森羅万象

1741 秋吉台 センブリ ウメバチソウ

b0211627_1825872.jpg

なんだかんだと言ってる間にもう11月も半ば。秋の終わりですが、秋吉台ではニいつもの花がいつものように咲きました。


b0211627_1835958.jpg

今年のムラサキセンブリは やや背丈が低くく、広がり具合にやや難ありですが、豊作です。


b0211627_185377.jpg

何事もほどほどが一番ですが、ムラサキセンブリは程度ということを知らず・・・・

b0211627_1854114.jpg

控え目でもきれい。 昭和30年代?までは近くの学校の生徒は、学校の資金作りのため、年に一度だけ秋吉台でセンブリを採りしていました。(=学校の行事)。 往年の小学生に会ったら「これはオニセンブリと呼んでいたよ」 と言ってました。が、見る分にはいい鬼です。

b0211627_1871227.jpg

こちらが お役立ちの鬼でないセンブリです。花は一回は小さく、背丈も低く


b0211627_1881477.jpg


b0211627_1895425.jpg


昔は日本のどこにもあったセンブリですが最近は生える場所も減って・・・草刈りと山焼きが続く秋吉台では健在です。

b0211627_1812231.jpg


b0211627_18125591.jpg


b0211627_18135545.jpg


秋吉台のウメバチソウは花1個が多く、花いっぱいの大株が少ないのが残念ですが、草丈の低い場所を探すと星のようにあり・・・・どう撮っても、誰が撮っても 絵になるウメバチソウです。



香川県は四国の玄関口、交通の要所、どこに行くのも便利な場所です。先週その玄関口の真ん中の丸亀在住で かねてよりネット交流中の まっ黒さんから 「秋吉台と角島に行きます・・・」 との連絡があり 朝5時半に出発、高速道路経由で テキパキと ご一行様4名がやって来て、秋吉と角島などを見物し 無事帰国しました。

四国では 讃岐の人は機敏と言われています。 幕末にアメリカに行った咸臨丸の乗組員は香川の塩飽衆。讃岐は決断力と行動力の冒険野郎の国なんでしょうか。 ついでに、讃岐の隣の阿波の国は謎です。いごっそうの土佐は我が道を行く独立国・・・私の故郷の 海山のよろしき国 の伊予人は?????? 坂の上の雲人です!

[PR]
by ab300211 | 2011-11-14 18:14 | 植物