森羅万象

1730 キバナアキギリ ツルニンジン

黄色を黄色に撮るのはとても難しく。 カメラの露出計は ある反射率(22%だったか?)を持ったグレイ板(コダックで紙製のものを売ってたので 使ったことあります)を基準に、被写体から反射してくる光の量を測定するように作られています。が、色によって反射率が違うとこが問題です。黒色だと反射率が低く、黄色は反射率が高く・・・色によって露出計が騙されてしまうのです。 黄色の花の前にそのグレイ板を置いて、明るさを測定して露出を決めれば問題解決ですが・・・めんどくさく。 実際には色に合わせて露出を補正。それでも黄色を黄色に撮るのはとても難しく~ (-_-)゜zzz・・・

フィルム時代なら色に合わせてフィルムを選ぶ。その上 カメラの機種、レンズによって色合いが違い(それは今も同じ、安くても良いレンズがあり、高くても???のレンズがあり) 各自、経験で何とかする方式で。が、そこらがカメラ遊びの面白ところです。黄色が難しいのは デジカメになっても同じ。黄色を黄色に撮るのはとても難しいですね~ (-_-)゜zzz・・・

b0211627_17502750.jpg

キバナアキギリは花の表面に艶がなく 黄色にしては撮りやすいのですが・・・・・・・

b0211627_175276.jpg

露出を間違えると、白っぽくなりすぎて・・・・


b0211627_17532424.jpg

このくらいが ほどほどの色合いでしょうか (-_-)゜zzz・・・  花の喉の紫色2個は退化した雄しべ、役立つ雄しべは上の方に隠れています。 花の先からヒゲのように飛び出したのが雌しべです。


b0211627_184146.jpg


花弁に紫の模様のもあるそうですが、未だ、見たことありません。が、毎日が花曜日の 高知在住の 「流れ星さん」のところに それが出ていました。ので、無断でお借りしました。流れ星さん、この場を借りて、お詫び、感謝致します。

b0211627_1833727.jpg

b0211627_1843853.jpg

b0211627_1852375.jpg


キバナアキギリの近くにツルニンジがあったので、ついでに撮ってみました。色合いが怪しく、茎を折ると白い乳汁もでるし、アクが強い花です。 この花の近くでスズメバチを見かけます。秋が来たから忙しく飛び回っているのかと、思っていたら、ツルニンジンの花は スズメバチの食堂なんだそうです。


[PR]
by ab300211 | 2011-10-21 18:13 | 植物