森羅万象

1992 センニンソウ、ボタンヅル

b0211627_1732642.jpg

b0211627_1742466.jpg

b0211627_1745856.jpg

9月になって急に、秋めいてきました。散歩コ-スの田んぼでは、早稲の稲刈りが始まりました。稲刈りをすると、飛び出してくるイナゴやバッタを狙って、鷺が待機しています。


b0211627_1791067.jpg

b0211627_1710015.jpg

b0211627_17102694.jpg

お盆すぎからセンニンソウ(仙人草)の花が咲いていました。8月は36度~38度コ-スの猛暑でしたが、その暑さを ものともしない、頑丈なセンニンソウ。9月になって急加速で花の数が増えてきました。蔓で木によじ登って、木を覆うように咲いています。
花の大きさは3cmくらいで、4枚の花びらのように見えるのはガクです。雄しべがいっぱいで、まん中に雌しべがあって、種子に髭のような毛が生えて=仙人の髭 で仙人草です。

b0211627_17183437.jpg

センニンソウより少し遅れてボタンヅル(牡丹蔓)が満開になってきました。遠くから見るとよく似ていますが・・・・ボタンヅルの方が、ごちゃごちゃと密集して咲いているので、何となく区別できます。

b0211627_17223285.jpg

b0211627_1723086.jpg

葉が牡丹の葉に似ているので 牡丹+蔓 ですが、4枚の花びら(ガク)がセンニンソウより短いので、花が小さ目。 学名では両方とも クレマチス。 日本語の名前は仙人草と牡丹蔓。 
「大仙人草」「小仙人草」という名前にしてくれたら ボタンヅル???? それ何?と悩まずにすんだと思うのですが・・・




b0211627_17324199.jpg

[PR]
by ab300211 | 2013-09-09 17:32 | 植物