森羅万象

1973 流鏑馬 2012の3

b0211627_17273920.jpg


中学2年から写真小僧をしていますが・・・「どんな写真が良い写真?」は難しいですねぇ 写真は絵画じゃない!から絵はがき的・ただひたすら美しい写真は 違うでしょう。 技術的には、できればピントぴったり露出ピッタリが望ましいとは思うのですが  ピントなんか少しくらい外れていても平気 伝えるもの 伝わるもの があるのが一番大切ですっ!が目標です。

と言いながら これは完全にボケボケ写真。2m先、目の前を馬が走る 倒れてきたらどうしよう (-_-)゜zzz・・・怖いですよ~ と 思わず腰が引けてしまって、こんなになりました。が、迫力あるぞ~感があるので 私的には名作です。 が、ヘタクソ と言われないように、それなりに さりげなく軽く流し撮りしたり あれしたり これしたりしながら撮る流鏑馬神事です。

b0211627_17382691.jpg


みんなの迷惑の三脚軍団の横では絶対撮りません。左右の様子をうかがって 邪魔にならないようカメラを上げたり 腰を落としたり。  が、それでも思わぬとこから手が出たり、顔が出たりするので そこらが写真は大変です~





b0211627_1747933.jpg

しかし 流鏑馬をする人はもっと大変ですっ! この馬 この日はご機嫌が悪く  なかなか埒の中に入らず「真っ直ぐ走って下さい」とみんながお願いしても 「嫌だ 左へ走る」 「そこを何とか真っ直ぐに」 

b0211627_1752496.jpg

「じゃ~ 右へ走るっ!」 と 3分くらいダダをこねていましたが 突然走り出し




b0211627_175425100.jpg


b0211627_1755141.jpg


あっ 柵を越え こっちへ来そう な感じがして 思わず のけぞりましたが、体制を立て直し 2枚目は軽く流し撮りで  






b0211627_18163020.jpg

前の騎者が手間取っている間 若様はゆるゆると馬を歩ませながら 別世界に居られるように静かに待っておられました。その騎乗の姿の美しいことっ! 日本男子はかくありたいものです。

b0211627_1814565.jpg



b0211627_18133366.jpg


静かに待たれていた若様は 流れるように馬場に向かい 滑らかにスタ-ト スタ-トしたと思ったら たちまち矢をつがえ 一の的を射抜かれました。 全ての所作が美しい方です。





b0211627_18212741.jpg


前日も3つの的を射抜かれたこの方も 姿勢がとても美しく・・・  矢を放った瞬間ですが、もう右手は次の矢にかかっています。 




b0211627_18275785.jpg
  

b0211627_18281742.jpg


馬の走りはそれぞれ個性的ですが 意外と目線がこっちを向いていて こっちへ寄ってこんでね~



b0211627_1830756.jpg



b0211627_18311364.jpg


前日はやや涙目だった小学生 今日は堂々と 乗りこなしていました。 良かった良かった。




b0211627_1832296.jpg

女性もこの日は 晴れ晴れと 騎乗され 優雅に弓をしておられました。




b0211627_18325519.jpg


b0211627_18333064.jpg

 右を見て  「来るよ!」  「来たよっ!」 的係の地元の若者 高校生でしょうか? 10年前くらいは地元の高校生も騎乗していましたが近頃は無し。 普段練習するための馬が 津和野に居なくなったからかな。 今日の馬は岡山から来ていました。






b0211627_1835630.jpg



b0211627_18353757.jpg


騎射が終わると また、一同は馬場を行進し 本殿の前で祈りを捧げ 午後4時に鷲原八幡宮流鏑馬神事は終了しました。 また 来年もくるかな 







b0211627_18362275.jpg


おまけ画像:帰りかけると、川向こうの土手の上を 山口に向かう 「SL 山口号」が 豪勢に煙をあげて走っていくのが見えました。

このエキサイトブログは容量が2ギガもあるので 似たり寄ったりの無駄画像を つい載せてしまい、申し訳ないことです。3回もおつき合いありがとうございます。 
[PR]
by ab300211 | 2012-04-10 18:36 | 風景