森羅万象

1934 ヒサカキ 春の山の臭い

春が近い山に行くと「変な臭い」がする。これが春の臭いか!でも何の臭い?と子供の頃から、気になっていました。大人になって、「春の山の臭い」 の素がヒサカキの花のせいと、初めて知りました。

b0211627_15474072.jpg

これがヒサカキです。日当たりがよい、林の縁などに普通にある小さな木です。 公園や駐車場にも、刈り込まれた生け垣になって、よく植えられています。誰でも一度は見たことがある木です。

b0211627_15514686.jpg

春の山の臭いの素は、葉の裏の枝にビッシリ並んで咲いています。 

臭いと香りはどう違うか? 広辞苑を見ると
① 「香り」 :よいにおい。つややかな美しさ。
 
「におい:は 匂 と 臭 の2つ漢字がありました。
② 「匂い におい」 : かおり。香気。 はなやかなこと。艶々しいこと。
③ 「臭い におい」 :くさいかおり。 くさい=いやな臭い

香りにはいろいろ種類があって 、臭い(くさい)も香りの一つなのか ?臭い(におい)にはいろいろ種類があって、よい臭い=香り なのか?悩んでしまいます。 
人間が臭いを感じる「嗅覚」の嗅という字の意味は何やねん??と悩みが深くなります。が、
こういう事は 「Morris日乗」のMorris.さんに相談すると問題解決ですが・・・・


ヒサカキの 「におい」は どちらかというトイレ系の「ほんのりくさい」系です。 が、嫌いでも好きでもありません、「変な臭いだけど春が来た」の嬉しい臭いです。

b0211627_16204474.jpg

ヒサカキの花は5mm程度の小さな深鉢型で、時にはうっすら赤い系もあります。 雄花と雌花があって、写真はどちらも雄花です。

b0211627_1624068.jpg

ヒサカキは珍しい木ではなく、家から150歩のお宮にもあります。 ヒサカキが咲く頃には、庭の沈丁花も咲いています。 「いい香り、いい匂い」 と眺めていると ヒサカキの臭いも漂ってきます。 今年はお宮のウグイスが 3月始めから絶好調で、 「ホ-ホケキョ」 のいい声が 毎日聞こえてきます。



[PR]
by ab300211 | 2013-03-27 16:29 | 植物