森羅万象

1968 ヒメアカタテハの舞

散歩道のいつもの場所に、日本のどこでも見られる、ヒメアカタテハが居ました。ヒメアカタテハ(姫赤立羽)は世界のどこにも居るチョウです。アサギマダラの旅が妙に話題になっていますが、ヒメアカタテハも長距離移動をするそうです。
b0211627_1515484.jpg

クロ-バ-やレンゲのようなマメ科の花は、蜜を吸う、ハチやチョウに人気があります。花が密集しているので、まとめて蜜が吸えるのが人気の素かもしれません。では、ヒメアカタテハの舞です。

b0211627_15184074.jpg

b0211627_15194425.jpg

12時からスタ-トしてやっと6時を過ぎ こちらの方の花も咲いているので、あと半周するか

b0211627_15221414.jpg
b0211627_1525221.jpg

やっと一周したか、これで食卓の舞は終わり。

b0211627_15263812.jpg

b0211627_1527338.jpg

と思ったら 未だ廻る 下の方の花の蜜を吸いながらもう半周して、次のクロ-バ-に飛んで行きました。「ヒメアカタテハ]や「アカタテハ」の学名はVanessa 。ラテン語でチョウ、蝶。 ギリシャやイタリアの人は、チョウ? 「こういう姿形がチョウです」 と思っていたのでしょうか。


[PR]
by ab300211 | 2013-06-20 15:34 | 動物