森羅万象

2040 ハンカチノキ(ハンカチの木)

「中国南西部原産。自生地は標高2000mの林内」という、ハンカチノキ(ハンカチの木)を山口市内の仁保の緑化園に見に行ってみました。花期は「5月~6月」とされていますが、仁保の木は、わたしの誕生日(4月○○日)が近づく頃に、毎年咲いています。

b0211627_182818.jpg

b0211627_1825169.jpg

b0211627_1825549.jpg

ハンカチノキは、東京大学付属・小石川植物園に大木があって、有名になりました。が、今では全国各地に、植えられています。

b0211627_1874152.jpg

b0211627_1874547.jpg

b0211627_1884132.jpg

b0211627_1915111.jpg


花「雌雄同株。5~6月、直径約2cmの球形の花序が垂れ下がる。花序の基部には白いハンカチのような総苞片が2個つく。総苞片は長さ6~15cm」 花序=小さな花の集団?塊 。総苞=苞の集まり。 苞は花全体を包む、 葉が変形した器官です。それぞれの苞が、総苞片。ということで、ハンカチは花では無く、2枚の総苞片性(葉の変形-木綿や絹ではありません (-.-;)y-~~~)の小型の?ハンカチです。
花に見えれば問題なしっ! ドクダミ、コンロンカ、ブ-ゲンビリア、サトイモ・・・・・・・ハンカチノキ。騙しの花です。


b0211627_1836035.jpg

「バナナアケビ」  雌花に緑色のバナナが付いていました。



b0211627_18414117.jpg

b0211627_18415181.jpg

我が家のアケビ。紫色のバナナ? トキワアケビ(ムベ)にはバナナ無しです \(^o^)/

[PR]
by ab300211 | 2014-04-22 18:43 | 植物