森羅万象

2002 京都、寺町通、鳩居堂

京都に4泊5日で上洛してきました。京都の町名や通りの名は多彩すぎて、長い名も多く、漢字力が無いと読めません。その上、タクシ-に乗ると 「吉祥院西ノ庄○○に行って下さい」と言っても「????」 。「西大路八条を下がって500mくらい行って下さい」。「はい 分かりました」 日本で、西洋のように、通りの名で場所表示するのは京都だけですネ。

b0211627_20483840.jpg

京都市役所が近い、河原町三条のバス停でバスを降りて、姉小路を入ると・・・

b0211627_20522767.jpg

寺町通りに出ます。ア-ケ-ド付きの商店街は地方都市ではシャタ-商店街になっています。が、京都ではまだまだ繁盛しています。

b0211627_2056491.jpg

寺町通は老舗で、伝統の店が多い商店街です。「西洋菓子商 桂月堂」の看板の下に横文字。さすが、新しい物好きの京都風です。 桂月堂の前から少し上がると

b0211627_2104525.jpg

鳩居堂に到着しました。お香、書画用品、はがき、便箋、金封、和紙製品、文具・・・で有名な鳩居堂は東京の銀座。と、思っていましたが、寺町通のこの店が本店でした。 歌舞伎の市川亀治郎(四代目市川猿之助)が司会をする旅番組で初めて知りました。 子供の頃から、鳩居堂や寺町通り辺りは遊び場だったようです。

b0211627_2194654.jpg

b0211627_21133327.jpg

b0211627_21142025.jpg

伝統の御所御用達商品です(写真撮りはお店の方に許可を貰いました)。が、この岩のような木の根っこは??? と考えこんでいると、中堅の店員が現れて 「これは沈香 インドネシア産でございます」 最近は良質の沈香は手に入りません。 で、お値段は168万円 (-_-)゜zzz・・・

b0211627_2120112.jpg

b0211627_21203663.jpg

京都の老舗のすごいとこは、伝統商品だけでなく、おねいちゃん好みの商品を新規開発しているところです。

b0211627_21235491.jpg

鳩居堂見学記念に  最近 物忘れがひどいのでメモ帖と若冲の絵はがきを購入。若冲は京都で大流行らしく、若冲の手ぬぐい、風呂敷・・・など各所で売られていました。


b0211627_21332826.jpg

寺町通を下って行くと・・・・松茸屋に遭遇しました。丹波産は今年は豊作のようです。の、時、向かいの漬け物家さん経営の食堂を発見しました。「松茸食べ放題1050円」 に惹かれて、入ってみました。 確かに松茸だらけの松茸ご飯でした。

b0211627_2138869.jpg

b0211627_21383494.jpg

昼食のあとは、錦小路を右手に見て、四条通りに出て、大橋の上から鴨川を眺めて帰宅しました。



[PR]
by ab300211 | 2013-10-16 21:29 | 風景