森羅万象

1691 セッコク

b0211627_16241088.jpg


b0211627_16253373.jpg


b0211627_1626128.jpg



いつもの散歩コ-スの、いつも一休みする場所からよく見える、岩壁に白い花が! よ~く見るとセッコクの花でした。いつも見ている岩壁なのに今までのセッコクがあるのに気がつきませんでした。セッコクは岩や樹木に張り付いて育つランです。花まで遠すぎるので・・・よそのお庭にお邪魔して、梅の木で育てているセッコクを見せてもらいました



b0211627_16322131.jpg

b0211627_16341936.jpg


江戸時代には既に育て方も確立、セッコク・ブ-ムがあったようです。日本は園芸の超先進国です。が、このお庭のお手入れもよく、丁度見頃で・・・立派な株と感心しました。園芸は日々の努力が大切ですね。  ところで、ランは何となくスペシャルな植物という感じがします(値段が高いから?)。が、キク科について種類が多い植物です。ランが地球に現れたのは相当遅く、良い場所は他の植物がとっくにぶんどっていて、・・・・こうなったらどこでもいいの、開いてる場所ねらい。他の植物が育たない悪条件の場所でも育つ工夫を積み重ね、今では南極大陸以外ならどこでもあり、繁栄を謳歌している大グル-プになっています。  岩壁でも育つなら、塀に貼りつけて育て、合成したデンプンを頂いてアルコ-ルを作り・・・・も可能な筈ですが。 学生時代に 「繭が二倍の大きさになるカイコを創りだした。これで絹の生産が二倍なる」の大発見がありました。 近所の研究室だったので 「ほんとか~?」と聞きにいったら 「繭の大きさは二倍はほんとだよ。ただし、エサは四倍食べるから (-.-;)y-~~~」  世の中そう うまい話は転がっていません (-_-)゜zzz・・・、。



[PR]
by ab300211 | 2011-06-30 17:10