森羅万象

1682 久住 男池の春(1)

b0211627_1710203.jpg


4月29日、30日は由布院と久住に(今日は5月30日でもう一ケ月も前の話題ですが、気分が向いた時に載せるのが我が社の特徴です)。久住山系の玄関口、長者ケ原からの展望です。三つの峰の三俣山(1744m)には一度だけ登った事があります。が、岩がゴロゴロの砂利の真っ直ぐな道で「(-.-;)y-~~~ もう来んぞ~ 」の思い出があります。この三俣山の斜面、今頃はミヤマキリシマで美しく彩りられている頃です。 誰でも登る久住山は三俣山の向こうで ここからは見えません。久住山へはここ長者ケ原からのル-トもありますが、わたしは いつもお楽な 牧ノ戸コ-スで。牧ノ戸は右の道路を行くとある、写真の右端辺りの峠。  牧ノ戸コ-スと言えば 大学の「山の家」が牧ノ戸から下った筋湯にあり、そこに泊まって久住登山は当時の流行で・・・恥ずかしながら私は中距離ランナ-の陸上部員であり(大学駅伝にも出たことがあります。私にも信じられない事実です)、夏が来ると久住で楽しい?合宿がありました。 牧ノ戸までは軽~く並足で、牧ノ戸からは 「短パンにランニングシャツのこいつらはなんや?」 「関わりにならんようにしよう」 の冷たい視線の中を全力疾走。牧ノ戸から久住山頂まで、35分で到着。なお、帰りも寒くて駆け足で下りました。今は昔のお話です。(歳をとると昔話が多くなります)。  その久住山系も4月30日は、未だ冬色です。今日は登山せず、ここから左折して、黒岳の麓の男池(おいけ)に向かいます。


b0211627_17592198.jpg


久住山系は湧水が多く、男池はその一つ。男池から5分には、日本では珍しい炭酸水の名水、白水鉱泉もあります。お試し下さい。 男池は湧水からの流れに沿って雑木林になっており・・・


b0211627_1845245.jpg

b0211627_1851293.jpg


しっとりとした雑木林には、イチリソウほかたくさんの早春の花が咲き・・・


b0211627_188232.jpg


ケヤキやブナ、カエデ類の林の中に散策路があり、お楽で、楽しい場所です。


b0211627_18124088.jpg


カツラの大木もあちこちに。


b0211627_18143273.jpg

b0211627_1815677.jpg


芽生えの頃の雑木林は、光は踊り 輝いてほんとにきれいですねぇ


b0211627_1819261.jpg


b0211627_182002.jpg


林床にはヤブレガサやコバイケイソウの群落もあり center>


b0211627_18222728.jpg


久住山系は火山で、大きな岩がゴロゴロしていますが、男池で一番目立つ石を抱く木、・・・ええっと この木はヤマグルマだったはずです。


b0211627_1825450.jpg


久住までは250キロ。ちょっと遠いのですが、いつも来てよかったなぁ と思う好きな場所です。



[PR]
by ab300211 | 2011-05-30 18:28