羅万象

2064 角島のダルマギク-2014

日本の海辺にはハマギク、イソギク、ノジギク、サツマノギクなど その地方にそれぞれ個性的なキクが生えています。
山口県はダルマギクです。対馬海流が流れる、長崎県の五島列島~島根県(益田市)の日本海の岩が多い(岩だらけの)海岸にあるキクです。毎年同じことを書きながら、飽きない性格なので、今年も角島にダルマギクを見に行ってきました。

角島のダルマギクの見頃は11月の第1週目くらいですが、ご近所のNさん家のダルマギクは10月初めに咲き始め「今年は早めに咲くかな?」の時、『日曜日(=10月26日)は角島でダルマギクを堪能し、H市で宿泊して、昨日帰ってまいりました。1000キロ余の旅でしたが、思い出深い旅となりました。』とのメ-ルが徳島のTさんから届いたので、少し早目の10月31日に角島に出かけてみました。



b0211627_12131872.jpg

10月31日は、朝から「今にも雨が降りそうな」曇り空。家から1時間半で、角島大橋に到着。あいにくの曇り空で、角島大橋の海の色は碧色でなく、雨粒も落ちてきたので、角島大橋はパスして、3年ぶりに 牧崎風の岬に 急いで行ってみました。

島の北西にある牧崎は、いつも強い海風が吹いて「風の岬」と呼ばれています。風の岬に着くと、海岸には大きな波が打ち寄せるはずなのに、いつもの風も無く、波も無く意外な風の岬でした。しかし、ダルマギクは満開でした。その日に行き会わせた事に感謝しました。


b0211627_12324744.jpg

b0211627_12333341.jpg

b0211627_12335760.jpg

b0211627_1234195.jpg



水気もない乾燥した場所で、海水がかかるような磯の岩場で、土もない岩の間でも平気で生えています。水がなくても、栄養がなくても、青々と横に拡がって。きれいな花の見かけとは違って、タフなダルマギクです。

b0211627_12371934.jpg

b0211627_1238383.jpg

b0211627_12392126.jpg

b0211627_12425113.jpg

b0211627_12443553.jpg

b0211627_12461679.jpg

b0211627_1248093.jpg



[PR]
by ab300211 | 2014-11-10 12:50 | 植物