森羅万象

1665 タムシバの花明かり

毎年四月の10日頃、ヤマザクラが咲くちょっと前の頃、山口から津和野へ向かう国道9号線の両側の山は大変なことになっています。

b0211627_17144849.jpg
b0211627_17152068.jpg
b0211627_1717337.jpg


あっちの山も、こっちの山も、小さい山も、大きい山も・・・白い灯りがいっぱいで白くなっています。毎年こうなりますが、今年は特にひどく。9号線沿いだけでなくあちら地方の山も、こちら地方の山も、こんな感じです。花明かりはヤマザクラが咲いて、それが回りを照らすような感じがするのでそんな感じを表す言葉です・・・・これも白い花灯りと呼ぶことにしてますが、今年は灯が多すぎて蛍光灯か!になっています。

b0211627_17291595.jpg
b0211627_1729429.jpg


白い灯りの正体は、コブシの仲間のタムシバの花です。山が緑になるとどれがタムシバが分からなくなりますが、4月は「俺はここにいるぞ~!」とタムシバが自己主張をする季節です。

Home
[PR]
by ab300211 | 2011-04-11 17:37