森羅万象

2028 草山のアオモジと九州(大分県)

b0211627_1722848.jpg

b0211627_1724910.jpg

b0211627_1731319.jpg


アオモジは岡山、山口、九州~沖縄、自然に分布する場所は限られているそうです。山口県では角島が近い、油谷辺りと山口市の限られた海辺で見かけます。 たぶんこの二つ地方が、天然のアオモジの産地と思われます。
優しいアオモジは、庭木として植栽され、また、切り花として利用されています。ヒトの手で移植されて、その後は種子で広がって増え、「野生です」 の顔をして、どんどん広がっているようです。

「アオモジの蕾が大きくなった」-by ゆうさん-画像が掲示板に届いたので、山口市の海辺の草山に行ってみました。\(^o^)/
しかし、蕾は未だ 淡い黄色のままで、花は少しだけしか咲いていませんでした (-_-)゜zzz・・・


b0211627_178572.jpg

画像をクリックすると、拡大画像に。

草山は、海辺に突き出して 視界は200度。上関半島~下関の、山口県の瀬戸内海の 全部?(90%?)が眺められます。水辺線上には 大分県の国東半島(右の緩いスロ-プ)が見えました。


b0211627_17122851.jpg

b0211627_17131619.jpg

上:姫島(ひめしま)は、大分県北東部の国東半島沖に浮かぶ島。
下:富士山型の山は 涌蓋山(わいたさん)、大分県玖珠郡九重町と熊本県阿蘇郡小国町にまたがる山。手前の左には鶴見岳、由布岳?も見えました?が、雲の中に隠れています。


b0211627_17454930.jpg

アオモジアは蒼い海を背景に咲くのが素晴らしく・・・後の島は 「祝島」-山口県上関町

祝島の神舞(かんまい)
「伝承によると今から千百十余年の昔、仁和二年八月(887年)、豊後伊美郷の人々(姫島)が山城国石清水八幡宮より分霊を奉持して海路下向中、嵐に会い祝島三浦湾に漂着した。当時この地には三軒の民家があったが、生まれる子供は体が弱く生活は苦しかったが、彼らは一行を心からもてなした。その時に教わった荒神を祭り、農耕(麦作)を始めたことにより、以後島民の生活は大きく向上。それからそのお礼にと、島民は毎年八月に伊美別宮社に「種戻し」に欠かさず参拝をした。そして4年毎に伊美別宮社(姫島から)から二十余名の神職、里楽師を迎え、本島を斎場として神恩感謝の合同祭事を行うようになった。これが神舞神事の起源である。
 神舞では三隻の神船を中心に櫂伝馬船等、百余隻に及ぶ大漁旗で飾った奉迎船が織りなす、勇壮な入船・出船の海上神事が行われ、古式豊かに三十三種類の神楽舞が新調の苫で小屋掛けされた仮神殿で奉納される。」


出船神事
「五日目最終日では、午前中、子供神楽が演じられ、その後、宿の旅立ちを祝う、宿の儀が行われ、還幸出お祭りの後、三柱の神は、御座船へと戻され、櫂伝馬船の先導で湾内をお供船と共に進み、伊美湾への(姫島
への岐路に着く・・・・・・・・神主と舞手を招き(姫島より)実施されるという特徴的な形態が、現在でも(平成25年に実施)継続されている点に大きな特徴がある。瀬戸内海における海上交通を通じた交渉史やそれが地域の民俗の形成に、及ぼした影響を考える上で重要な祭礼と言えよう」
-「山口県の 祭・民俗」より




b0211627_17404083.jpg

b0211627_17411990.jpg


お知らせ:超久しぶりに、飛行機に乗って、2178-263 マイルの南の国へ、暫く旅に行ってきます。-社長
[PR]
by ab300211 | 2014-02-13 17:42 | 植物