森羅万象

2025 1月29日の秋吉台

立春(2月4日)が近づいた、1月29日は朝から快晴で、気温も午後には15度に上がって、暖かな散歩日和だったので、超久しぶりに「秋吉台歩き」をしてみました。(少しだけ (-_-)゜zzz・・・)

b0211627_10522443.jpg

b0211627_10541567.jpg

b0211627_105522100.jpg


北山と冠山の間の遊歩道を歩いて、地獄台の麓に到着しました。

b0211627_11105144.jpg

b0211627_11103045.jpg


草原は完全に、枯野状態に見えます。が、まだ緑色の笹の葉が かなり多く (-_-)゜zzz・・・・・・ 山焼き(2月16日 秋吉台の「山焼き」は2月の第三日曜日) の燃え具合が少し(極小)心配に・・・
岩の上には小さな水溜まり。川も無く、地表に水が無い秋吉台。鳥たちの水飲み場に?


b0211627_11173489.jpg

b0211627_11173113.jpg

b0211627_11182231.jpg


地獄台には上らず、お手軽な冠山へ (-_-)゜zzz・・・  冠山からの眺め。ですが、新規購入の簡単デジカメは風景写真が、かなり苦手のようです。

b0211627_11232712.jpg

真面目に探すと、意外に多い、ストラマトライト(=化石)

ストラマトライト:積み重なって層状になって生きていた藍藻類(とその周辺)の化石です。 
「地球環境が穏やかになったので生物が誕生した」と思っている人は間違いです(高校の教科書をみてみましょう \(^o^)/)。 藍藻類が誕生するまでは(30億年前辺りか?) 地球は超熱い惑星でした。が、藍藻類が 熱い地球の素となっていた 大気中の二酸化炭素を吸収して光合成に使い 二酸化炭素が減少したので地球は熱いから、だんだん今の状態になっていったのです。 → 生物も地球環境をつくる主役だった!


b0211627_11274763.jpg

長者ケ森のヤブツバキは、やや遅れ気味?でしたが、きれいに咲き始めていました。



b0211627_11342271.jpg


家に帰ると、庭では、(越冬中のはずの)、キチョウが景気よく飛んでいました。 \(^o^)/ 鳥の囀りも賑やかになってきた、1月29日でした。 
[PR]
by ab300211 | 2014-01-30 11:39 | 風景