森羅万象

1865 下関-角島

b0211627_20592120.jpg

こってり味の「資(すけ)さん」うどん、を食べたくなったので、ネットで調べると下関にも店があったので、さっそく下関へ。
九州人好みの濃い出汁で、濃厚な資さんウドン、ダイエット的には問題がありますが、やっぱり美味い。海苔巻きに入っている だし巻き もいい仕事の味でした。

ウドンだけでは惜しいので、下関から北へ約50キロの 角島へ。


b0211627_219308.jpg

 この3月にできた 角島がもうすぐの特牛の「道の駅」に寄ってみました。角島がよく見える、大きな道の駅。 道の駅 って何でしょうね? お土産店? 食品マ-ケット?  

 オ-ストラリアを旅した時 お役立だったのは 「 i 」 -英語のアイ- inforamationの 「 i 」で、感心しました。観光地はもちろん、小さな町や村にもあって、「あのA地点はどこでしょう?」 「この辺りの見所は?」 「お泊まり場所はありますか?」 さっそく地図やパンフレットを出して説明してくれ、ついでに 「手作りマフィンでもどう」 で一休みできる小さなお店? お役立ちの、家庭的な小さな休憩所でした。 

日本の「道の駅」はお役所仕事でつくられた施設ですが 「i 」は取りあえずの、商業施設になってない?と思うのですが、きれいなトイレが使えるのでまぁいいか

広大な売店には やっぱり各地の名産品が並んでいましたが 喜界島からもやってきていて、感激。
喜界島ってどこ? 喜界島よりはバリ島の方が知名度が高いと思うのですが、恥ずかしながら 今は昔、相当昔の我が家の新婚旅行は喜界島でした (-_-)゜zzz・・・


b0211627_21501358.jpg

道の駅からは角島が目の前によく見えます。 角島はお皿を二つ並べたような形で、右のお皿に橋が架かっています。の、時、秋吉台の仲間のA馬さんに遭遇!! 「何しとんの?」 「下関の彦島で鳥の渡りを見たついで」 「ついでにしては遠いね (-_-)゜zzz・・・」 「うどんの寄り道にしては遠くない (-_-)゜zzz・・・」
日本列島にやってくる渡り鳥の通り道の山口県です。

b0211627_2274394.jpg

道の駅から1分で 特牛(こっとい)の港。 大橋ができるまではこの港から船が出ていました。 あのころは静かでいい島だったなぁ と思いながら大橋を渡り角島に到着。

b0211627_22115910.jpg

風が強い日でしたが 波はまだ小さく・・・でもきれいな角島の海でした


b0211627_2215047.jpg


ついでに風の岬 牧崎に寄ってみよう。 牧崎は左の端っこです。

b0211627_22163992.jpg

風の岬 牧崎です。 牧崎からは向こうの端っこにある 角島灯台がよく見えます。 やっぱりA馬さんも居ました。 「さっき軍艦鳥が魚採りしていたよ」 しばらく見張っていましたが、軍艦鳥は見られませんでした。 軍艦鳥はアホウドリの仲間、南太平洋の鳥です。 台風の余波で角島までやってきたのでしょうか?  日本海の秋の菊 ダルマギクは未だでした。

b0211627_22232610.jpg



b0211627_22254720.jpg

それから大橋を渡って右折、下関の港をちょっとみて 家に帰りました



[PR]
by ab300211 | 2012-10-05 22:29 | 風景