森羅万象

1857 トリカブト

b0211627_21395846.jpg



b0211627_21404987.jpg


9月の秋はトリカブトの季節、家から2時間の八幡高原にいってみました。いつもの年より少し早くきたので、未だ、咲き始めでしたが、蕾はたくさんついていたので秋分の日頃が見頃になりそうでした。 八幡高原では小さな流れのそばには必ずトリカブトが生えています。草原にもありますが、草原の草丈がだんだん高くなると、背丈もだんだん高くなり、そのうち草原からは消えていくようです。 地元の人はそのことをよく知っており、草刈りの時には、トリカブトを残して草刈りしていました。ありがたいことです。 

b0211627_21462136.jpg

 
年に一度のトリカブトなので、いつもの簡単デジカメと滅多に使わない1眼デジカメで撮りをしてみました。 古くからカメラをやってる人はすぐ分かると思いますが さて どれがどちらでしょうか? 私はパン・フォ-カスで あれ中判カメラかなの?画像も撮れる簡単デジカメの方が好きです。でも、青を青く撮るのは難しいですね。 しかし、妖しいトリカブトの最大の魅力は、この不可思議な花の形。


b0211627_21431212.jpg



b0211627_21432979.jpg



b0211627_2148181.jpg



b0211627_2148212.jpg


トリカブトの分類はほとんど野放し状態です。これに取り組んでいるプロがほとんどいません 。数年前に北大植物園で、トリカブトをたっぷり見ましたが、違いがさっぱり分かりませんでした。とにかく、八幡高原にあるのは タンナトリカブト らしいということです。タンナは韓国の済州島のことです。 



[PR]
by ab300211 | 2012-09-15 21:48 | 植物