森羅万象

1702 キキョウ咲く原

b0211627_1616054.jpg

気温35度、日陰無しっ!歩くと危険の真夏の秋吉台。ちょっとだけやる気を出して、キキョウ咲く原に行ってみました。私が勝手に名付けた キキョウ咲く原 は駐車場から20分、秋吉台のやや真ん中辺りです。

b0211627_16305534.jpg

人影なしっ あれカッコウが鳴いている の道を汗だくで歩いて無事到着。一面にキキョウの花のはずが、ポツリ、ポツリ。お盆過ぎには増えそうでした。ちょっと変わった事があると 自然破壊 異変と騒ぐ人が居ますが、自然は毎年違うのは当たり前 違うから面白い(森羅万象社 標語) です。が、やっぱり咲いていて欲しかったなぁ

b0211627_16385486.jpg

最盛期には1000株以上咲いていますが、二重や白の花もあります。どのくらいあるか?何年か調べてみたら、その割合は2.5~3.0%。花びらの形や色が変わる(変異する)のは植物ではありがちですが、おそらく数万~十数万分の1(突然変異がおこる率)と思われ、2.5~3.0%は非常に高い値。キキョウ咲く原のキキョウ達は、変異した遺伝子を、集団として安定して保っていることになります。から、ここにある青い普通のキキヨウの種を育てると、ある確率で二重や白の花が咲くと思われます。という辺りが学術的にも面白いキキョウ咲く原です。

b0211627_16575990.jpg

韓国ではキキヨウはトラジと呼ばれ、韓半島を代表する民謡になり、食用として活躍しています。その辺りの現地事情を 今、韓国を旅している Morris さんにメ-ルで問い合わせてみました。
関西在住のMorrisさんは頭脳明晰、何事にも明るく、写真は「写真とはこういうもんですよ」のお手本級・・・ペ-ジはここですが、内容が濃く熱いので、気力体力を充実させてから入場して下さい。

Morrisからメ-ルの返事が来ました。

あべさん こんにちは
メールと見張り、ありがとうございますm(__)mさて、ご質問ですが、今分かる範囲だけ先にお答えしておきます。「トラジ」の歌はたぶん「トラジタリョン(トラジ打令)」のことでしょう。これは京畿道の民謡です。
http://www.youtube.com/watch?v=kjCIwE-x0Ow 
you tubeの映像↑の最初の曲です。ついでに言うと2曲目は「ノドゥルカンビョン ノドゥル河辺」3曲目は「メファタリョン(梅花打令)」です。

桔梗はトラジ、ツリガネニンジンはトドクです。おっしゃるとおり、普通トラジは生のままで食べたりナムルにしたりです。トドクはキムチにするみたいです。田舎ではトラジもキムチにするかどうかは、まだ知りません。
どちらにしても、Morris.はトラジもトドクも黙って出されたらどちらがどちらかわからないと思います。その前に、どちらも美味いと思ったことはありません。牛蒡の方が圧倒的に好きです。偶然今日、キョンドンシジャン(京東市場)を徘徊して、トラジもトドクも山ほど見てきました。



日本では漢方薬扱いですが、韓国ではもりもり食べられているようです。Morrisさんありがとうございます。では、お酒は一日3本くらいにして、旅を続けて下さい。





b0211627_17262168.jpg

[PR]
by ab300211 | 2011-08-05 17:32 | 植物