森羅万象

2053 また来たカンボジアの旅(10)アンコ-ル観光

2月22日(土)は今回の旅行の最終日で、初めての休息日。今夜のホ-チミン行きの深夜便まで(シェム・リアップ発 21:00)時間があったのでアンコ-ル観光をしてみました。

b0211627_1031626.jpg

b0211627_1031143.jpg

ホテルを8時0分に出て、アンコ-ル・ワットの入り口の南大門に到着。この狭い門を入って、真っ直ぐ行くとバイヨン寺院。この日も観光客の人並みでゴッタがえしていました。かつては、大型バスもこの門から入っていましたが、今は入門禁止。ツクツクや小型自動車は入門可。

b0211627_10383588.jpg

b0211627_10393638.jpg

「神々とアスラ(阿修羅)の群れとの両者で大海(乳海)を攪拌すれば、甘露(アムリタ)が出現するであろう。神々よ大海を(乳海を)攪拌せよ。そうすれば、一切の薬草、一切の宝石を得た後、甘露(アムリタ)を得るであろう」の大ヘビ(ヴァスキ-竜王)を綱に大海を攪拌する阿修羅像。

b0211627_10495965.jpg

南大門を入ってまっすぐ行くとバイヨン寺院に到着。その途中の道。カンボジアの土は赤い。かつてはポルポト派は「クメ-ル・ル-ジュ(カンボジア+赤い)」と。

b0211627_1054305.jpg

b0211627_10552737.jpg

b0211627_10554899.jpg

b0211627_10571218.jpg

b0211627_10573721.jpg


バイヨン寺院は何度も行ったので、像のテラスが見える、駐車場で運転手君達と会話(英語で)をしながら、皆んなが来るまで休息。

b0211627_115535.jpg

b0211627_11685.jpg

b0211627_1162274.jpg

b0211627_1182190.jpg

タ・プロ-ム。
「タ・プロ-ムはバンテアイ・クディの西隣。12世紀に建てられた、敷地1000x700m、僧の数だけで5000人の寺院都市、今はほとんどが消え去り 僅かに中央部分残るだけ。ですが、日本人に最も人気がある遺跡です。」


b0211627_11214961.jpg



「下が一番迫力があるスポアンです。初めて見たときは、「夜は歩いてるかもしれんなぁ」 と思いました。その時は未だニコンF2だったので、三脚を据え30分くらいここで写真を撮りましたが、30分の間に来た観光客はたったの5人くらいで静かな時間が流れ・・・この木は襲ってこんやろうね・・・と思った、怖いような迫力がある木です。こんな木を育てるカンボジアの森すごいなぁと思ったのでした。

どのようにしてこうなったかは 分かるような気がします。 地面から生えて大きくなったのではなく

タプロ-ムが放置されると荒れてきて、
①屋根の上に土が貯まったり。草が生えたり  ②そこにスポアンの種が落ちて発芽 ③細いながらも頑張って根を下に伸ばす ④小さくても頑張って根を降ろし続ける ⑤地面に根がつくと、根は地中に入り ⑥根から水や栄養を補給して、安心状態で成長し始める ⑦やがて巨木になった と思うのです (たぶん正しいぞ99%)。」
 -1689より

の巨木もやせ細っていました。


b0211627_11274293.jpg

アンコ-ル・ワット前のインド菩提樹

b0211627_11321313.jpg

b0211627_11335454.jpg

b0211627_1141658.jpg

b0211627_1135216.jpg

b0211627_11352662.jpg

13時からはアンコ-ル・ワット観光の2月22日でした。


[PR]
by ab300211 | 2014-06-26 11:12 |