森羅万象

1851 バッタの乾物 バッタの受難

b0211627_15335281.jpg



b0211627_15391982.jpg


35度が普通だった暑い夏、今年はどういうわけか タカサゴユリ の当たり年。あっちの斜面、そっちの斜面、こっちの道端、高速道路で・・・これでもかっ!というほど咲いていました。 

台湾から日本の花壇にやってきて(→タイワン・タカサゴユリ)、見捨てられた後も、強い生命力で日本の夏を飾っています。 「外来種は自然の敵」 という単純指向の自然保護が流行しているのに、「やっつけたら」という声が聞こえてこないタカサゴユリです。種を飛ばして増えるので、我が家の庭にも黙ってやってきて、5年くらい勝手に咲いていました。 

で、本日の話題はこれ ↓ です。

b0211627_15394463.jpg

こういうの見たことありませんか? 植物の上の方、棒の先、時にはガ-ドレ-ルにしがみついるバッタ。「あれっこんな所にバッタがしがみついてる」 とよく見たら 乾物のバッタ。 夏枯れでネタ切れなので写真してみました。 

ええっと これは何だったかなぁ? 昔本で読んだ気がするけど 忘れた~ 「忘れた~」は我が社の得意技です。かすかな記憶を頼って ネット散策したら 分かりました。


b0211627_15402789.jpg

今日の、このバッタはたぶんフキバッタですが(バッタは(も)種類が多すぎてお手上げです (-.-;)y-~~~)が、いろんなバッタが乾物になっています。

細菌の一種、糸状菌に感染し、その後 乾物になったバッタです。天下無敵の生活力で、地球生活を謳歌している、昆虫、バッタにも弱点がある という本日のニュ-スです。


b0211627_15405572.jpg




[PR]
by ab300211 | 2012-08-31 15:41 | 動物