森羅万象

1907 京都(8)下鴨神社

3日は真帆ちゃんとも遊び。今日4日の午後の新幹線で帰国の予定。 午前中に下鴨神社に行ってみました。

b0211627_1895340.jpg


b0211627_18111970.jpg


日差しは明るかったのですが、やや気温は低く。下鴨神社がある京都の北の方は、夕べ雪が降ったようで、楼門や舞殿の桧皮葺の屋根は薄く雪化粧していました。

「あれっ 舞殿の西側の小さな広場を人が取り囲んでいる?」 



b0211627_18212098.jpg


境内にポスタ-が貼ってありました。午後1時半から 「けまりはじめ」 。残念。新幹線は午後2時半です。けまり鉛筆セットも発売中で、京都の神社はチャンスを逃しません。
広場は夕べの雪で湿っていました。この二人は地面のコンディションをチェック中でした。


b0211627_18272871.jpg


ご本殿にお参りしよう。 その本殿前に楽しい社 言社(=えとの社)がありました。 「えと」によってお参りする社が決まっています。午歳と子歳の神様は一人住まいで、あと二人づつで、7つの社。 なお、私の神様は 大己貴神(=大国主 、大黒様、大物主神、八千戈神・・・)でした。

タイやラオスのお寺に行くと 曜日ごとに仏様が並んでいます。月曜日に試験があるなら、月曜日の仏様にお願いする。 また、生まれた日によって その人の色が決まり、・・・・

下鴨神社は非常に古く、格式高い神社です。が、楽しいですね。こういう分かりやすいのが好きです。


b0211627_18441871.jpg

シンボルマ-クのフタバアオイです。お餅は、占い用(カビの生え具合やヒビの入り具合で占いをする?)でしょうか?

b0211627_18495042.jpg


b0211627_18501057.jpg


b0211627_1851336.jpg


b0211627_18512981.jpg


私の学生時代は読むべき本の中には 亀井勝一郎の数多の著作が入っていました。読んでなかたっら恥ずかしいでした。その「大和古寺風物誌」の悪い影響でしようか。神社仏閣はしっとりと落ち着いて渋目がよろしい。
でも、最初は派手派手しくて、キラキラ輝いていたはずです。 柱や屋根は古びても、手入れ怠りなく華やかさもある、下鴨神社は良い神社だなぁ と 来るたびに思っています。



[PR]
by ab300211 | 2013-01-29 19:02 |