森羅万象

1720 ひょうたん、コテカ

向こう三軒両隣の 物腰柔らかのAさんは、腰に差した刀の切れ味もよく、社会人として頂点を極めたのも納得の 「できる」 人です。今は悠々自適生活のAさんが町内の広報委員になって、時々発行される「町内便り」が面白くなってきました。最近も、朝日新聞がAさんが作った記事を丸ごとぱくっていました。

8月の町内探索のところに楽しい話題が。 これははどこだ? 散歩中によく出会うので 「あれ どこのお宅の庭ですか?」 と聞けばすむことですが・・・・やっぱり自力で発見してみよう。
との決意からかなり時間が経ち、決意もぼやけてきた頃、何気なくやっと見つけました。



b0211627_17122174.jpg

b0211627_17125397.jpg

これです。楽しいなぁ 我が社も そこらの発見を心がけないかん なぁと社員に訓辞したとこです。



ひょうたんは アフリカ原産で、人類最古の栽培植物。食料に、食器に お役立ちのひょうたんは、品種改良を重ねながら、世界に拡がった。と考えられています。さて、わたくし、恥ずかしながら、究極のひょうたんを持っています。

b0211627_1729557.jpg

1998年に元祖゙バック・パッカ-だったHさんとインドネシアを旅しました。1998年のインドネシアはスハルト政権が崩壊し、騒然・不安状態。首都ジャカルタではデモ警戒の警察や軍人が機関銃を持って街角に立ち、焼き討ちにあった商店街も見ました。観光客は全然おらんね~ 商社マンは帰国しているらしいよ。 のなか、行き先は暴動も怖いけどマラリアが怖いねぇ の ボルネオ島、セラウェシ島、イリアンジャヤというかパプアニュギニアの3島。

私は仕事の都合でボルネオ島、セラウェシ島で帰国、Hさんは3島を制覇しました。が、負けず嫌いで弱音を絶対はかない楽天主義のHさんから 先に帰国したわたしに、電話がかかってきました。「おっ 珍しいね 電話とか 元気?」 「あまり元気ない(-_-)゜zzz・・・ ここ3、4人に一人はマラリアだし 食堂の飯が不味い  焼きめし、焼きそば 鳥のから揚げ の繰り返し・・・・椰子油も鼻についてきて 食欲ないわ」 「元気だして 頑張って~」 相当辛かったようです。 

普通パプアニュ-ギニアと呼ばれている島は、かつては、イギリス、オランダ、ドイツが分割して占領していた植民地。二つの戦争のあと、東半分は、パプアニュ-ギニアになり、西半分はスカルノが軍隊を派遣して占領し 「イリアンジャヤ」としてインドネシア領に。もともと住んでいた人達を無視しての、今も植民地のような島です(オ-ストラリアとインオドネシアの)。島と呼ばれていますが、広さは日本の3倍、世界で二番目に大きな島です。

b0211627_187742.jpg

二人で行ったボルネオ島も 忘れられない旅、思い出の島です。ボルネオも日本の約2倍もあって世界第四位の大きな島です。 北の方にマレ-シア領、ブルネイ王国があり、それ以外はインドネシア領土で、カリマンタンと呼ばれています。 ボルネオへはパック旅行も出ていますが、それは北の方のマレ-シア領で、ゴルフ場つきリゾ-ト・ホテルもあり、トレッキングもありで、TV番組で見るのはこちら。が、カリマンタンは途方にくれるような場所、熱帯雨林に覆われています。自慢になりますが、未だ、カリマンタンに行った人に会ったことはありません。

マルタプラからサマリンダまで途方にくれながらバス旅行もしました。赤道はサマリンダのすぐ北、時間が無く、見逃しました。 


さて、イリアンジャヤにも行ったHさんが お土産に買ってきくれたのが・・・・究極のひょうたん コテカ。

b0211627_1881817.jpg

b0211627_1884334.jpg

これです。長くて、大型は旅行鞄の中で壊れそうだからと 20cmくらいのお土産用です。が、作りは本物です。

「ワメナに行ったら、短パンTシャツと同じくらい、コテカ装備の人が普通におった」 「実用品は真っ直ぐだけど 極楽鳥の羽で飾り立てたやつとか こった形の おしゃれ用とか儀式用もあったぞ」 「先の方を細工して 小銭入れも付いたコテカも 」 「(-_-)゜zzz・・・」 「(-.-;)y-~~~」 という 私の宝箱に隠してある秘宝 コテカの紹介を終わります。



b0211627_1892616.jpg

[PR]
by ab300211 | 2011-09-26 18:15 | 植物