森羅万象

1972 ヤマモモ酒

ネットを見ていたらヤマモモ(山桃)が載っていました。ヤマモモは、暖地の海辺を好む、常緑樹です。 昔から庭によく植えられ、また、公園樹や街路樹としてもお馴染みの樹木です。が、最近は、「落ちた果実が汚い! 足が滑る!」と文句を付けるクレ-マが居て、それを気にして役所も、果実が成らない雄木(ヤマモモの木は雄木と雌木があります)、町中では雄木が植えられる事が多く。・・・・「落ちた銀杏が臭いっ!」を気にして、イチョウ並木も雄木ばかり (-.-;)y-~~~
花が咲いたり、実が成る木を植えたら、生活に潤いも出るのに・・・とかなり残念です。 


我が家では20年前くらいに、果実酒がブ-ムになりました。『黒潮の香りがする』 ヤママモ酒も造りました。が、果実酒の問題は、「造った事を忘れてまう」で 瓶が貯まってきます。 久しぶりにヤマモモ酒を造ってみようっ!

b0211627_1658121.jpg

山口市でヤマモモ拾いなら、家から1.5キロの、陸上競技場、ラグビ-場、テニス・コ-ト、プラネタリウム付きの児童センタ-もあり、いろんな木が植えられている、広大な緑の公園、維新公園です。 ヤマモモは維新公園のあちらこちらに植えられていますが、一押しはテニス・コ-ト横です。

b0211627_1791518.jpg

b0211627_1795942.jpg

b0211627_17113584.jpg

もうヤマモモは熟れて、木の上に残っているのは半分以下?でした。ヤマモモを拾い集めている時も、風が吹くと、頭の上に ポコポコと落ちてきました。木の下に写っているゴミのような物は、全て、ヤマモモです。

b0211627_1743063.jpg


丸太のベンチの溝、お楽な拾い場所発見。の時 「アベさんっ!また、怪しい事やっとると、なかちゃっろうネっ!」  散歩中の、テニス仲間のYさんが通りかかり、見つかってしまいました。今は二人ともテニスはお休み中ですが、試合にも一緒によく出場しました。Yさんはパワ-・ヒッタ-でエ-ス級、わたしは ライジング・ボ-ル・ヒッタ-でB-ス級でした。が、それでも 足が速かった(テニスの基本は手で無く、足です 手ニスより足ニス)ので、トロフィ-やメダルは20個くらいは貰いました(市民テニス・レベルですが)

「これ食えるちゃろか?」 「はい問題なし」 喉が渇いていたらしく、Yさんは美味しそうにパクパク食べていました。 ヤマモモは僅かに酸味がある甘~い味です。 独特の香りがするので我が家の子供はあまり食べませんでした。

「ポリ・フェノ-ルが多そうな果実じゃね!」 今 妙に流行している ポリ・フェノ-ルはバナナでもリンゴでも、ほとんどの果物に入っています。


b0211627_17505589.jpg

ポリ・フェノ-ル系の色素が多い、ヤマモモを拾いの最大の欠点は 、手や靴、時には服が赤くなってしまう事です。

b0211627_17535878.jpg

b0211627_17543326.jpg

ヤマモモの実が熟れる頃になると、3軒隣のNさん家の ノウゼンカズラが咲いて、我が家ではキキョウが咲き始めます。

b0211627_17564367.jpg

その後、三日目のヤモモモ酒です。





ヤマモモは太陽の光が好きな、南の国に多い樹木です。Morris.さんの作品(歌集)の中に、このヤマモモ(楊梅)の歌があったので、断りもなく、勝手に載せてみました。

楊梅の實は常夏を壟斷す真紅の粒も日輪の澱

(楊梅やまももの實は常夏とこなつを壟斷ろうだんす真紅の粒も日輪の澱おり)

[PR]
by ab300211 | 2013-07-03 17:29 | 風景