森羅万象

1810 オカオグルマ(お詫び編) + 葵祭

昨日つくったペ-ジ、『おかおぐるま』 と書くべきとこを 『おかおぐらま』 と書いてしまい・・・我が社創立以来のVIPなお客様のgulaさんを悩ましてしまいました。 誤字脱字が普通の我が社ですが、社員一同反省しております。

b0211627_19461340.jpg

連休が終わった頃から咲き始めるオカオグルマ(丘小車)、秋吉台の草原のどこにもあるなかなかいい花です。が、これが何で 「小車」 という名前?? 

江戸時代の俳句にも 「小車や何菊と名の付くべきを/越人」 というのがあり、悩んでいる人が昔からいたようです。 本日のお詫び編ではそこらを追求してみました。

b0211627_201999.jpg

オグルマはこんな花がまとまって咲きます。が、普通だったら ひとつの花を何かに見立てて 「○○キク」と名付けるはずだから、咲く状態に因んだ名前だなっ!と思っていました。 よ~し 真剣に考えてみよう。
広辞苑を見ると 小車 ①(小さな)車輪 ②そんな車輪がついた車(乗り物) 普通は牛車(御所車)

分かったぞ~ \(^o^)/

全ての蕾が開いて、満開状態になった こんな株を上から見ると

b0211627_2092637.jpg


花が放射状に拡がり 中でも花柄が長く伸びたのはまさに車輪! 探して歩くとと、車輪状に丸く拡がって咲いているのが時々ありました。 これだな~っ! 

b0211627_2015317.jpg

咲き終わりの頃の花を探すと~ \(^o^)/ 小さな牛車の車輪です。 ほんとかどうかは名付けた人?に聞かないと分かりません。
が、  全部が全部こうなるわけではありませんが 小さな牛車の車輪状 に見えるから 小車と名付けたに違いありません。 


b0211627_20221730.jpg

牛車の車輪の形は 昔から日本人の頭の中にインプットされていたデザインだったらしく、家紋にもなっています。

b0211627_20273360.jpg


これほんとか~? (A+B) x C で計算したから間違いなし 問題解決ですっ!。と思うけど・・・・ 






問題解決!と喜んでいたところ、夕方に京都の翔ちゃん家から葵祭の画像つきメ-ルが届きました。葵祭は5月3日の小笠原流の流鏑馬神事から(小笠原の若様も出場)始まって15日の行列で終わる 京都三大祭りの一つです。

b0211627_20415026.jpg

行列は御所を朝10時半に出発して 堺町御門 → 丸太町通 → 河原町通 → 下鴨神社→下鴨本通 → 洛北高校前 → 北大路通 → 北大路橋 → 賀茂川堤 → 上賀茂神社 到着15:30 の行列ですが、昨日は雨で今日16日に順延。翔ちゃんは、ママのお供をして 出町橋で見物したそうです。

「毎年齊王代には、京都の旧家や名門の令嬢が選ばれて…らしいのですが、今年は老舗の着物屋の御嬢さんが。十二単もそうですが、稚児さんやお道具持ちの小中学生もとても暑くて大変そう・行列見送るのに約30分くらい。下鴨神社の糺の森などで見たら、さぞかし風情が増すだろうなぁと思いました。」

b0211627_20493485.jpg


b0211627_15555568.jpg


欲しかった牛車の写真もありました。車輪が少しだけ写っています。グッド・タイミングで葵祭のメ-ルありがとう。と、いうことでメデタシ、メデタシで オカオグルマ お詫び編を終わります。






 
[PR]
by ab300211 | 2012-05-16 20:53 | 植物