森羅万象

1954 由布高原のエヒアヤメ

b0211627_20521363.jpg

もう3週間前の4月24日・・・大分県の人気の温泉、由布院の裏手の坂道を登っていくと、目の前に由布岳が聳えてたって見える、野焼きが終わって、淡い緑になった、由布高原に到着です。 こんな場所にには「何も無い」ように思えますが・・・

b0211627_20591017.jpg

b0211627_20593651.jpg

手の中に隠れてしまう,、小さなエヒメアヤメが咲いています。天然記念物になる、珍しいアヤメですが、由布高原には、点々と咲いています。 春が早かった今年はもう終わりがけでした。 イチリソウも咲いて・・・

b0211627_2145364.jpg

川の流れはありません。が、雨が降ったら流れができる窪地や岩陰にはサクラソウ。

b0211627_2112976.jpg

ニリンソウ、エンゴサク、バイカカリソウ、アケボノスミレ、オキナグサ・・・こちらは小さな花の、サクラソウの仲間の、最近増えてきた、ワダソウです。

b0211627_2116556.jpg
 
黄色のスミレは滅多に無いスミレですが、久住や阿蘇の草原には 、 「もう見たくない」 ほど、キスミレが咲いています。

b0211627_21205449.jpg

「今年も見たぞ」と安心した、由布高原のエヒメアヤメでした。


[PR]
by ab300211 | 2013-05-13 21:25 | 植物