森羅万象

1624 角島のダルマギク 2010

かねてよりネット交流中の京都在住の刺客、hさんから 「10月28日、9時51分に着く」 との連絡があり・・・hさんはPCはもちろん、何でもかんでもこなす万能選手、にして、写真を撮らせたら100人力のカメラの使い手。粗相がないようにと緊張しながら出撃しました。

『ありゃ!雨が降ってきた』 『申し訳ございません。空が真っ黒になってきましたネ』 『えっ!京都から新幹線指定席で往復1万五千円!』 安い。そんな切符があるんか、さすが、万能選手、ぬかりなし。

b0211627_20593787.jpg

風雲急を告げる空模様のもと、無事角島大橋に到着しました。申し訳ございません。いつもは空も海も透明度が高く、コバルト色に見えるんですけど・・・ ロマンス度100、都会にあったら大もうけ間違いなしこの橋の通行料金は無料。おいでませ山口、角島へ。

b0211627_2105130.jpg

橋を渡り、牧崎へ到着すると
こりゃ何じゃの強風で、打ち寄せる波はもの凄く。さすが風の岬、日本海です。が、風があまりにも強すぎて、海に向かってカメラを構えると、のけぞりそうになり、霧のような波飛沫が飛んできて・・・が、来てしまったからしょうがない。ダルマギク探索の部にうつりました。


b0211627_2115364.jpg

ありゃ!例年ならもう五分咲きにはなってるところが、やっと咲き始め。秋がずっと暖かったせいでしょうか。出足が遅れたダルマギクに比べ、ホソバワダンは「こんなにあったかな?」の当たり年で、小さな黄色の絨毯になっていました。

b0211627_2123636.jpg

b0211627_214894.jpg

ホソバワダンは、風が強い、夏は日照りの、岩だらけの場所に生えるとは思えない優しそうな体つき。

b0211627_2143928.jpg

b0211627_2151815.jpg

b0211627_2154844.jpg

b0211627_216917.jpg

その後は風の中をあちこち見物して、ゴ-ルは本土にある西長戸リゾ-ト・ホテルのロビ-からの海見物。どんな悪天候の日でも、こんな風景が拡がるお奨めの場所です。

ダルマギクは不発でしたが「波がええ~風がええ~」と飛び跳ねて日本海を楽しんでくれたhさん、また来て下さいね。 ??? 咲いているはずだったのになぁ~、と反省しながらダルマギク報告を終わります。



[PR]
by ab300211 | 2011-10-05 21:09