森羅万象

1713 ぶらり長崎へ

『8月27日、28日に、Sさんが住んでる長崎に集まって、3人の30年振りの同窓会をするので、来ませんか?』 『来ます!』  お誘いありがとう。26日に山口出発。長崎までは車で3時間半くらいです。

b0211627_2040439.jpg

山口は今にも雨が降りそうな曇り空。曲がりくねった坂道が多い中国道、交通量が多い九州道、鳥栖からは、なだらかな長崎道、佐賀で早めの昼食を食べ、12時には大村湾PA到着。空はすっかり夏空に。長崎市まではあと20分。

長崎県は入り組んだ形をしてます。さて、ここで問題です 『大村湾がどこか 分かるように長崎県の地図を描きなさい』 100人に尋ねると103人は x 間違いなし。


b0211627_2042444.jpg

地図を持っていたので無事長崎市に到着しました。長崎市には何度も来たことありますが、ゆっくり観光は無し。まずは、行ったこと無しの稲佐山へ向かいます。

向こう岸真正目面辺りが県庁や繁華街ある中心地。海辺にはあの「出島」。右端の方がグラバ-亭などがある南山手、東山手。手前側、ブル-の屋根の工場から右側には 近代日本の鉄の顔、三菱重工の造船所が建っています。

b0211627_20452297.jpg

みどりの丘がグラバ-など、幕末の頃の外国人商人の邸宅地。大浦天主堂も写っていました。

b0211627_20475215.jpg

長崎は坂の街。山のてっぺんまで家が。山の向こうに見えるのは橘湾そして雲仙です。


b0211627_2050455.jpg

右を見ると細い水路が続き

b0211627_20503299.jpg

さらに右を見ると伊王島があり、ここからやっと広々、東シナ海に。看板通り眺望が素晴らしい稲佐山です。


b0211627_2053080.jpg

よっっしゃ!長崎の前後左右が大体分かったぞ。次は、長崎と言えば、カステラ。カステラと言えば福砂屋。その福砂屋本店に行ってみよう。が、曲がりくねって、その上狭い長崎の道を車で走るのは大変です。携帯ナビに案内を頼み舟大工町の本店に無事到着しました。 寛永元年(1624)創業の福砂屋は老舗のお菓子屋です。





b0211627_20535848.jpg

商標はコウモリ。中国ではコウモリは縁起がよいものとされ・・・・さすが国際都市長崎です。

b0211627_20541385.jpg

中に入るとしっとりと落ち着いた雰囲気で。子供達に贈ってやろう。発送は相方に頼んで・・・その間に徒歩一分くらいの丸山を見てくるワ。

b0211627_20574818.jpg

店を出て右手へ30秒。丸山町の交番がありました。ええねぇ さすが国際都市長崎市です。


b0211627_20583021.jpg

交番の横の道をまっすぐ行くと・・・寛永19年創業の老舗料亭 『花月』 卓袱料理で有名な高級料亭ですが、お値段が高級すぎて見るだけにしておきました。


b0211627_2103576.jpg

交番の向かいには公園があって、龍馬先生が立っておられました。ちゃんとブ-ツを履いていましたが、ちょっと顔が男前すぎではないか~?  丸山は長崎一の花街 龍馬先生もよなよな活躍していたことでありましょう。





 Home






b0211627_2105148.jpg





 美味いっ! やっぱりカステラは福砂屋ですね~




[PR]
by ab300211 | 2011-09-06 20:47