森羅万象

1670 津和野鷲原八幡宮の流鏑馬 2011 (2)


4月10日、流鏑馬神事本番の日。午後の部には間に合いました。午前中はたくさんの人で賑わっていたようですが・・午後からは意外と少なく。本殿横の小さな神楽殿で岩見神楽を見物して・・の間に午後二時になり流鏑馬神事が始まりました



b0211627_229419.jpg


b0211627_2293616.jpg



地元の氏子も鎌倉時代の服装をして・・・馬場を往復。
立烏帽子)、綾藺笠(あやいがさ)を被り、鎧直垂に射小手を着け、行騰・太刀を履き、箙を負い弓矢を持ち・・私の場合、この行列を見ただけで満足度80%になります。



b0211627_2217182.jpg


今年も高級カメラがたくさん来ていました。が、ごいつ三脚をセットし殺気だっての場所取りに終止。馬が走るのを撮るだけ。最初の神事も見るゆとりもくの場所取り。終わりの神事も見もせず、さっさと帰っていきます。おそらくは写真展入賞のげいじゅつ的写真を目ざしているのでしょうが(でもこんな人達が日本のカメラ産業を支えてくれているので功績は)・・・大体に於いて・・・写真と言う物は「自分が撮っているものが何か?」という理解が前提です。篠山紀信は女性の美はどこか?分かっているからプロと呼ばれ・・・野球というゲ-ムは撮るためにはこの選手は外角球ライトに撃つぞ が分かっていないと撮れないの原理であり・・・何よりも、子供連れやお年寄りを押しのけるような振る舞いを見ていると寂しくなり・・・その後は写真を撮る意欲減退 簡単デジカメで簡単に。と いい写真が撮れなかったのを言い訳して・・・・


b0211627_22355861.jpg



b0211627_22362469.jpg



カメラは触るくらいにして見物しましたが、意外と盛り上がりにかけた午後の部。どうしたんかなの今年の流鏑馬でありました
気になったので清基君のその日のブログを見ると ↓



桜が満開の中、執行しましたので、本当に雰囲気はよかったです。カメラマンが異常に多く、驚きました。今年の流鏑馬は、全体的によくありませんでした。落馬も多く、的中も悪くまぁ、いつも最高の行事が出来るわけではないので、ある程度は仕方ありません。ただ、どんな内容であれ、奉仕をする者が一生懸命、真剣に行うことが重要だと思います。流鏑馬とは、五穀豊穣を祈願したり、国家安泰を祈願したりする儀式であるため、変わらず執行されます。ゆえに、真剣に行うことが本当に大事なわけです。そこで、私自身どうであったかというと、今回の流鏑馬は悔いの残る内容になってしまいました。中ろうが外れようが、落馬しようが、怪我をしていようが、全体としていい内容でなかろうが、今できる全てをやろうといつも心がけています。そのため、どのような結果であれ、後悔というものはありません。もちろん反省すべきことは多々ありますが。これが、今の実力であると思えるからです。しかしながら、今回は、儀式の途中で完全に集中力が切れてしまいました。外部要因は多々ありますが、そんなものは言い訳にすぎず、結局は自分自身の精神修養が足りていないだけなのです。流鏑馬を執行するには、多くの方々のご助力があるわけです。地元の方々はもちろんのこと、本当に多くの方々が一つの行事をするために苦労して準備をしてくださいます。そんな中、真剣さがなくなり、全身全霊をもって流鏑馬を出来なかったことは、反省ではなく、ただただ申し訳ない気持ちしかありません。それ故に、悔いの残る流鏑馬になってしまいました。

次の流鏑馬は5月3日の下鴨神社の流鏑馬です。さぁ、どうしたものか


b0211627_22533841.jpg


本殿前での神事が終わって10分後には人影もなくなり・・・いつもの静かな鷲原八幡宮になりました。来年も来ます。



[PR]
by ab300211 | 2011-04-24 23:02