森羅万象

1625 女王陛下のイングリッシュ・オ-ク

北海道の公園にはヨ-ロッパ産や北米産のオ-ク(カシワ、ミズナラ、クヌギの仲間)がよく植えられていますが、山口にも記念樹として植えられた英国産のオ-クがあります。
初夏に見たときは小さなドングリが成ってはいましたが・・・もうドングリの季節になったのに、すっかり忘れていました。


b0211627_17175211.jpg

葉は小さくややカシワ似で、細い幹がひょろひょろ伸びて4mくらいに。未だ、葉は青々としてるのに、ドングリが付いて無い。夏が冷涼な気候の英国に比べて、高温多湿の山口市の風土に合わなかったか、やっぱし


b0211627_17184462.jpg

しかし、木の下を捜すとドングリが少しだけ落ちていました。3cmくらいで日本のコナラによく似ていますが、長細い枝の先に、しかも、2個ずつ。日本にはこんなドングリはありません。

このオ-クは畏れ多くも、女王陛下が英国において自らお手植えになり、それが日本にやってきたありがたい木であり、芽が出るかどうか、そこが問題ですが、さっそく庭に播いてみました。どうかな?



[PR]
by ab300211 | 2011-10-05 17:21 | 植物