森羅万象

2044 ギンリョウソウの咲く森で

「小学生の頃、山で遊んでいて、初めてギンリョウソウ(銀竜草)を見たとき 「一体これは何???」 の衝撃で、思わず学校に持って行きました。が、「これはギンリョウソウ どこでも生えているよ」と友達から言われて、みんな物知り~と さらに衝撃を受けました。」
連休の頃は、その 「ギンリョウソウが咲きました!」 と テレビや新聞で話題になっています。が、いつもの散歩コ-スの兄弟山では、いくらでも咲いています。

b0211627_1871887.jpg

b0211627_1873979.jpg

b0211627_1871540.jpg

たまに日が差し込む、やや薄暗い、カシやシイが生い茂った、落ち葉が積もった 兄弟山の照葉樹林の森では、ギンリョウソウが地面に現れて、花がいっぱい、咲いていました。 「きれい?と不気味?の中間くらいの、特に感想がでてこない不思議植物です。」というギンリョウソウです。

b0211627_1891125.jpg

ギンリョウソウが咲く森の一角では、数十本(30本くらい?)のカシの木の根が板根になっていました。 板根(ばんこん)は「 幹の下部から出る根の上側が幹にそって板状に突出するもの。根が伸ばせなくなった樹木植物が支持材として発生させる。」 ・・・・板根は土壌層(表土)が薄い、亜熱帯や熱帯でよく見られます。
おそらく、この一角は、地下水が上の方まで上がってきて、湿地状態(表土が薄い)のためか?

ギンリョウソウが咲く森では、金ランも咲いていました。という、いつもの散歩コ-スでした。




b0211627_1811776.jpg

[PR]
by ab300211 | 2014-05-08 18:11 | 植物